MENU

宝くじには当たらないからくりがあるって本当?関係者しか当たらないのか徹底解説

宝くじには当たらないからくりがあるって本当?関係者しか当たらないのか徹底解説

「宝くじには当たらないからくりがあるって本当かな?関係者しか当たらないのか知りたい!」

 

宝くじには当たらないからくりがあり、関係者しか当たらないという噂を聞いたことがありませんか?

そのため、なかなか宝くじが当たらない人は、このような疑問を持っていることでしょう。

 

  • 宝くじには当たらないからくりがある?
  • 宝くじは関係者しか当たらない?
  • 関係者以外の高額当選者はいる?

 

そこで本記事では「宝くじには当たらないからくりがある」という噂の真相を徹底解説していきます。

噂の真偽が分からず購入を踏みとどまっている人や、これから宝くじを購入しようと思っている人は本記事をぜひ最後までチェックしてくださいね。

 

目次

宝くじには当たらないからくりがあるという噂は本当?

宝くじには当たらないからくりがあるという噂は本当?

 

結論からお伝えすると「宝くじには当たらないからくりがある」という話は本当ではありません。

「関係者しか当たらない」「当せん金は管理されている」といった噂も同様です。

 

公平性を感じないことを理由にヤフー知恵袋などにも宝くじ運営側の不正を疑う投稿が多く寄せられていますが、いずれも噂の域を過ぎないでしょう。

実は、宝くじは日本人の6人に1人が購入していると言われています。

 

買う人の割合は大きいにもかかわらず、周囲に高額当せんを出した人がいないため噂は本当ではないかと思うこともあるでしょう。

そこで、このような噂が生じたワケや真偽にまつわるエピソードをまずチェックしていきます。

 

そして宝くじを購入する際のNGポイントを知って人生をガラッと変えるような高額当せんを狙いましょう!

 

宝くじには関係者しか当たらないのか徹底解説!

宝くじには関係者しか当たらないのか徹底解説!

 

「宝くじには当たらないからくりがある」「関係者しか当たらない」といった声があとを絶ちません。

しかし、そもそも宝くじは不正行為ができない仕組みとなっています。

 

例えば、ジャンボ宝くじなどの普通宝くじは「電動風車型抽せん機」もしくは「電動撹拌式遠心力型抽せん機」によって抽せんが行われる仕組みです。

「電動風車型抽せん機」は、09の数字がついた風車版に矢を差して番号を決めます。

 

そして、「電動撹拌式遠心力型抽せん機」は各数字が書かれたボールを機械から落として番号を決めるという方法です。

いずれも完全自動で抽せんが行われるため、不正のしようがありません。

 

宝くじの抽せんは第三者を介入しているほか、一般の人も現場や配信で様子を観覧できるので実際に見たことがある人もいるのではないでしょうか?

大勢の人がいる中で不正をはたらくことは、まずできないと考えてよいでしょう。

 

プログラミングの不正を疑う人もいるかもしれませんが、動いている数字を意図的に選んで出すことも不可能と言えます。

以上のことから、「宝くじには当たらないからくりがある」「関係者しか当せんしない」といった話は真っ赤な嘘なのです。

 

ただ、内部の人間であれば、抽せんを終えたあとに当たりの宝くじを容易に入手できそうですよね。

確かに一般の人からすれば、販売員を始めとする関係者は手元に余った宝くじを自由に手に入れられそうなイメージがあるでしょう。

 

しかし、余った宝くじは抽選日前日にシュレッダーをかけてすべて破棄される仕組みとなっています。

つまり当たりの宝くじが売場に残っていたとしても、誰かが手にすることはできないのです。

 

また、宝くじは利益が出ない仕組みになっていることをご存知でしょうか?

