MENU

どうしても宝くじを当てたい時は?絶対当たりたい人におすすめの買い方を解説!

どうしても宝くじを当てたい時は?絶対当たりたい人におすすめの買い方を解説!


「どうしても宝くじを当てたい時はどうすればいい?絶対当たりたいからおすすめの買い方を知りたい」

 

どうしても宝くじを当てたい時はどうすればいいのか詳しく知りたいと思う人は多いでしょう。

絶対に当たりたい人は、このような疑問を持っているのではないでしょうか。

 

  • どうしても宝くじを当てたい!
  • 宝くじが絶対当たる方法はある?
  • 宝くじが当たるおすすめの買い方は?

 

そこで今回は、どうしても宝くじを当てたいという人に向けて、おすすめの買い方をご紹介します。

宝くじを当てるために気をつけるべきポイントや当たった人の口コミもまとめているので、ぜひチェックしてください!

 

目次

どうしても宝くじを当てたい時は?絶対当たる方法はある?

どうしても宝くじを当てたい時は?絶対当たる方法はある?

 

どうしても宝くじを当てたい時、どんな買い方をすれば宝くじが当たるのかが気になるものですよね。

ここでは宝くじが絶対当てる買い方はあるのか、どうすればいいのかをお話ししていきます。

 

どうしても宝くじを当てたい時
  • 宝くじを買う理由は「当てたい」 
  • 宝くじに必ず当たる買い方はない 
  • 高額当せん者実践の買い方はある

 

宝くじを買う理由は「当てたい」

 

人が宝くじを買う理由は何でしょうか?

当たるまでのワクワクを楽しみたい人、買うこと自体を習慣にしている人などさまざまな理由があるでしょう。

 

ただ、どの人にも共通しているのは「宝くじを当てたい」という気持ちです。

どうせ買うなら当たってほしいし、1等を当てて大金を手に入れることができたら夢みたいですよね。

 

「当たったら家を買いたい」「海外旅行に行きたい」などいろいろな思いがあるはず。

そんなとき知りたいのは、「宝くじが当たる買い方」「どうすれば宝くじが当たるのか」ではないでしょうか。

 

本当に当たる買い方があるのか、見ていきましょう。

 

宝くじに必ず当たる買い方はない

 

結論から言うと、宝くじに必ず当たる買い方というものは存在しません。

ネットで検索すると「絶対に当たる方法」として宝くじの裏技が紹介されていることがありますが、確実ではありません。

 

そもそも、宝くじは当たるかどうかが当選発表まで分からないものです。

そして、購入した人誰にでも平等に当せんのチャンスがあるのが「くじ」であるといえるでしょう。

 

必ず当たる買い方が本当にあるとすれば、それはくじの定義から外れています。

絶対に当選する買い方があるという時点で、すでに「宝くじ」ではなくなってしまうということ。

 

また、当たる買い方があれば日本中ですでに何万人もの億万長者が生まれているはずです。

そうなれば、高額当選する人が続出してしまい、宝くじの仕組みはすでに破綻してしまっているでしょう。

 

宝くじ1等に当たる当せん確率は1/2000万です。

これは、6153杯のご飯茶わんの中からたった1粒のお米を見つける確率と同じです。

 

「必ず宝くじが当たる買い方」というのがいかに無茶なことか分かりますよね。

 

高額当せん者の実践している買い方はある

高額当せん者の実践している買い方はある

 

先ほどもお伝えしたとおり、残念ながら宝くじに必ず当たる買い方というものはありません。

ですが、高額当せんを果たした人たちに共通する買い方というのは存在します。

 

もちろ、高額当せん者の買い方を真似すれば、必ず当たるという保証があるわけではないことに注意が必要です。

しかし、ただやみくもに宝くじを買うよりはグッと当せん確率はアップするでしょう。

 

実際に、高額当せん者の買い方を真似したら初めて宝くじが当たったという声もたくさんあるんです。

少しでも当せんの可能性を高めたいという人は、次の項目で紹介する「高額当せん者の買い方」を参考にしてくださいね。

 

宝くじに絶対当たりたい人におすすめの買い方をくわしく解説!

