このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME186

出演・演奏曲目

出演
仁詩(バンドネオン)
Hitoshi

演奏曲目(予定)
La Cumparsita ラ・クンパルシータ
Libertango リベルタンゴ
ひまわり(映画音楽)

サンデー・マティネ・コンサートvol.186

バンドネオン・コンサート

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、アルゼンチン・タンゴの楽器として知られるバンドネオンにスポットを当てたコンサート。バンドネオン奏者の仁詩さんをお迎えしてお贈りします。お楽しみに。

公演日程

2017年11月5日
開演時間 5日
11:00

…空席あり  …残席わずか  ×…満席

出演者プロフィール

バンドネオン
仁詩 Hitoshi


バンドネオン奏者。作編曲家。
京都府出身。
大阪音楽大学短期大学部ジャズコースピアノ専攻卒業。
高校生の頃にバンドネオンに出会う。
ブエノスアイレスに渡り研鑽。カルロス・パソ、ネストル・マルコーニ、ロベルト・アルバレス各氏に師事。その際現地のタンゴフェスティバルに出演。
2011年、12年韓国より招聘。ツアーを行う。2013年、2015年タンゴバンドVirtusにてCDを2枚リリース、全国的にツアーを行う。2015年、すみだアートプロジェクトにて、「お江戸ウロボロス」を主宰公演。コンサートの制作も統括。2016年、クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出演。2016年、オーストラリア公演を行い、ブリスベン、ゴールドコーストの各地を周る。2016年、ベリーダンスと民族音楽のコラボレーション「旅する僕ら」を座高円寺にて行う。演奏、作編曲、プロデュース、制作を統括。2017年春、東京文化会館小ホールにて、東京春音楽祭に主宰グループにて出演。2017年7月、マレーシア、クアラルンプールにて公演。
現在は東京を拠点に全国的にツアーを展開中。ジャンルを超えて様々な分野のミュージシャン、ダンサー、役者とのコラボレーションも多く行っている。タンゴカルテット「Virtus」、民族音楽と踊りのコラボレーション「旅する僕ら」、南米風ジブリ企画「ジブリズム」尺八とバンドネオンによる、世界に1つだけの六重奏「直会 Nao - Rai」に力を注ぐ。現在CDを7枚リリース。

料金

無料

お申込み方法

当日直接会場へ。開演30分前から開場します。
※来場者多数の場合、入場をお断りする場合があります。

※未就学のお客さまもご入場いただけます。
(内容はお子様向けのコンサートではありません。)

開場は10:30からとなります。
開場前にご来場された場合、開場まで劇場ロビーにて順番に並んで
お待ちいただきますので、ご了承ください。
当日配布するプログラムが、入場券の代わりになります。
プログラムの配布は、ご本人一名様につき一枚とさせていただきます。
お連れ様の分のプログラムをあらかじめお渡しすることはできません。
また、お手荷物等によるご本人様以外のお席の確保はご遠慮ください。
★上演時間は約45分です。
★途中、休憩はございません。(曲間の入退場は可能です。)
●専用駐車場はございませんので、お近くの有料駐車場をご利用ください。
●公演中の録音・撮影はお断りいたします。

お問い合わせ

調布市せんがわ劇場
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5 
TEL 03-3300-0611

〈主催〉
調布市(調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業)

〈助成〉
文化庁(平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業)