宝くじの販売枚数を考えると膨大な利益が出ている印象ですが、売上で得られた収益は地方自治体の公共事業費に充てられています。

 

地域ごとに、図書館や公園などの設備に使われていると考えてよいでしょう。

また、「宝くじ号」などと書かれた医療法人や社会福祉法人の車が、街中を走っているのを目にしたこともあるかもしれません。

 

これらは、日本宝くじ協会が寄贈した車なのです。

もし関係者に当たるからくりがあったとしたら、地域へ割り当てるはずの収益が激減してしまって不都合ですよね。

 

内部リークなどで不正が明るみになると、自治体だけにとどまらず国レベルの問題になるため悪事ははたらきにくいとも考えられます。

宝くじの関係者にだけ当たる仕組みがあったところで、得をする人は誰もいないと言えるでしょう。

 

宝くじにからくりがある・関係者しか当たらないと言われるのはなぜ?

宝くじにからくりがある・関係者しか当たらないと言われるのはなぜ?

 

ここまで宝くじにはからくりや不正の事実などなく、公平かつ厳正な抽選が行われていることをお伝えしました。

では、どうして宝くじの不正を疑うような噂が飛び交っているのでしょうか?

 

「宝くじには当たらないからくりがある」「関係者しか当たらない」と囁かれる3つの理由を紹介します!

 

宝くじにからくりがあるといわれる理由
  • 必ず運営元が儲かるシステムだから
  • 還元率が法律で定められているから
  • 高額当せんの確率が非常に低いから

 

必ず運営元が儲かるシステムになっているから

 

からくりがあると噂されてしまう理由として、宝くじのシステムがあります。

購入者が多いわりに当せん本数や金額が少ないことから、「何かからくりがあるのではないかと」考える人が多いようです。

 

確かに1300円の宝くじで、高額当せんを狙うのは至難の業だといえますよね。

ですが実際のところ、宝くじはもともと利益が出ない仕組みになっているのです。

 

その理由は先ほども紹介した通り、収益が全国都道府県と20の指定都市に分配されているため。

具体的には収益の約50%が当せん金に充てられ、約40%が販売元である自治体に納められています。

 

つまり、宝くじで購入資金をすべて回収するのはまず不可能なのです。

「宝くじで儲けてやろう」というよりは「宝くじで一攫千金を狙おう」「当たればラッキー」という心構えで購入するのがいいかもしれませんね。

 

還元率が法律で定められているから

還元率が法律で定められているから

 

宝くじは還元率が法律で定められているというのも、からくりがあるといわれる理由です。

還元率とは、利用金額に応じたリターン率のこと。

 

例えば還元率が5%である場合、1000円の支払いに対するリターンは50円ということになります。

この考え方をもとに、宝くじの還元率を見てみましょう。

 

仮に数枚~数百枚の購入枚数で13億円の宝くじが当たった場合、還元率は当然100%を超えますよね。

しかし、宝くじの還元率は法律で「50%以下」と定められています。

 

天文学的な確率で高額当せんを当てるケースを除き、確率論だけで言えば購入した時点で購入金額の半分以上は損になることが確定しているのです。

 

高額当せんの確率が非常に低いから

 

高額当せんの確率が大変低いという点も、からくりがあるといわれる理由です。

宝くじは関係者にしか当たらないという噂が嘘だとしたら、周りに1人くらい高額当せんを果たした人がいてもおかしくありませんよね。

 

確かにリアルな当せんエピソードがなければ、宝くじは公平だと信じられないのも無理はないでしょう。

しかし実際のところ、宝くじで億を超えるような当せん金額を出すのは至難の業。

 

宝くじの1位の当せん確率は、なんと約2,000万分の1という極めて低い数字であるためです。

ちなみにロト7は約1,029万分の1BIGは約480万分の1totoは約160万分の1と言われています。

 

そして1200円から購入でき、当せん金がそこまで高額ではないスクラッチについても1位の当せん率は約1万分の1

これらの確率を見ると、1位を当てるのがいかに難しいことであるか理解してもらえるのではないでしょうか?