宝くじに絶対当たりたい人におすすめの買い方をくわしく解説!

 

宝くじが必ず当たる買い方はありませんが、当せん確率が上がる買い方はあります。

高額当せん者が実践しているおすすめの買い方を8つ紹介するので、ぜひ真似してみてくださいね!

 

宝くじおすすめの買い方
  • 継続してコンスタントに買い続ける 
  • 1回の購入金額は無理のない少額に留める 
  • いつも決まった宝くじ売り場で買う 
  • 「連番」と「バラ」の購入バランス 
  • クイックピックも適度に活用する 
  • 家族・親戚・仲の良い友人と共同で購入
  • 縁起のいい日に購入するよう心がける 
  • 運気アップサインのタイミングで購入

 

継続してコンスタントに買い続ける

 

1つめの買い方は、宝くじを継続して買い続けることです。

宝くじで高額当せんを引き当てた人のインタビューを見てみると、どの人も宝くじをずっと購入し続けていることが分かります。

 

10年間買い続けるのは基本で、長い人だと20年30年と買い続けている人もいるほど。

夢を壊すようですが、「たまたま買った宝くじが当たった」なんて人はめったにいません。

 

気まぐれで買ったり買わなかったりでは、なかなか当たることはないでしょう。

当せん確率が極端に低い宝くじだからこそ、継続して買い続けることで当せんのチャンスを上げることができます。

 

宝くじを当てたいのであれば、コツコツと何年間も買い続けることがまず必須といえるでしょう。

 

1回の購入金額は無理のない少額に留める

1回の購入金額は無理のない少額に留める

 

2つめの買い方は、1回の購入金額を少額に留めるということです。

一度の購入に大金をつぎ込まないようにしましょう。

 

なぜなら、生活を圧迫するほどの金額を宝くじに充ててしまうと、宝くじを継続して買い続けることが難しくなるからです。

確かに、宝くじは枚数を買えば買うほど当せんのチャンスが増えます。

 

ただ、大事なのは宝くじが当たらなかったあとも、同じように買い続けることができるかということ。

本当に一回で当たればいいですが、普通は当たりません。

 

そのため再び購入することになりますが、継続して多額のお金をつぎ込むのははなかなか難しいですよね。

例えば手元に自由にできる10万円があるとします。

 

1度の宝くじにつぎ込むよりも、何回かに分けて購入する使い方の方が当せん確率はアップします。

コツコツと買い続けることが、宝くじで当せんするためには何より大事なのです。

 

また、一度に大金を費やしてしまうと、当たらなかった時に宝くじに対するモチベーションが下がってしまいます。

あるいは「こんなにお金をかけたんだから元を取らないと」とムキになることもあるでしょう。

 

どちらにせよ、これでは宝くじをコンスタントに買い続けることはできませんし、継続できないと当たる機会もなくなります。

宝くじを何十年も買い続けるにはそれなりの資金が必要です。

 

宝くじを買って生活が苦しくなっては元も子もないので、生活に支障のない範囲で細く長く楽しむようにしましょう。

一攫千金を夢見て大量購入するのは避けてくださいね。

 

いつも決まった宝くじ売り場で買う

 

3つめの買い方は、宝くじはいつも同じ売り場で買うということ。

自分だけの「行きつけの宝くじ売り場」を作りましょう。

 

実際に、宝くじの高額当せん者の48%が「いつも決まった宝くじ売り場で宝くじを買っていた」というデータが出ています。

これは、宝くじの高額当せん者が宝くじを買うことを継続していることが関係していると考えられます。

 

何十年も宝くじを買う人にとって、宝くじの購入は日々のルーティーンです。

「出勤前に買う」「散歩の途中に買う」など、宝くじの購入を習慣化しているため、必然的にいつも同じ売り場で買うことが決まっているのでしょう。

 

