このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

JAZZ ART せんがわ2015 9/19(土)19:30〜
N/Y 新垣隆、吉田隆一/ヒカシュー+纐纈雅代

「JAZZ ART せんがわ2015」〜legs〜【巻上公一ディレクション】

新垣隆と吉田隆一による現代音楽とフリージャズのメビウスの輪
ヒカシューと纐纈雅代によるロックとフリージャズのパラレルワールド
そして、ジャンルを侵犯したすべてが出会う未知の領域にみなさんを誘います
きっとぞくぞくしてもらえると思います


9/19(土) 19:30〜21:00 

新垣隆(p)
吉田隆一(b-sax)
ヒカシュー[巻上公一(vo,cornet,theremin)、三田超人(g)、坂出雅海(b)、清水一登(p,syn,bcl)、佐藤正治(ds)]
纐纈雅代(ts)

公演日時

2015年9月19日
開演時間 14日15日16日17日18日19日20日
19:30





…空席あり  …残席わずか  ×…満席

プロフィール

新垣隆(p)


(C)IMAMURA_TAKUMA

1970年東京生まれ。4歳よりピアノを始め、’93年桐朋学園大学音楽学部作曲科を卒業。ピアニストとして数々の演奏家たちと舞台に立つ他、サイレント映画の伴奏も数多くこなす。昭和期における作曲家達の研究に従事し、作曲家としては現代音楽を主体としているがジャンルはその枠におさまらない。映画やCMの音楽も手掛けている。母校の非常勤講師を約20年間務めた他、アマチュアの指導としてピアノコンペティション企画や八千代交響楽団の指揮も行う。最近ではテレビ・ラジオ番組に多数出演し輝きを増している。作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを中岡秀彦、河内純、夢藤哲彦、森安耀子、指揮法を高階正光の各氏に師事。



吉田隆一(b-sax)


(C)本多晃子

1971年、東京出身。バリトンサックス奏者。作編曲家。
幼児期からピアノ、合唱に親しみ、中学校の吹奏楽部でバリトンサックスを手にする。91年に都内ジャズライブハウスにて演奏活動を開始。97年に藤井郷子オーケストラに参加。同時期に『渋さ知らズ』に参加し、98年、2000年のヨーロッパツアー全日程に参加する。99年、浜松ジャス・ウィークに『高瀬アキ・スペシャル・オーケストラ』のメンバーとして参加。2000年、『東京中低域』に参加。2006年脱退。2008年10月『SXQ(松本健一SAX Quintet)』によるロシア・リトアニアツアーに参加。2009年8月『アラン・シルヴァCele strial Communication Orchestra』に参加。
2005年、blacksheep結成。吉田隆一(bs)後藤篤(tb)スガダイロー(p)がオリジナルメンバー。SF+フリージャズを標榜し、主に吉田のオリジナル曲を演奏する。2008年アルバム『blacksheep/blacksheep』を発表2011年『blacksheep/2』をdoubt musicから発表。カバーアートを西島大介に依頼したことから西島xblacksheepによるコンスタンスなコラボレーションが始まる。2013年、第52回日本SF大会「こいこん」にて招待演奏。同年『blacksheep/∞-メビウス』(2013)をVELVETSUN PRODUCTSから発表。
2013年末の後藤篤脱退を受け、blacksheep 3D名義で吉田隆一(bs)スガダイロー(p)石川広行(tp)Tsuneta(cello)によるアコースティック演奏ユニット。blacksheep 2D名義で吉田隆一、大谷能生、∞羊子ちゃんによるエレクトロ/文芸活動ユニットでの活動を開始。2014年、blacksheep 2D名義でカセットブック『ここがソノラマなら、きみはコバルト』(文筆&漫画:西島大介、酉島伝法、寺尾洋之、水見稜、他/音楽:田中啓文、宮内悠介、他)を発表。
2015年、音楽にとどまらず文化諸相を横断する活動を行うべく、大谷能生(Remix/編集)、寺尾洋之(アニメーター/イラスト)、西島大介(マンガ/イラスト他)を含むチーム全体で『blacksheep』という名義にあらため、現在に至る。
2014年7月、新垣隆(作曲家/ピアニスト)の依頼を受け、新垣楽曲を演奏するジャズ・ラージアンサンブル『黒羊管弦楽団(blacksheep Orchestra)』を結成。2015年2月、新垣隆とのデュオアルバム『N/Y』(Apollo Sounds)を発表。
アニメ、SFに造詣が深く、雑誌やミニコミ誌等に論考やレビューを発表している。
http://yoshidaryuichi.com/