 

高額当選者にしかもらえない冊子があることからも、本当にレアなことだとわかりますよね。

「宝くじには当たらない」は嘘!関係者以外の高額当せんエピソード

「宝くじには当たらない」は嘘!関係者以外の高額当せんエピソード

 

ここまで宝くじに関する真実をお伝えしてきましたが、きっと中には宝くじの仕組みをまだ信用しきれていない人もいるでしょう。

そこで、実際に高額当せんを果たした人たちのエピソードを4つ紹介します。

 

いずれも関係者以外のリアルな話ですので、ぜひ覚えておいてくださいね!

 

  • 兵庫県Tさん(68歳)

駅前で販売員が大きな声を出して「春爛漫くじはあと40枚で完売です」と呼びかけていたところに遭遇した、仕事帰りのM.Tさん。

直感的に、残りくじすべてを購入して帰ろうという気になったそうです。

 

その結果、M.Tさんは見事2等の100万円に当せんしました。

嬉しさはもちろんのこと、当せんを知った瞬間「残り物には福がある、とはこのことなんだ」と感心したそうですよ。

 

  • 千葉県Mさん(66歳)

毎年ジャンボ宝くじだけは、欠かさず購入するというMさん。

普段はバラで数十枚ずつ購入するのですが、ある年に「1等と3番違い」というかなり悔しい経験をしたそうです。

 

その時Mさんは「次回からは絶対に連番も買うようにしよう」と決意しました。

次の機会であったグリーンジャンボで、バラだけでなく連番も30枚購入したところ、2等の1,000万円に当せんしたのです。

 

当たったのは連番購入した宝くじだったため、自分の判断は間違っていなかったと嬉しく思ったとのことでした。

その後Mさんは、4等と5等にも当せんするという快挙を成し遂げましたよ。

 

  • 広島県Kさん(35歳)

ある日Kさんのもとに、友人から1本の電話がありました。

「高額当せんが出た宝くじ売り場に今来ているんだけど、せっかくだからKさんの年末ジャンボも何枚か買っておこうか?」という内容。

 

Kさんは良い機会だと思い、連番で20枚代理購入してもらうことにしました。

その結果、なんと1等・前後賞合わせて3億円という高額当せんを実現したのです。

 

友人からの1本の電話が、Kさんの人生を変えるような出来事へと導いてくれたのでした。

とにかく友人に対する感謝の気持ちでいっぱいで、幸運のタイミングはどこに転がっているかわからないなと感じたようです。

 

  • 千葉県Tさん(76歳)

T.Tさんはジャンボ宝くじのファンで、いつも1人で複数枚購入しては当せん発表の日を楽しみにしています。

そんなT.Tさんですが、ある年のサマージャンボの時期は、自分たち夫妻の金婚式が近いということで2人の娘も交えて4人でグループ購入。

 

偶然にも、親戚が集まって金婚式のお祝いをする日が抽せん日となっていました。

しかし当日はバタバタしており確認ができず、翌日夫婦で記念旅行へ出かけて帰宅したのちに当せん番号をチェック。

 

すると、2等の1億円に当せんしていたのです。

まさにT.Tさん夫妻を祝うかのような、最高のタイミングですよね。

 

当せん金を使って娘夫婦宅の近くにセカンドハウスを購入することを決めたそうで、家族の絆をより深めることにも繋がった素敵なエピソードなのでした。

このように、宝くじは一般の人も当たるような公平な仕組みとなっています。

 

今回紹介したのはほんの一握りですが、いずれも素敵なエピソードですよね。

不正はない、誰にでもチャンスはあると信じて行動することで、あなたも高額当せんという天からの素敵なプレゼントを手に入れられるかもしれませんよ。

 

「宝くじは当たらない」と言っているひとに共通するNGポイント

「宝くじは当たらない」と言っているひとに共通するNGポイント

 

一般の人の中にも実際に高額当せんを実現している人がいる一方で「自分はどうして当たらないのかな」と悲しい気持ちになってしまうこともあるでしょう。

あるいは、宝くじにはからくりがあるからだと疑ってしまっている人もいるかもしれません。

 

宝くじがなかなか当たらない人には、実は共通するポイントがいくつか存在します。

10NGポイントを紹介しますので、ご自身に当てはまるものがないかぜひ確認してみてくださいね!

