このページの先頭
  Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方

今後の公演一覧

本日以降の公演を表示中

ジャンル: 公演種別:

音楽劇場プロデュース公演

高橋多佳子プロデュース 「第6回せんがわピアノオーディション」

■公演日程  2017年8月27日

若手ピアニストを対象とした 高橋多佳子プロデュース「せんがわピアノオーディション」も第6回を迎えます。

オーディションは無料で一般観覧ができます。
予備審査を通過した若きピアニストの演奏を聴きにいらっしゃいませんか?

入場無料

※途中入場可(休憩時のみ)
※50 席程度
※未就学児入場不可
※事前予約不要(当日、会場へ直接お越しください。)
※オーディションの進行により時間が多少前後する可能性がございます。
予めご了承ください。

演劇貸し館子ども向け公演

+ new Company AndYou17 『ランの宝物』 ~ランとティンラの小さな旅~

■公演日程  2017年9月8日~2017年9月10日

笑いあり 涙ありの心温まる友情ストーリー

この冒険の主人公、風の妖精ランはちょっとやんちゃな男の子。
森の女王カトレア様から、どんな病も治す蜜を取りに、ハニーガーデンへおつかいを頼まれる。
旅路で出逢う、言葉をしゃべらない不思議な少女「ティンラ」。
ティンラはなぜしゃべれなくなったのか・・?
ランはティンラとともにハニーガーデンへと向かい、その小さな旅で次から次へと起こる、大切ななにかと出逢っていく。
ランは少女ティンラとの旅の中で一体何を得るのか-。

音楽劇場プロデュース公演

JAZZ ART せんがわ2017(第10回)
feral intimate alive
~ 野生に還る音 親密な関係 生きる芸術 ~

■公演日程  2017年9月13日~2017年9月17日

今回で10回目を迎える「JAZZ ART せんがわ2017」
9/13(水)~17(日)開催決定!


先鋭的な音楽に出会う、5日間。

即興的な音楽・アートパフォーマンスを中心に、先端を行く演奏家にスポットあてたこのイベントは、せんがわ劇場を中心に、国内外で活躍する日本人ミュージシャンはもちろん、海外からも多数ミュージシャンが参加。今ここでしか見られない、独自のラインナップをお届けします!

日程:2017年9月13日(水)~17日(日)
会場:調布市せんがわ劇場 ほか
総合プロデューサー:巻上公一
プロデューサー:坂本弘道 藤原清登
http://jazzartsengawa.com/

音楽劇場プロデュース公演

子どものための音あそび
「JAZZ ART せんがわ2017」

■公演日程  2017年9月16日

「時々自動」は劇団です。音楽と演劇を同時にやる劇団です。
これまで日本や海外で、いろいろな音楽と演劇の合体作品を発表してきました。
ぼくたちは、ぼくたちのカラダと楽器を使って、
たくさんのおもしろい音を発明しつづけています。
このプログラムでは、そんな時々自動が鳴らす楽しい音を
こどもたちにきいてもらって、いっしょに音あそびしようというものです。
そしてもちろん、音を楽しむ音楽の時間もありますよ。

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME183

■公演日程  2017年9月17日

in JAZZ ART せんがわ トランペットの不思議

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、70年代の日本フリージャズシーンを代表するトランぺッター、沖至。
これまでに数百のトランペットをコレクションしてきた彼が語る楽器・トランペットの魅力。大変、貴重なレクチャーです。お楽しみに!

音楽貸し館

サーシャ・ボルダチョフ日本ツアー2017

■公演日程  2017年9月22日

昨年末、鮮烈なジャパン・デビューにおいて、まさに神がかった演奏で聴衆の度肝を抜いたハープ奏者サーシャ・ボルダチョフが、多くの要望に応え今秋早くも日本へ帰ってくる!
今回は、サーシャの魅力をもっと深く知ることができるソロ演奏で、さらに磨きのかかったハープの匠技を披露する。

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME184

■公演日程  2017年9月24日

ピアノデュオの世界

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、1台のピアノを2人で奏でる連弾コンサート。
NHK「ららら♪クラシック」等にも出演するピアノデュオの瀬尾 久仁さん、加藤 真一郎さんをお迎えして、その多彩な音の世界をお楽しみいただきます。

その他貸し館

第6回 朗読を楽しむ会 「言の葉」 秋の発表会

■公演日程  2017年11月7日

朗読を通して耳から作品の世界にいざないます。
読書とはまた一味違った楽しみ方、イメージの広がりを実感できることでしょう。
演目の合間であれば、いつでも入退場自由です。
13時開演と15時開演の間に20分の休憩時間を設けました。

演劇貸し館

オトカ

■公演日程  2017年11月9日~2017年11月12日

【あらすじ】
北関東のとある小さな町。
ガラス屋に婿養子に入った兄のもとへ、弟が金の無心に訪れる。弟は過去に法事の金を使い込んだことがあり、そのことを兄に蒸し返されると、用事を言い出せぬまま帰って行く。
そしてそのまま行方知れずになった。
弟が父から継いだ工場が倒産し、兄弟の実家は人手に渡ろうとしていた。 
 
【解説】
「日本の劇」戯曲賞2010最優秀賞。初演は2011年、「新進芸術家育成公演事業等」として、文化庁主催、日本劇団協議会製作により、恵比寿・エコー劇場にて行われた。