このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
演劇劇場プロデュース公演子ども向け公演

パフォーマンスキッズ・トーキョー演劇公演
「つくって、演じて、動いて、歌って。」

スタッフ・キャスト

【構成・演出】
前嶋のの(脚本家・演出家・思考動物主宰)

【出演】
小学4年生~中学3年生の子どもたち

パフォーマンスキッズ・トーキョーがせんがわ劇場にやってくる!

「つくって、演じて、動いて、歌って。」

脚本家・演出家の前嶋ののさんと小学4年生~中学3年生の子どもたちが、パフォーマンスキッズ・トーキョーの10日間のワークショップを通じて創作した、オリジナルの演劇作品を発表します。

子どもたちの無限大の力とアーティストが出会ったときに生まれる、パワーあふれる作品を、ぜひご覧ください!

※パフォーマンスキッズ・トーキョー ワークショップ参加者(本公演の出演者)を6月14日(水)まで募集しています。
観るのではなく「出てみたい!」と思う方は、ぜひ詳細をご覧ください。

ワークショップ参加者募集情報についてはここをクリック

本公演のチラシダウンロードはここをクリック


公演日程

2017年8月4日~2017年8月5日
開演時間 4日5日
15:30
18:00

…空席あり  …残席わずか  ×…満席

アーティストからのメッセージ

ゼロから何かを生み出す。それが「つくりだす力」でしょう。
子どもの発想力は大人たちよりずっと自由で軽やかで、まるで生きたボールのように弾んでいます。
それらを投げ合い受け止めながらつくり出す世界は、さて、どのようなものでしょう。
イメージした事を形にする。誰かと一緒に何かをつくる。
どちらもとてもエネルギーのいることですが、だからこそおもしろいのだと思います。
今回は劇場という特別な空間で、集まった子どもたち(と大人たち)の「つくりだす力」を結集し、唯一無二のパフォーマンス創作に挑戦します。
真夏の熱いステージを、ぜひ観にいらして下さい。 (前嶋のの)
                  

<講師/構成・演出:前嶋のの(まえじまのの) / 脚本家・演出家・思考動物主宰>

国立音楽大学リトミック専修卒業。在学中より音楽と演劇が密接に関わる作品を創作する。第三回ギィ・フォワシィ演劇コンクールにて最優秀賞受賞。
代表作に、音楽劇『ルルコのおはなし』、集英社「戦争×文学」を舞台化した『ひとびと』、ミュージカルカンパニー・イッツフォーリーズ『小さい“つ”が消えた日』、朗読劇『旅へ! 自閉症の息子らと』(第5回埼玉県障害者アートフェスティバル参加)など。
また島根県民会館事業、子ども×演劇『野原で見つけたものがたり』など、子どもたちとの作品創作にも多数取り組んでいる。

入場申し込み方法

入場無料
※全席自由/入場は当日受付順/未就学児入場可

【申込方法】 ※要予約
「パフォーマンスキッズ・トーキョー」のページより専用フォームにてお申し込みください。⇒http://www.children-art.net/pkt/pkt_contact_other/

※ お預かりした個人情報はパフォーマンスキッズ・トーキョーの実施及び主催者からのご案内のみに使用し、適切に管理します。

お問い合わせ

特定非営利活動法人 芸術家と子どもたち

パフォーマンスキッズ・トーキョー専用お問い合わせ窓口:070-5455-5626
TEL:03-5961-5737
MAIL:pkt-adm@children-art.net
※迷惑メール対策のため、@(全角)としています。大変お手数ですが、メールを送信される際は@(半角)に変更し、送信してください。
http://www.children-art.net/

主催・共催

<主催>
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
特定非営利活動法人 芸術家と子どもたち
<共催>
調布市(調布市せんがわ劇場次世代を担う子どもたち育成事業)
<助成・協力>
東京都