このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME196

出演・演奏曲目

出演
藤原 清登(ダブル・ベース)
今村真一朗 (ピアノ)

演奏曲目(予定)
枯葉
A列車で行こう
異邦人
I’m a believer
20世紀少年 ほか

サンデー・マティネ・コンサートvol.196

スタンダードジャズを聴く

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、モダンベースの藤原清登さんをお迎えして、スタンダードジャズお贈りします。お楽しみに。

公演日程

2018年5月20日
開演時間 20日
11:00

…空席あり  …残席わずか  ×…満席

出演者プロフィール

藤原 清登(ふじわら きよと):ダブルベース

高松市出身。音楽家の両親のもとロック大好きサッカー少年として過ごす。16 歳でベースを始め東京芸術大学教授、故・今村清一氏に師事。1974 年渡米。バークリー音楽院を経てジュリアード音楽院大学院卒業。21 歳でホレス・シルバークインテットにて米国デビュー後、NY を拠点に活躍。同年に米レーベルMuse, 及びStrata East にクリフォードジョーダン、シャミークファラのアルバムでレコーディングデビュー。
境界のないジャンルで国際的に活躍する本格派として内外の音楽祭に多数参加。1987 年自己のグループMG4 結成以来、十数枚のアルバムを発表。2000 年スイングジャーナル誌ではベース部門で1 位に選ばれ『モダンベースの王者』と呼ばれ親しまれている。近年、日本でのCD リリース、コンサート活動も目覚しく、 2013 年には自己レーベルGARUGANTUA を創設、2017 年10 月には第二作 “Koffee Crush” を発表。洗足学園音楽大学にて後進の指導にもあたっている。
http://kiyotofujiwara.com/

今村真一朗 (いまむら しんいちろう):ピアノ

3歳よりピアノを弾き始め、高校よりジャズを独学で学ぶ。2008年度横浜ジャズコンペティション(広瀬太郎トリオグラフティ)でベストプレイヤー賞・グランプリ・横浜市民賞の三冠を獲得。現在、都内を中心に向井滋春(Tb)カルテットや、藤原清登(Bs)トリオ等で活動中。また、大坂昌彦、川嶋哲郎、小山太郎、片岡雄三、市原ひかり、寺久保エレナ、中島あきは、など・・さまざまな一流ミュージシャンと意欲的に共演を重ねている。ファンキーでスイングするピアノ、リリカルな音色が特色のピアニスト。
http://profile.ameba.jp/realjazz/

料金

無料

お申込み方法

当日直接会場へ。開演30分前から開場します。
※来場者多数の場合、入場をお断りする場合があります。

※未就学のお客さまもご入場いただけます。
(内容はお子様向けのコンサートではありません。)

開場は10:30からとなります。
開場前にご来場された場合、開場まで劇場ロビーにて順番に並んで
お待ちいただきますので、ご了承ください。
当日配布するプログラムが、入場券の代わりになります。
プログラムの配布は、ご本人一名様につき一枚とさせていただきます。
お連れ様の分のプログラムをあらかじめお渡しすることはできません。
また、お手荷物等によるご本人様以外のお席の確保はご遠慮ください。
★上演時間は約45分です。
★途中、休憩はございません。(曲間の入退場は可能です。)
●専用駐車場はございませんので、お近くの有料駐車場をご利用ください。
●公演中の録音・撮影はお断りいたします。

お問い合わせ

調布市せんがわ劇場
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5 
TEL 03-3300-0611

〈主催〉
調布市(調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業)
〈助成〉
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会