習慣化したことを急に変えるのは気持ち悪いですもんね。

宝くじ売り場は駅の中やスーパーの中など、私たちの身近な場所に多くあります。

 

出勤途中や買い物のときに購入しやすい環境になっているものです。

この機会に「行きつけの宝くじ売り場」を作ってみると、宝くじを買い続けるのが少しだけ楽しくなるかもしれません。

 

近くに宝くじ売り場がない、忙しくて買う時間がないという方はインターネットでも購入できますよ。

 

「連番」と「バラ」の購入バランスを決めておく

「連番」と「バラ」の購入バランスを決めておく

 

4つめの買い方は、「連番」と「バラ」の購入バランスを自分であらかじめ決めておくことです。

宝くじを買う際に避けて通れないのが、「連番」と「バラ」のどちらで買うかということ。

 

「連番」は組と番号の上から5ケタ目までが同一の番号の宝くじで、「バラ」は連続していない番号の宝くじを指します。

そして「連番」と「バラ」はそれぞれメリットが違います。

 

連番のメリット 1等前後賞を含めた高額当せんを狙える
バラのメリット 金額は低いが何等かは当たりやすい

 

宝くじを買う時は、それぞれのメリットを把握したうえでどちらをどのくらい買うかよく考えましょう。

「10億円当てたい」「とにかく一獲千金を狙いたい」といった明確な目標があるなら連番で買うのが最も望みを叶える買い方。

 

ですが、そうでないなら連番とバラを組み合わせるほうが、さまざまな順位に当せんするチャンスが広がるのでおすすめです。

宝くじで高額当せんした人は、どの人も自分なりの「連番とバラの購入バランス」にこだわりを持っている人ばかり。

 

自分がどんな風に当せんを果たしたいのか、よく考えて自分なりのバランスを決めてくださいね。

 

宝くじの種類によってはクイックピックも適度に活用する

 

5つめの買い方は、適度なクイックピックの活用です。

クイックピックとは、コンピューターがランダムで数字を選んでくれる宝くじの買い方のことです。

 

年末ジャンボ宝くじなどでは採用されておらず、ロトやナンバーズといった「数字選択式宝くじ」で選ぶことができます。

クイックピックを選ぶメリットは次の2点です。

 

クイックピックを選ぶメリット
  • 忙しい人でも継続して宝くじを買いやすくなる
  • 数字の偏りが少なくなること

     

    自分で数字を選ぶ宝くじは楽しみもありますが、忙しいとなかなか数字を決める時間すらなくなりますよね。

    そんなとき、クイックピックなら宝くじの「クイックピック」の欄にチェックを入れるだけ。

     

    あとは数字を選んでくれるので、忙しい人でも宝くじを買い続けることができます。

    また、ロトやナンバーズでは、できるだけいろいろな数字の組み合わせを作ることが当せん確率をあげるために大事なポイントです。

     

    ですが、自分で数字を選ぶとなると、無意識になじみのある数字を選びがちになります。

    例えば、誕生日・電話番号・住所の番地など毎回違う数字を選んでいるつもりでも、いつも入れている数字が無意識で出てくるんですね。

     

    クイックピックならコンピューターが完全ランダムで数字を選ぶため、無意識の数字の偏りが減っていきます。

    ロトやナンバーズでなかなか当せんしないときは、クイックピックを活用してみると当せんの道が開けるかもしれませんよ。

     

    家族・親戚・仲の良い友人と共同で購入する

    家族・親戚・仲の良い友人と共同で購入する

     

    6つめの買い方は、家族や親戚、仲の良い友人と共同で宝くじを購入することです。

    共同で宝くじを購入するメリットは、宝くじに充てる金額が増えるということ。

     

    自分1人よりも資金を出す人が多くなればなるほど、宝くじが多く買えますよね。

    その結果、当せんの確率もアップするというわけです。

     

    ただ、いくら仲の良い家族や友人であっても、大金が絡むと思わぬトラブルに発展することがあるので注意してください。

    共同購入する際は、宝くじの買い方や保管方法、当せんした際の当せん金の分配方法などをしっかりルールとして定めておきましょう。

     

