Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート〜午後への前奏曲〜

調布市の仙川地域は、クラシック音楽の分野で非常に長い伝統のある地域で、現在世界中で活躍している素晴らしい音楽家たちの中には、この仙川で学び、成長して巣立っていった方々がたくさんいます。

2008年4月にオープンした調布市せんがわ劇場では、ペーター・ゲスナー芸術監督の生まれ育ったドイツはライプツィヒの、J. S. バッハも活躍した聖トマス教会における毎週日曜日の礼拝コンサートを理想として、劇場オープン時より毎月原則2回程度、日曜日の午前11時から、約45分間の無料コンサートを開催しています。マティネとは元々フランス語で「午前中」の意味。その名前の通り、日曜日の午前中、お昼に向けた一時間弱の気軽な無料コンサートながら、内容は充実したラインナップを展開しています。いろいろなお客さまに気軽にふらっと、買い物などのついでに足を運んでいただき、毎回良質でバラエティに富んだ音楽に触れて、そしてその余韻に浸りながら楽しく仙川の街でランチなどの時間を過ごしていただく、そんな過ごし方を提案するコンサートです。

コンサートのコンセプトについて

プロフェッショナルの演奏者を含め全ての出演者のご賛同を得て、「サンデー・マティネ・コンサート」は、毎回、未就学のお客さまにも広くお楽しみいただいています。登場する楽器も出演者も幅広くさまざまな、このコンサート・シリーズ。お客さまも、小さなお子さまや、たまたま近所を通りかかってふと入ってみたという方から、熱心に毎回足を運んでくださる方、生粋の音楽愛好家までと、さまざまです。

音楽にかなり詳しい方にもご満足いただける内容、毎回いらっしゃる方にもお楽しみいただけるバラエティに富んだ公演をお送りする一方、無料だから入ってみたという方にも喜んでいただき、音楽の楽しさを堪能していただいて、例えば同じ出演者の他ホールでの有料コンサートなど、各地で開催されているたくさんの素晴らしい演奏会にも足を運んでいっていただけるような、また、お子さまからの実際のアンケートに「10年後、ぼくがこの舞台でピアノをひきます」と書いていただいたような、そんな、これから音楽の楽しさ、魅力にもっともっと親しんでいっていただける方々へのきっかけにもなれたらと考えています。

いろいろなお客さまにこの「せんがわ劇場」に集まっていただき、いろいろな演奏者がいて、いろいろな音楽があって、演奏者・音楽の間近で、みんながそれぞれお互いの音楽への関わり方、楽しみ方を大切にしながら、みんな一緒になって楽しんでいただける……そんな素敵な空間・時間を目ざして、今後もこのコンサート・シリーズをずっとずっと続けていきたいと思っています。

過去のサンデー・マティネ・コンサート 一覧

  • このページのトップへ