MENU

財布の寝かせすぎは意味ないって本当?寝かせる期間が1ヶ月や3ヶ月は長い?

財布の寝かせすぎは意味ないって本当?寝かせる期間が1ヶ月や3ヶ月は長い?


「財布の寝かせすぎは意味ないって本当なのかな?寝かせる期間が1ヶ月や3ヶ月は長い?」

 

財布の寝かせすぎは意味がないという説がありますが、どれくらいの期間が「長すぎ」に該当するのか気になるでしょう。

これから財布を寝かせようと考えている人は、このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

 

  • 財布の寝かせすぎは意味ないって本当?
  • 寝かせる期間が1ヶ月以上だと長すぎる?
  • 財布を寝かせる本当の理由は?

 

そこで今回は、「財布の寝かせすぎは意味ないのが本当かどうか、詳しくお伝えします。

また、財布を寝かせるベストな期間や、そもそもなぜ寝かせる必要があるのかについてもお話ししますので、ぜひチェックしてみてください。

 

目次

財布の寝かせすぎは意味ないって本当?金運低下の危険もある?

財布の寝かせすぎは意味ないって本当?金運低下の危険もある?

 

「財布は使い始める前に寝かせると金運が上昇する」と言われています。

また、寝かせすぎると逆効果という説もありますが、実際のところどうなのでしょうか。

 

ここでは、財布の寝かせすぎは良いのか?悪いのか?その疑問について以下の項目別にお伝えします。

財布の寝かせすぎは意味ないって本当?
  • 財布の寝かせすぎは意味がないのか?
  • 財布は寝かせすぎると金運が下がる危険性も

 

財布の寝かせすぎは意味がないのか?

 

財布を使い始める前に寝かせるのは非常に良い行いですが、寝かせすぎると効果が激減する可能性が高いです。

そもそも財布を寝かせることには、以下のような狙いがあります。

 

  • 金運上昇のため
  • お金を引き寄せるため
  • お金を放さない財布にするため

 

もちろん、絶対に財布を寝かせなくてはいけないというわけではありません。

また、買ってすぐ使い始めて金運が下降するなんてこともないです。

 

ただ、寝かせてみることによって、必然的に「金運アップできるかも」という期待が芽生えるでしょう。

そうすると自然と節約や無駄遣い防止に意識が向き、結果的にお金が出て行かない財布にすることができるのです。

 

つまり、お金に対するマインドにプラスの変化が現れるとも言えるでしょう。

ただし「寝かせれば寝かせるほど良い」ということではなく、期間には気をつけておく必要があります。

 

財布は寝かせすぎると金運が下がる危険性も

 

では、財布を寝かせすぎることには、具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

「しっかり寝かせたら金運がもっと上がる」とも思われがちですが、実は金運が下がる危険性があるのです。

 

金運が低下すると、以下のような望まない状態に陥ってしまうでしょう。

 

  • 財布自体のエネルギーの停滞に繋がる
  • お金の流れが悪い財布になってしまう

 

人間でも、休みすぎたり眠りすぎることでかえって体調やメンタルに不調が出ることがあるでしょう。

それと同じで、財布も休ませすぎると運気が停滞してしまうのです。

 

寝かせる期間が1ヶ月や3ヶ月は長い?財布を寝かせるベストな期間

寝かせる期間が1ヶ月や3ヶ月は長い?財布を寝かせるベストな期間

 

財布を寝かせすぎるのは金運低下に繋がる可能性がありますが、長すぎるとされる期間はどれくらいなのでしょう。

また、寝かせるにあたって適切な期間も知っておきたいでしょう。

 

そこで、ここでは以下の項目について紹介していきます。

財布を寝かせるベストな期間
  • 寝かせる期間が1ヶ月以上は長すぎる?
  • ベストな期間はどれくらい?

     

    寝かせる期間が1ヶ月以上は長すぎる?

     

    財布を寝かせて金運アップを狙うのであれば、長期的に放置するのはよくありません。

    中には「数ヶ月寝かせておこう」と考える人もいますが、さすがに1ヶ月以上は寝かせすぎと言えるでしょう。

     

    1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月とダラダラ寝かせ続けたところで、金運は下降する一方です。

    逆に適切な期間を守ることによって、以下のような財布作りができるでしょう。

     

    • お金と仲良しな財布
    • お金との縁が深い財布

     

    期間を誤ると、上記のような素敵な財布にすることはできません。

    何事においてもそうですが、時間をかけすぎたり先延ばしにすると、結局良い結果を得られないというパターンは多いでしょう。

     

    それと同じで、財布を何ヶ月間寝かすことにもメリットはないのです。

     

    財布を寝かせるベストな期間はどれくらい?