 

「宝くじは当たらない」人のNGポイント
  • コンスタントに購入していない
  • たまに宝くじを大量に買う
  • 連番とバラの割合に偏りがある
  • 「いつも買う定番の売り場」がない
  • 高額当せんに依存・執着している
  • 人を妬んだり恨んだりしている
  • ケチで他人に対して不親切なことがある
  • 風水を信用していない
  • 神様を信じず、神社にお参りをしていない
  • 金運アップの前兆を知らない

 

宝くじをコンスタントに購入していない

 

宝くじをコンスタントに購入していない人は、どうしても当たりにくくなってしまいます。

あなたは宝くじを定期的に購入しているでしょうか?

 

それとも、売場の近くを通るなどして思い立ったタイミングだけ買うようにしていますか?

もしも不定期な購入ならば、今後はぜひ定期的な購入をするようにしてみてください。

 

宝くじ公式サイトに掲載されている「宝くじ当せん者レポート」を見てみると、実際に高額当せんを実現したのは何十年も買い続けているひとばかりです。

20年や30年買い続けているという人もたくさんいます。

 

中には50年以上コンスタントに購入して、やっとの思いで高額当せんを果たしたという人もいるんです。

もちろん、何十年も買い続けたからといって必ずしも高額当せんを出せるとは限りません。

 

しかし、宝くじでビギナーズラックのような経験をした人はほぼいないのです。

長期戦になることを覚悟した上で、生活を圧迫しない範囲の予算を使って宝くじを買い続けてみてはいかがでしょうか。

 

たまに宝くじを大量に買う

たまに宝くじを大量に買う

 

前項に続く内容でもありますが、その時のお財布事情や気分で購入枚数に大きな変動があるのもNGポイントの一つ。

例えば、ボーナスをつぎ込んで宝くじを大量に買うなどですね。

 

確かにまとめて購入した方が高額当せんのチャンスに触れられそうな印象がありますが、1等や2等の当せん確率は極めて低いものです。

一攫千金を狙って、大量に購入するのはおすすめできません。

 

30万円を1回のチャンスにつぎ込むよりは、複数回の宝くじ購入に平等に割り振った方が当せんの可能性が分散されるのでおすすめですよ。

 

購入ペースだけでなく、枚数もなるべくムラのないように気をつけましょう。

 

連番とバラの割合に偏りがある

 

意外と多いのが、連番とバラに偏りがあったりどちらかのみ購入したりするケースです。

自分のポリシーでどちらかに絞るのは構いませんが、組み合わせにこだわりがないからといってその場の気分で適当に買うことはおすすめできません。

 

連番とバラにはそれぞれ特徴があり、連番は1等前後賞を含む高額当せんを狙いやすい傾向があります。

一方でバラは、当せん金額が低いものも含めると当たる確率はアップしやすいでしょう。

 

つまり「どうしても1等を当てたい」という強い意志があれば、連番で複数枚購入するのがおすすめです。

高額当せんだけに重きを置いていないのであれば、連番とバラを組み合わせることで当選確率自体はグッと高まるでしょう。

 

「いつも買う定番の売り場」がない

「いつも買う定番の売り場」がない

 

あなたはいつも、決まった売り場で宝くじを購入しているでしょうか?