    当せんしてからどう分配しようか話し合うと、揉めるのは目に見えていますよね。

    ちなみに、「宝くじ公式サイト」ではジャンボ宝くじ・全国共通宝くじの2種類のネット購入に限り、共同購入サービスを用意しています。

     

    誰が何枚宝くじを購入したかの記録も残るのがメリットです。

    しかも、購入した宝くじの枚数に応じて「宝くじ公式サイト」が分配率を提示してくれます。

     

    できるだけトラブルを避けて共同購入をしたいという人は、ぜひ「宝くじ公式サイト」の共同購入サービスを利用してみてくださいね。

     

    縁起のいい日に購入するよう心がける

     

    7つめの買い方は、縁起のいい日に宝くじを購入するということ。

    宝くじ高額当せん者は、宝くじを買う日にも気をつけています。

     

    縁起のいい日というのは、いわゆる「吉日」と呼ばれるものです。

    昔から日本人は「大安の日に結婚式を挙げる」「仏滅に大きな動きはしない」など、吉日を意識して生活をしてきました。

     

    吉日はカレンダーや手帳に記載されていることもありますし、ネット上でも調べることができます。

    縁起のいい日の中には、「天赦日」や「一粒万倍日」といった「さらに縁起の良い日」というのがあります。

     

    年にそう何回もない日だから、余計にゲン担ぎにはぴったりですよね。

    最近では、天赦日や一粒万倍日の日に宝くじ売り場にのぼりが出ることも増えてきました。

     

    いつも何となく宝くじを買っているという人は、縁起のいい吉日を意識して宝くじを買うようにしましょう。

     

    運気アップのサインがあったタイミングで購入する

    運気アップのサインがあったタイミングで購入する

     

    8つめの買い方は、運気アップのサインがあったタイミングで宝くじを購入することです。

    人生には良いことも悪いこともあるのが当たり前で、運気は波のように入れ替わります。

     

    運気が良いときというのは、自分の願ったことを引き寄せやすいとき。

    「宝くじを当てたい」といった強い思いが叶いやすくなるんですね。

     

    自分の運気の流れを感じ取り、運気が上昇しているときに宝くじを買うと当せん確率はグッとアップするでしょう。

    運気アップのサインはいろいろありますが、宝くじ高額当せん者に共通していたのは「宝くじが当たるとされる夢」を見たということです。

     

    例えば、虫歯が抜ける夢・亀が出てくる夢・蜂が出てくる夢などは一般的に吉夢で宝くじが当たる夢と言われているもの。

    やけに夢の内容が印象に残っているときは、宝くじを買いに行くベストタイミングかもしれません。

     

    また、運気がアップしているときは、体調も良くポジティブに過ごせているときです。

    そんな運気アップのサインを見逃さず、宝くじを購入するきっかけとして生かしてくださいね。

     

    宝くじに絶対当たりたい人が気をつけるべきこと!日頃の習慣も大切

    宝くじに絶対当たりたい人が気をつけるべきこと!日頃の習慣も大切

     

    宝くじを当てるためには日頃の習慣も大切です。

    ここからは、宝くじの高額当せん者も気をつけているポイントを5つ紹介していきましょう! 

     

    宝くじに絶対当たりたい人が気をつけるべきこと
    • はずれくじ供養を積極的に行う
    • 宝くじの結果に一喜一憂しない
    • 常にポジティブに考える癖をつける
    • 周囲の人々とのつながりを大切にする
    • 開運行動をとる

     

    はずれくじ供養を積極的に行う

     

    1つめのポイントは、はずれくじの供養を行うということです。

    高額当せん者は、たとえはずれくじであっても粗末に扱いません。

     

    当たらなかったくじも「縁があって自分のもとに来た」と考えているためです。

    そのため、すぐにゴミ箱に捨てるようなことはせず、きちんと供養をしてから処分をしています。

     