     

    財布を寝かせるベストな期間は、9日間と言われています。

    なぜ9日間寝かせて10日目に使うのが適切とされているのか、その理由は以下の通りです。

     

    • 風水的に見て、9という数字は縁起が良い
    • 「永久にお金が留まり続ける」意味がある

     

    最も縁起が良いタイミングで財布を使い始めようと考えている人は、9日間寝かせることを意識しましょう。

    人によっては、長めに14日間程度しっかりと寝かせるケースも多いようです。

     

    短すぎても長すぎても意味がないので、1週間から2週間程度を目安とするのが良いでしょう。

     

    そもそも財布はなぜ寝かせるの?財布を寝かせる本当の理由は?

    そもそも財布はなぜ寝かせるの?財布を寝かせる本当の理由は?

     

    昔から「財布を使う前に寝かせると良い」と言われていますが、深くその意味について知らないという人もいることでしょう。

    財布を寝かせる本当の理由としては、以下の3つのことが挙げられます。

    財布を寝かせる本当の理由
    • 財布にお金と仲良しになってもらう
    • 財布にお金を記憶してもらう
    • 財布にこれから活躍するエネルギーを貯めてもらう

     

    財布にお金と仲良しになってもらう

     

    財布を寝かせる際には、そのままの状態ではなく中にお金を入れておきます。

    なぜなら寝かせている間に財布とお金に仲良しになってもらうことが、重要な目的の1つだからです。

     

    ただ財布だけを休ませていても、お金との相性が向上することはありません。

    なので、まだ何も入れたことのない財布に、まずはお金だけを入れて仲を深めていきましょう。

     

    またそれだけでなく、使い始めた時にもお金と財布を引き離さないために、使い方にも注意する必要があります。

    財布を使う際のポイントを、以下に挙げていきます。

     

    • 財布の中身はいつも整理整頓しておくこと
    • カードやレシートを財布に入れず、別で保管すること
    • 財布を大切に扱い、愛着を持つこと

     

    これらのことを心掛けておけば、ずっと使い続ける中で財布とお金が良好な関係を保ち続けていくでしょう。

     

    財布にお金を記憶してもらう

     

    財布を寝かせる理由として、財布にお金を記憶してもらうことも挙げられるでしょう。

    お金をいれておくと、財布がお金の存在を認識するため、使い始めた時に利点が生じると言われているのです。

     

    要するに、始めに財布へ入れた金額が定着すると、仮に使った場合にも財布が元あった金額を取り戻そうとするということです。

    お金を記憶した財布を大切に使い続けていれば、自然と金運アップした状態を保てるとも言えるでしょう。

     

    財布にこれから活躍するエネルギーを貯めてもらう

     

    新しい財布をわざわざ寝かせることに、「なぜ?」と強い疑問を感じている人もいることでしょう。

    財布に今後活躍してもらうためのエネルギーを蓄えるには、始めにじっくり休ませることが大事なのです。

     

    長く使っていきたいと思う財布なのであれば、なおのことパワーを充電するのが大切になります。

    充分寝かせることによって、満足できる活躍をしてくれるでしょう。

     

    財布の正しい寝かせ方は?入れるべき金額や寝かせる場所を解説

    財布の正しい寝かせ方は?入れるべき金額や寝かせる場所を解説

     

    新しく購入した財布を寝かせる時、「一体いくらお金をいれるべき?」「どこで寝かせればいい?」と、様々な疑問が浮かぶでしょう。

    そこで、ここでは財布の正しい寝かせ方を知るために、以下の疑問についてお答えしていきます。

     

    財布の正しい寝かせ方
    • 寝かせる財布に入れるべき金額は?
    • 寝かせる財布に入れるお札の向きは?
    • 寝かせる財布は何に包むべき?
    • 寝かせる財布を仕舞う方角は?
    • 寝かせる財布を仕舞うおすすめの場所は?

     

    寝かせる財布に入れるべき金額は?