宝くじになかなか当たらない人は売り場にこだわりがなく、アクセスのしやすさや思い付きだけで購入するという特徴があります。

 

確かに宝くじ売り場は全国に1,500か所近くあるため、特にこだわりなく買いに行ってしまうこともあるでしょう。

しかし宝くじで高額当せんを狙いたいのであれば、当たりがよく出る宝くじ売り場で購入をすべきです。

 

当選率自体は売り場ごとの違いがなくとも、当たりが頻発している売り場は販売枚数が多いため当たりくじに遭遇できるかもしれません。

高額当せん者が出ている売り場は、「1等が出ました!」などのPOPが貼っていることもありますよね。

 

運だといってしまえばそれまでですが、願掛けをするという意味でもしっかりとリサーチを重ねて高額当せんの出た売り場で購入するのがよいでしょう。

少し遠方あるいは人通りの多いエリアに位置する売り場だとしても、実際に当たりが出た売り場には強い運気が紛れているはずですよ。

 

宝くじの高額当せんに依存・執着している

 

宝くじはコンスタントに購入するのがよいとお伝えしましたが、高額当せんに依存・執着することと決して同義ではありません。

「どうしても高額当せんしたい!」とこだわり過ぎるのはNGなのです。

 

強い望みに向かって行動するのはもちろん良いことですが、一獲千金を手にすることだけを考えていると外れた時のショックが人一倍大きくなります。

次こそ当てたいと、大金をつぎ込んでしまうことも。

 

最悪の場合、ギャンブルのような感覚で宝くじを買うようになって生活を圧迫してしまう可能性もあるでしょう。

幸せを掴むための宝くじが、自分自身を苦しめるものとなっては元も子もありませんよね。

 

あらかじめ決めた予算の範囲内で「当たればラッキー」という気持ちを持って購入することが大切ですよ。

宝くじを一つの趣味と捉えて、生活の傍らで楽しむようにしてくださいね。

 

人を妬んだり恨んだりしている

人を妬んだり恨んだりしている

 

宝くじになかなか当たらない人の中には、他人を妬んだり恨んだりする性格の持ち主もいます。

確かにお金を使って購入した宝くじが外れて、ただの紙切れになってしまうとイライラする人もいるでしょう。

 

高額当せんエピソードを見るたびに「どうして自分は当たらないんだ」と恨めしい気持ちになる人もいるかもしれませんね。

しかし前半でもお伝えした通り、1等を当てられるのは極めて低い確率です。

 

高額当せんに繋がる強い運気を呼び込む必要があるため、他人を妬むなどして心に余裕がない状況では実現できるはずもないでしょう。

まずは自分の中にたちこめる、負のエネルギーを断ち切ることが重要です。

 

高額当せんエピソードを見た時に「いいな、自分もこうなりたいな」とポジティブ思考がはたらくようになれば、きっと運気も上昇していくはずですよ。

宝くじが外れたからといって、運が悪い人ではありません。

 

たとえ当たらなくても「自分は冴えない」「アンラッキーだ」などと思いこまないようにするといいですね。

 

ケチで他人に対して不親切なところがある

 

ケチな性格で、他人に不親切な人も宝くじでなかなか当たらない傾向があります。

他人を思いやる気持ちがない人や不親切な人のところに、良い運気が舞い込むとは思えませんよね。

 

先ほど「友人の誘いに乗ったら3億円の高額当せんを果たした」というエピソードを紹介しました。

当たったのは声を掛けられた側の人ではありましたが、こうした思いやりがあれば自分自身だけでなく周りの人にも良い運気がやってくるのです。

 

当せんした人は友人に感謝しているとのことだったので、恐らく何らかのお返しはしたのではないでしょうか。

他人に親切にする習慣がある人の元には、いずれ良いことが返ってくるものですよ。

 

宝くじの購入に限らず、困っている人がいたら助けるというマインドがあるといいですね。

 

風水を信用していない

風水を信用していない

 

風水や占いといった目に見えないものを信用しないことも、当たらない人に共通するポイントの一つ。

宝くじの1等に当せんする確率は約2,000万分の1であり、一筋縄では当てることができません。

 

そんな極めて低い確率を信じて宝くじを購入する人が、風水や占いを信じないというのは不思議な話ではないでしょうか?