ヒカシュー
[巻上公一(vo,cornet,theremin)、三田超人(g)、坂出雅海(b)、清水一登(p,syn,bcl)、佐藤正治(ds)]



1978年結成。「20世紀の終りに」で東芝EMIからデビュー。今年結成38周年を迎えたノンジャンル音楽ユニット。ボーカルの巻上公一の強烈な個性とともに、メンバーそれぞれが自由自在かつ大胆に即興で構成していくライブは圧巻。デビュー当時はニューウェイヴ / テクノポップ・バンドの牽引者として一躍その名を知られたが、その後、優れた即興性と独特な世界観を持つ楽曲が融合する唯一無二のロックバンドとして広く認知されていった。最近ではフジロックフェスティバルのみならず、国内外の前衛的ジャズフェスティバルに招聘されている。ロシア、カナダ、ニューヨークなどでも公演を行い反響を呼ぶ。過去の作品はブリッジから次々にリイシューされ、幅広い年齢層に支持されている。
最新作は、『生きてこい沈黙』(2015)
http://www.makigami.com/hikashu/index.html


纐纈雅代(ts)



こうけつ まさよ Masayo koketsu Saxophone奏者

1977年9月19日生まれ 岐阜県出身

1歳より2人の姉の影響でピアノを弾き始める。
高校時代にソプラノサックス、アルトサックスを手にする。
2008年9月SONY MUSICより『鈴木勲 SOLITUDE FEAT.纐纈雅代』でデビュー。
そのオリジナリティーは唯一無二としょうされる。
3年間の鈴木勲『oma sound』で活動後、
2011年に自身のオリジナル曲によるリーダーバンド『Band of Eden』結成。
新宿PIT INNをホームグラウンドに活動中。
2015年、満を持しての1stリーダーアルバム『いちまひめのみこと』を発表。

その他、都内ライヴハウスを中心に様々なバンドやセッションで活動中。
秋葉原 HOT MUSIC SCHOOLにてサックス科の講師。

『JAZZ ART せんがわ2015』

『JAZZ ART せんがわ2015』

日程:2015年9月19日(土)〜9月20日(日)
会場:調布市せんがわ劇場
総合プロデューサー:巻上公一 プロデューサー:坂本弘道 藤原清登


⇒『JAZZ ART せんがわ2015』公演情報ページはこちら

チケット

<チケット料金>
全席自由

●Stageチケット(1公演) 一般3,000円、市民2,700円、学生1,500円
※ハンディキャップ割引:300円引き(窓口のみの取り扱い)
(一般・市民割引のみ、障害手帳をお持ちの方、介助者も1名様まで割引)

*市民割引・学生は当日証明書をご提示ください。
*車椅子等でご来場の方は、事前にお知らせください。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。
*チケット半券切り離し無効・入場不可
*許可のない撮影・録音はご遠慮ください。

★お得なチケットもございます★
1Dayチケット(1日通し券)6,800円
2Daysチケット(2日通し券)12,500円

【入場方法】
・入場の際には、当日、ロビーにて配布する整理券順にご入場いただきます。
入場整理券はライブによって配布開始時間が異なります。ご注意ください。
<※両日共> 
13:30開演 → 12:00配布開始
16:30開演 → 15:00配布開始
19:30開演 → 18:00配布開始
※開場は開演の15分前。
※当日の受付方法、入場方法に関しては、係員の指示に従ってください。

チケット取扱い

<チケット取扱い>
■せんがわ劇場(窓口・電話) 
TEL:03-3300-0611(9:00〜19:00)
※第3月曜休

■せんがわ劇場HPチケットサービス
http://www.sengawa-gekijo.jp/ticket.html(パソコン)
http://www.sengawa-gekijo.jp/mobile/ticket/(携帯)
※24時間予約可。
※劇場窓口で発券=手数料なし、セブンイレブンで発券=手数料あり(予約1件につき162円、発券1枚につき108円)

■イープラス(e+) (PC・携帯)
http://eplus.jp

主催・お問い合わせ

<主催>
調布市 (調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業)
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会

<お問い合わせ>
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会(せんがわ劇場内)
03-3300-0611(9:00〜19:00)