     

    ではまず、寝かせる財布に入れるべき金額をいくつか紹介していきます。

    多ければ多いほど良いというわけでもないので、あなた自身がピンとくる金額を選択してみてください。

     

    • いつも財布に入れている金額の23倍程度
    • 115千円、もしくは115
    • 新札で21万円
    • 新札で8万円
    • 100万円

     

    このように様々なパターンがあるので、無理のない範囲で実践してみましょう。

     

    寝かせる財布に入れるお札の向きは?

     

    寝かせる財布にお札を入れる際には、全ての向きを揃えることがポイントです。

    いくら縁起の良い金額を意識していても、向きがバラバラだとお札が喧嘩をして効果が減少してしまうでしょう。

     

    ただ、お札の向きをしっかり揃えるのはマストですが、上下どちらから財布に入れるかに関してはあなたの好きにしてOKです。

    また、上向きか下向きかで意味が異なるため、以下を参考に決めてみてください。

     

    • 上向き:お金の流れが良くなる
    • 下向き:お金が出にくくなる

     

    いずれにしても金運上昇に繋がるのは間違いないので、あなた自身の望みに合う形式で実践してみましょう。

     

    寝かせる財布は何に包むべき?

     

    財布にお金を入れたら、次に財布がしっかり休めるようにきれいな布などで包みましょう。

    財布を包むアイテムとして最適なものは、これらが挙げられます。

     

    • 清潔な白い布やハンカチ
    • 財布専用の金色の布団
    • 和紙や半紙

     

    風水において白い布は邪気を払うアイテムとされているので、財布を包むのにも最適と言えるでしょう。

    また、財布を寝かせるための金色の布団が販売されていますので、大幅な金運上昇を狙っている人はぜひチェックしてみてください。

     

    何にも包まずそのまま保管するのは、避けるようにしましょう。

     

    寝かせる財布を仕舞う方角は?

     

    財布を寝かせるのにベストな方角は、北とされています。

    なぜ北の方角に保管するのが適しているのか、その理由は以下の通りです。

     

    • 北はお金に深く関わる方角
    • 北は金運が育つ方角

     

    また、風水的に見ると西もお金との縁が深いとされています。

    北が貯蓄に関する運気アップである一方で、西は金運を引き寄せる方角と言われているため、どちらも高い効果が期待できるでしょう。

     

    寝かせる財布を仕舞うおすすめの場所は?

     

    財布を寝かせる方角として適しているのは北ですが、場所としてはどこに置いておくのが良いのでしょうか。

    いくつかベストな場所を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

     

    • 暗く静かな場所

    私たち人間が眠る時に部屋を暗く静かな状態にするように、財布もそういった場所で休むのが適していると言えます。

    タンスの中や普段あまり開けない引き出しの中など、財布が落ち着いて眠れる所をチョイスすると運気アップに繋がります。

     

    • キレイな場所

    いくら暗く静かな場所であっても、掃除や整理整頓ができていない汚れた空間では意味がありません。

    運気が下降する原因ともなるので、財布を眠らせるのにはなるべくキレイな場所を選びましょう。

     

    • 神棚

    自宅に神棚がある場合には、ぜひ財布を寝かせる場所に選びましょう。

    神棚にはおふだが置かれていますが、その昔お札とおふだは同じ扱いだったそうです。

     

    そのため、お札の入った財布にとっては安心できる場所と言えます。

     

    寝かせた財布を使い始めるのに最適な日や時間帯は?

    寝かせた財布を使い始めるのに最適な日や時間帯は?

     

    寝かせた財布を使い始めるタイミングに注目することでも、さらなる金運上昇を見込めます。

    では、ベストなタイミングについて以下の項目別に見ていきましょう。

    寝かせた財布を使い始めるのに最適な日
    • 使い始めるのに最適な日はいつ?
    • 寝かせた財布は何時頃使い始めるべき?

       

      寝かせた財布を使い始めるのに最適な日はいつ?

       

      寝かせた財布を使い始める日としては、開運吉日を選ぶのがおすすめです。

      吉日といっても様々ありますが、財布の使い始めに特に適している日は以下の通りです。

       

      • 一粒万倍日…年間で約60日あり
      • 天赦日…年間で5~6日あり
      • 寅の日…12日に1回あり

       

      一流万倍日は「物事を始めるには最高の吉日」と言われていることから、財布を使い始める日としても間違いなく良いでしょう。

      天赦日は吉日の中でも特に縁起が良く、なおかつ年に56日しかない貴重な日でもあります。

       

      寅の日は金運招来日と考えられているので、ベストなタイミングの1つでしょう。

      財布の使い始めを吉日に合わせるのであれば、逆算して寝かせる日を選ぶ必要があります。

       

      しっかり寝かせて良き日に使い始めると、金運アップの効果は倍増するでしょう。

       

      寝かせた財布は何時頃使い始めるべき?