自分が持つ運気だけでなく、風水などの力を借りることによって当たりを引き寄せやすくなるでしょう。

 

まずは、ネットや雑誌に掲載されている「宝くじが当たる風水」を試してみることからぜひ始めてみてください。

室内をいつも清潔かつ風通しの良い状態にしたり、ラッキーカラーの財布を身につけたりするのも風水的におすすめです。

 

水回りをきれいにすることも忘れずに行いましょう。

部屋がいつもきれいなら、気持ちも清々しくなってポジティブになっていくもの

 

もちろん冗談半分の軽い気持ちでは期待通りの効果が得られませんので、気持ちを込めて取り組むことが大切ですよ。

 

神様を信じず、神社にお参りをしていない

 

風水とあわせて実践してほしいのが、神社への定期的なお参りです。

理由は先ほどと同じで、神様の存在を信じていない人が奇跡的な確率の高額当せんを果たせるわけがありません。

 

できれば休日などを利用して、金運や宝くじにご利益がある神社を訪れるのがおすすめです。

気持ちを込めて参拝し、神様の力を借りて高額当せんのチャンスを引き寄せましょう。

 

金運アップの前兆を知らない

金運アップの前兆を知らない

 

金運アップの前兆を知らずに生活していると、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。

事前に前兆やサインをチェックしておきましょう。

 

金運が上昇している時に見られることの多い、代表的なサインは以下の通りです。

 

金運上昇のサインや前兆
  • 予想外の出費がある
  • 不運な出来事が立て続けに起こる
  • 大切な人との別れを経験する
  • これまでと趣味趣向が変わる
  • 手相の金運線が赤くなる
  • 神社の夢や血の夢を見る
  • 白蛇の夢をみる
  • 虹を見かける

     

    ほかにもスピリチュアルなものでいえば、昔の知人や恋人と再会したりエンジェルナンバーを頻繁に見かけたりするといった出来事が挙げられます。

    上記のいずれかあるいは複数の出来事を経験した場合は、金運が高まっている大きなチャンスです。

     

    忘れずに宝くじを購入して、高額当せんを狙いましょう。

     

    宝くじを当てるためにはNGポイントの改善が必須!

    宝くじを当てるためにはNGポイントの改善が必須!

     

    あなたは、これまで紹介した10NGポイントにいくつ当てはまっていましたか?

    宝くじで高額当せんを実現するためには、NGポイントを一つずつ改善していく必要があります。

     

    高額当せん者の習慣も参考にしながら、良い運気を引き寄せられる自分になれるよう考え方や行動をぜひ変えてみてください。

    さらに高額当せん者の生活習慣についてネットなどで調べて、丸ごと真似てみるのもいいかもしれませんね。

     

    目には見えない神様やエネルギーの力も相まって、一獲千金のチャンスを掴むことができるはずですよ!

     

    まとめ

    まとめ

     

    今回は、宝くじには当たらないからくりがあるという噂は本当なのか、関係者しか当たらないのかということについてお話ししました。

    以下が記事のまとめです。

     

    この記事のまとめ
    • 宝くじに当たらないからくりはない
    • 関係者しか当たらないのも迷信
    • 不正ができない仕組みになっている
    • 当たらない人共通のNGポイントがある
    • 高額当選者の習慣を参考にするとよい

     

    宝くじに当たらないからくりはなく、関係者しか当たらないという話は迷信です。

    不正を疑うようなネガティブ思考の人が、確率の極めて低い高額当せんのチャンスを手にするのはなかなか難しいですね。

     

    まずは本記事で紹介したNGポイントに、自分がいくつ当てはまっているかチェックしてみてください。

    そして高額当せん者のエピソードや習慣を参考にしつつ、自分の考え方や行動をぜひ変えてみてくださいね!

     

     

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次