    はずれくじの供養で有名なのは、東京にある宝禄稲荷神社で供養してもらう方法。

    宝禄稲荷神社は別名「宝くじ神社」と呼ばれるほど宝くじやギャンブルにご利益のある神社です。

     

    境内でお参りする際に一緒に外れくじを供養できますよ。

    たとえ宝くじが外れてもしっかり神様の前で感謝の気持ちを伝えることで、宝くじの縁は繋がれていきます。

     

    次回当せんを引き寄せやすくなるでしょう。

    ただ、人によっては「東京まで遠くて行けない」という人もいますよね。

     

    そんな人は、自宅でできる方法ではずれくじを供養しましょう。

    半紙などの白い紙と塩を用意するだけで、簡単にできますよ。

     

    1. はずれくじを白い紙にのせる
    2. 塩をふりかける
    3. はずれくじを白い紙に包む
    4. 「ありがとうございました」と言いながら捨てる

     

    感謝の気持ちを伝えるのは、高額当選の夢を見させてもらったことに対してです。

    どんなときもポジティブな気持ちを忘れないでいると、運気は上昇し当せんを引き寄せやすくなります。

     

    穢れを払い清める効果のある塩を使い、よりしっかりと供養しましょう。

     

    宝くじの結果に一喜一憂しない・宝くじに執着しすぎない

    宝くじの結果に一喜一憂しない・宝くじに執着しすぎない

     

    2つめのポイントは、宝くじに執着しすぎないということです。

    宝くじの結果に一喜一憂していては、なかなか当せんを引き当てることはできないでしょう。

     

    なぜなら、宝くじを当てることにだけ執着していると宝くじを買うことが義務になっていくため。

    宝くじが外れたときのショックも大きくなり、これでは何十年も宝くじを買い続けることはできません。

     

    宝くじで高額当せんしている人は、そもそも宝くじを買うこと自体を趣味や日課にしている人なんです。

    もちろん宝くじが当たれば嬉しいですが、当たらなかったとしてもそこまで落ち込まずに、また買い続けることができています。

     

    宝くじが当たればラッキー、当たらなくても「まあいいか」と受け流すという姿勢です。

    もしも本当に宝くじを当てたいなら、まずは宝くじに対する執着を捨てることが大切です。

     

    常にポジティブに考える癖をつける

     

    3つめのポイントは、常にポジティブな考えを持つということです。

    宝くじを当てるためには、運気アップのサインを見逃さないことが大事と紹介しました。

     

    ですが、そもそもの考えがネガティブだったり愚痴や悪口ばかり言っていると、いつまで経っても運気が上がることはありません。

    生きていれば良いことばかりでなく、辛いことやアンラッキーなことが起こるのが当然です。

     

    ただ、そんなときでもできるだけポジティブ思考でいることを高額当せん者は意識しています。

    人の気持ちは意外と単純なところもあって、大変なときも「きっと大丈夫」とポジティブ思考でいれば本当に気持ちが軽くなってくるんです。

     

    自分自身がプラスのエネルギーで満たされれば、それに引っ張られるように良い運気がどんどん舞い込んでくるもの。

    宝くじの高額当せんという願いも引き寄せることができますよ。

     

    周囲の人々とのつながりを大切にする

    周囲の人々とのつながりを大切にする

     

    4つめのポイントは、周囲の人々とのつながりを大切にすることです。

    宝くじの高額当せん者は、常に周囲の人に感謝の気持ちを持つことを忘れません。

     

    困っている人がいれば助け、反対に助けてもらったらきちんと感謝を伝えているんです。

    どれもささいなことですが、そうやって周囲を大切にする人は周囲からも大切に扱われます。

     

    すると人はどうなるでしょうか。

    「自分は大事にされている」と自己肯定感が高まり、プラスのエネルギーで満たされるようになるんです。

     

    いわゆる「運がいい人」というのは、自分自身で運をつかむだけのエネルギーを持っている人。

    周囲の人とのつながりを大切にすることは自身のエネルギーを高めることにもなるので、結果的に宝くじの当せんも引き寄せられるのでしょう。

     

