このページの先頭
せんがわ劇場

  Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方

今後の公演一覧

本日以降の公演を表示中

ジャンル: 公演種別:

音楽貸し館

東京室内歌劇場 せんがわ劇場 スペシャル3days! オペラ北斎~漫字幻想尽~

■公演日程  2019年6月28日

浮世絵師「葛飾北斎」と同じく浮世絵師であった娘「葛飾応為」を題材にした新作オペラ。「あと十年、いや、後五年生かしてくれ。そうすれば、まことの絵描きになってみせる」と、90歳の死の間際まで、画の道を追求した北斎。残された応為は、北斎が見ていた風景を追う旅に出ます。北斎がこの世に遺した漫画、絵手本、浮世絵たちが画から飛び出し、応為にそして、あなたに語りかけます。「歌が絵になる、絵が歌になる」舞台をどうぞお楽しみ下さい。

音楽貸し館

東京室内歌劇場 せんがわ劇場 スペシャル3days!オペラモーツアルト 後宮からの誘拐

■公演日程  2019年6月28日

~ハイライト公演~日本語台詞・言語歌唱字幕付き

青年貴族ベルモンテは召使ペドリロと、海賊にさらわれた恋人を救出に向かう。
その場所は、何とトルコの後宮!ベルモンテの恋人コンスタンツェは後宮の太守に、ペドリロの恋人ブロンデは番人オスミンに気に入られ、男達は気が気でならない。
彼らは、恋人を後宮から救いだせるのか?また、ベルモンテと太守の驚きの因縁の結末は⁉
台詞は日本語でわかりやすくまとめ、歌唱はドイツ語で本格的な音楽を!
ジングシュピール(歌芝居)オペラの金字塔、ここに開幕!

音楽貸し館

東京室内歌劇場 せんがわ劇場 スペシャル3days! ♪歌と人形劇♪

■公演日程  2019年6月29日

子どもたちに夢と笑いを、大人たちには夢と愛を!
人もお人形もみんな表現する仲間たち!「空っ風」に吹かれて、群馬県高崎市から、
子供たちに大人気の、やまねこ座のお人形たちがやって来ました。初めてのせんがわ劇場に、お人形たちはわくわくドキドキ。
親分のねこさんが言いました。「大丈夫だんべ。モンゴルまで行った俺たちだニャ」
四姉妹のような人間たちはそわそわヒヤヒヤ。
「私たちよりも可愛いのかしら...」さあ、ねこさんたちと3人のソプラノの初めてで楽しい共演のはじまり、はじまり...!

音楽貸し館

東京室内歌劇場 せんがわ劇場 スペシャル3days! ヘンゼルとグレーテルの同窓会

■公演日程  2019年6月29日

今を去ること〇年前、所属団体の垣根を超えた「ヘンゼルとグレーテル」公演で出会ったソプラノ・佐藤恵利、メゾソプラノ・中村裕美、バリトン・党主悦の三人が、久しぶりに同窓会のようなコンサートを開催いたします。
前半は懐かしい「ヘンゼルとグレーテル」の名曲を"父ペーターの語り”と共にお送りし、後半は各々得意のレパートリーで、私達の「今」、そして「これから」を聞いてて頂ければ幸いです。ピアニストは三人が絶大な信頼を寄せる松本康子さん。皆様、どうぞお楽しみに!

音楽貸し館

東京室内歌劇場 せんがわ劇場 スペシャル3days! 万年筆女子会コンサートVol,4

■公演日程  2019年6月30日

2015年春、せんがわ劇場でのオペラ「子供と魔法」の共演で出会った「万年筆を愛するオペラ歌手」5人組。以来毎年コンサートを重ね、このたび「出会いの場」せんがわ劇場に帰ってまいりました。声質も得意分野も違う5人だけれども、惹かれるものが似ている。こだわりたいものが似ている。書くことと歌うことはきっと何かが似ている。・・・そんな思いを胸に、おなじみの歌からマニアックな歌まで、ソロありアンサンブルありでカラフルにお届け歌します!

音楽貸し館

東京室内歌劇場 せんがわ劇場 スペシャル3days!にほんのうた㏌調布NO.3

■公演日程  2019年6月30日

~芸術歌曲からゲゲゲの鬼太郎まで~
にほんのうた㏌調布は、3回目を迎えました。美しい野川、緑がいっぱいの深大寺、
布多天神と、歴史を感じる調布の地でまた歌える事、とても嬉しいです。
今回も歌い継いで行きたい素敵な日本の芸術歌曲から、調布市に縁のある「ゲゲゲの鬼太郎」のアンサンブル・・・まで、豊かな自然の中で楽しく演奏したいと思います。

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME217

■公演日程  2019年7月7日

七夕コンサート
今回のサンデー・マティネ・コンサートは、七夕にちなんで「星」と「月」にまつわる珠玉のオペラコンサート!
国際派の歌手とピアニストでお届けします。

演劇劇場プロデュース公演

第10回せんがわ劇場演劇コンクール

■公演日程  2019年7月13日~2019年7月14日

『コンクールの先を考えたコンクール』

せんがわ劇場演劇コンクールは、本劇場の理念のひとつである次世代の舞台芸術活動者育成支援プログラムの出発点となるものです。2009年にスタートし、コンクール終了後もファイナリストの演劇活動を支援していく他に類のないスタイルを特徴としています。

演劇創造の基礎力、表現力、制作力、将来性はもちろん、「公共劇場で才能を伸ばしたい!」「地域に深く関わって演劇活動をしたい!」という熱いハートを持った団体を募集し、一次審査を経て、本選にすすむ6団体を決定しました。
本選では各団体が40分の作品を1回ずつ上演し、グランプリとオーディエンス賞を各1団体に、また、優れた劇作・演出・俳優に贈る個人賞を選出いたします。

入場は無料。
2日間の熱い演劇バトルをぜひご覧ください!

過去の演劇コンクールの情報は、アーカイブページをご覧ください!
過去の演劇コンクール一覧

演劇劇場プロデュース公演

第10回せんがわ劇場 演劇コンクール
7/13(土) 13:30
キュイ(東京) 『蹂躙を蹂躙』

■公演日程  2019年7月13日

人通りの少ない道沿いの家から見知らぬ男が出て来る。様子がおかしく、言葉も不自然である。その男にはじめに話しかけた通行人は、思いきり殴られ、卒倒する。男は強く、立ち向かう者たちは全員殴られ、卒倒する。男はやがて森に入っていく。懸命に探すが、見つかる気配はない。不穏な数日間が経過した後、男は突然現れる。

演劇劇場プロデュース公演

第10回せんがわ劇場 演劇コンクール
7/13(土) 15:00
世界劇団(愛媛) 『紅の魚群、海雲の風よ吹け』

■公演日程  2019年7月13日

少女は布団にもぐった。
目を開くと、そこには紅の海が広がっていた…。
2015年に創作した野外劇「紅の魚群、目劇の地図を観ろ」をリクリエーションする。
人間の根源、社会の構造、医学の不条理を描く。
音と言葉と身体で嵐を巻き起こそう。
嵐は海を駆け抜けて、雲を晴らしてくれるだろう。