       

      財布を使い始める時間帯にもこだわることで、さらに金運上昇の効果が期待できるでしょう。

      寝かせた財布を使い始めるべき時間は、夕方~夜とされています。

       

      具体的には使い始めるべき時間帯は、夕方17時~23時(金の刻)です。

      そして、使い始めるべきでない時間帯は11時~13時(火の刻)となります。

       

      風水によると、金の刻とされる時間は金運と深く関わっていると分かるでしょう。

      夜間帯になるため、財布を持ってコンビニ、営業しているスーパーなどでお買い物すると良いでしょう。

       

      反対に火の刻は、お金と上手く交わらない時間となっているので注意が必要です。

       

      財布を寝かせる時に注意すべきポイントや避けるべきことは?

      財布を寝かせる時に注意すべきポイントや避けるべきことは?

       

      財布を寝かせる時には、しっかりと適切な方法を用いてなるべく失敗のないようにしておきたいところです。

      これから財布を寝かせようと考えている人の中には、以下のような疑問を持っている人が多いのではないでしょうか。

       

      財布を寝かせる時に注意すべきポイント
      • 財布に現金以外を入れてもいい?
      • 寝かせる財布を仕舞わない方がいい場所は?

       

      財布に現金以外を入れてもいい?

       

      新しい財布を寝かせて金運を上げたいなら、基本的に現金以外のものは入れないようにしましょう。

      避けるべきアイテムの一例としては、以下が挙げられます。

       

      • レシート
      • ポイントカード
      • クレジットカード
      • クーポン券
      • 写真

       

      上記は「使い始めた時にどうせ入れるから、お金と一緒に寝かせよう」と考える人もいますが、財布を休ませる意味がなくなってしまうのです。

      ただ、現金と一緒に縁起物を入れておけば、運気上昇に繋がると言われています。

       

      カエルやフクロウ、カメなど、金運に関わる生き物がモチーフのものを入れるのも良いでしょう。

      また、金運が上がるアイテムとして最も有名なヘビの抜け殻も、もちろん絶大な効果が期待できます。

       

      寝かせる財布を仕舞わない方がいい場所は?

       

      財布を寝かせるのに最適なのは北の方角や暗く静かな場所などが挙げられますが、逆に仕舞わない方がいい場所はどこなのでしょう。

      自宅の以下の場所や方角は、避けることをおすすめします。

       

      • キッチン
      • 方角で言えば南

       

      風水的に見ると、火を表わすものとお金の相性は非常に悪いとされています。

      「火がお金を燃やす」と言われているので、自宅の中で財布を寝かすのに最も適していないのはキッチンです。

       

      また、南は風水において火を表していることから、避けるべき方角と言えます。

      ちなみに太陽も火に関係するため、日光に照らされるような場所に寝かすのも避けておいた方が無難でしょう。

       

      まとめ

      財布の寝かせすぎは意味ないって本当?寝かせる期間が1ヶ月や3ヶ月は長い?

       

      財布を使う前にまず寝かせるのは、金運アップに繋がる行動でした。

      ただ「寝かせすぎは意味ない」という説があり、なおかつそれは間違いではないと言えます。

       

      今回のまとめ
      • 財布の寝かせすぎは意味ない
      • 9日間寝かせるのがいい
      • 期間にこだわることが大切
      • お札の向きなども考えよう
      • 使いはじめも意識すること

       

      財布を寝かせるのに最適な期間は、風水的に見て縁起が良いとされる9日間です。

      短すぎても長すぎても寝かせる意味がなくなってしまうため、1週間から2週間を目安にしてみてください。

       

      期間にこだわることで財布がお金と仲良しになり、金運が上昇した状態を長く保つことができるでしょう。

      また、入れる金額やお札の向き、寝かせる場所もしっかり選んでみてください。

       

      さらに、使い始めを一粒万倍日や天赦日などの吉日に合わせれば、お金との縁が深い財布になると期待できます。

      もしあなたが「財布をたっぷり寝かせれば、その分運気アップに繋がる」と思っているなら、すぐにその考えは手放しましょう。

       

      適切なタイミングを守ることが、財布を寝かせる上での重要なポイントです。

       

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!
      目次