    開運行動をとる

     

    5つめのポイントは、開運行動をとることです。

    宝くじを当てるには運も必要なことを分かっているから、高額当せん者は無理のない範囲で開運のための行動を取っています。

     

    例えば、次のような行動ですね。

     

    おすすめの開運行動
    • 財布をその年や自分のラッキーカラーに
    • 家の中はいつも清潔にする
    • 家は風通しをよくしておく
    • タオルは3年経ったら新しいものと交換
    • 氏神様がいる神社に定期的に参拝する

       

      一粒万倍日など、縁起がいい日を選んで宝くじを購入するというのも、開運行動のひとつですね。

      開運行動をとることは、日々の生活を丁寧に過ごすことにもつながります。

       

      停滞している運気を動かすきっかけとして、できることから開運に向けて行動をとっていきましょう。

       

      どうしても宝くじを当てたい人は参考にすべし!当せん者の体験談

      どうしても宝くじを当てたい人は参考にすべし!当せん者の体験談

       

      宝くじで当せんを引き当てた人の声は、何よりのモチベーションアップにつながるものですよね。

      そこで、実際に高額当せんした人の体験談を紹介していきます。

       

      ・土を掘る夢を見たら

      「ジャンボ宝くじ30年目を記念して発売された <ミリオンドリーム> を買って、抽せん日を心待ちにしていた沖縄県の会社員、Y.Sさん(24才)。ふだんはあまり夢をみないのですが、ちょうど抽せん日の夜、「自分が土を掘っている」という不思議な夢をみました。

       

      翌朝、待ちに待ったミリオンドリームの当せん番号を調べると、なんと1等に当せんで、お見事、100万円獲得。その後、人から「土を掘る夢は財産を得る意味」と言われたそうで「あの夢は当せんのお告げだったのでしょうか」と、喜びを語っていました。」

       

      ・優しい心が射止めた?当選

      「子供たちが独立して夫婦だけの生活になったいま、楽しみはなんといっても宝くじ」という大阪府の主婦、M.Eさん(58才)。とくにジャンボ宝くじは毎回、意気込んでチャレンジしています。いつも決まった売り場で購入していましたが、年末ジャンボ購入時に、初めてもう1カ所、別の売り場でも買い足しました。そこは、駅前のボックス型売り場で「寒いだろうに健気に売っている様子が、なぜか気になった」のだそうです。肝心の結果は、買い増しが成功したというか、優しい心が勝利を射止めたというか、あとから買った宝くじの中に、2等1億円の大当たりがあったのでした。」

       

      ・気が合う人と共同購入

      「大阪府の主婦、A.Iさん(30才)の幸運のきっかけは、結婚して入居したマンションで、同年代の友人と出会ったこと。

      「気が合ってあれこれ話しているうちに、いっしょに宝くじを買いましょうということになった」そうです。

      ジャンボ宝くじが発売されるたびに、ふたりで30枚ずつ共同購入。

       

      そして5年目、ドリームジャンボで3等1, 000万円という幸運を射止めました。「当せんの秘訣は、出会いを大切にすること」というコメント、説得力がありますね。」

       

      まとめ

      まとめ

       

      今回はどうしても宝くじを当てたいという人のために、宝くじが当たるおすすめの買い方をまとめました。

      以下が記事のまとめです。

       

      この記事のまとめ
      • 絶対当たる買い方はない 
      • 高額当せん者が実践する購入方法はある 
      • 少額で継続して購入するのがおすすめ 
      • 結果に一喜一憂せずはずれくじも供養 
      • ポジティブに考え開運行動をとる

       

      宝くじを買うなら誰もが一度は夢みる「高額当せん」。

      残念ながら必ず当たる宝くじの買い方はありませんが、高額当せん者の買い方を真似するだけで高額当せんの夢はグッと身近になります。

       

      まずは、コツコツと無理のない範囲で宝くじを買うことから始めていくのがコツ。

      縁起のいい吉日を選び、継続して購入して当選を目指しましょう。

       

       

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!
      目次