MENU

傘寿はお祝いしない方がいいって本当?祝傘寿の祝いはいつするべき?

傘寿はお祝いしない方がいいって本当?祝傘寿の祝いはいつするべき?


「傘寿はお祝いしない方がいいって本当なの?祝傘寿の祝いはいつするべきなんだろう?」

 

「傘寿(さんじゅ)」は長寿のお祝いの一つで、80歳を迎えたときに行われます。

長寿大国の日本といえども、80歳まで元気に過ごせた家族や親しい人をお祝いしたいと思う人は多いはずです。

 

しかし一部では、傘寿のお祝いをしない方がいいとの声もあるので、こんな疑問を持つのではないでしょうか。

 

  • 傘寿はお祝いしない方がいいって本当?
  • 祝傘寿の祝いはいつするべき?
  • 傘寿のお祝いの方法やプレゼントは?

 

そこで本記事では「傘寿はお祝いしない方がいい」という噂の真相を徹底解説します。

傘寿に否定的な意見が多い理由や祝うタイミング、注意点なども紹介しますので、身近に80歳を迎える家族や知人がいる人はぜひ参考にしてくださいね!

 

目次

傘寿はお祝いしない方がいいって本当?縁起が悪い?理由も解説

傘寿はお祝いしない方がいいって本当?縁起が悪い?理由も解説

 

そもそも傘寿の由来は、草書体や略字で「傘」と書いたときに「八十」を縦に書いた「仐」に見えることから始まっています。

室町時代ごろから始まって江戸時代に庶民へ定着したと言われる日本発祥のお祝いで、中には「八十寿(やそじゅ)」と呼ぶ人も。

 

そんな傘寿に関する「祝うべきではない」「縁起が悪い」といった噂は本当なのでしょうか?

もし本当だとしたら、めでたく80歳を迎えても「おめでとう」にとどめた方がいいのかと思ってしまいますよね。

 

まずは噂の真相をお伝えするとともに、縁起が悪いと言われる理由も詳しく紹介していきます!

 

傘寿はお祝いしない方がいい理由
  • 傘寿のお祝いはして良い
  • 本人が希望しない場合は無理に行わない
  • 理由①:お祝い後気が抜けることがある
  • 理由②:お祝いで老いを自覚することも
  • 理由③:テーマカラーや漢字が不吉

 

傘寿のお祝いはして良い

 

結論からお伝えすると、傘寿のお祝いはしても問題ありません。

「縁起が悪い」というのはあくまで言い伝えであり、祝福したからといって本当に災いが起こるわけではないからです。

 

傘寿のお祝いに対してネガティブな噂があるのは、長寿を祝うと「そのお祝いが最後となって亡くなってしまう」と言われていることが理由のよう。

一昔前は現代ほど平均寿命が長くなかったため、長寿の祝いが珍しかったことからこの話が広まったのでしょう。

 

不幸に見舞われるのが偶然お祝いをした直後となってしまうケースも多く、信憑性が高い噂として昔は信じられていたようです。

ちなみに、これは還暦や古希などの長寿祝い全般に伝わる噂ですが、もちろん迷信にすぎません。

 

特に、「お祝いしたあとに亡くなる」のは人々にとってインパクトがあるため印象に残りやすいのでしょう。

長寿をお祝いしたからといって、早死にを招いてしまうことはありませんので安心してくださいね。

 

本人が希望しない場合は無理に行わない方が良い

本人が希望しない場合は無理に行わない方が良い

 

傘寿のお祝いをしたからといって早死になどの不吉な出来事を招くわけではないので、80歳まで生きられたことを素直にお祝いするのが良いでしょう。

ただし、お祝いをするにあたって忘れてはならないのが「本人の気持ち」です。

 

中には迷信を信じ込んでいる人や、人からお祝いされることに抵抗を感じる人もいるでしょう。

いくらめでたいことでも、本人が望んでいないことを周りの人が無理強いするのは良いこととはいえません。

 

家族の自己満足となり、本人にとっては嫌な思い出になってしまう可能性があるでしょう。

今は若々しい人が多いことからも「年寄り扱いされた」と不快な思いをする恐れがあります。

 

傘寿のお祝いは80歳という一つの節目を迎えたことを祝福できる行事ですが、本人の気持ちを第一に考えて実施の是非を検討してくださいね。

 

本人が望んでいない場合は「おめでとう」という一言にとどめておくのがよいでしょう。

 

しない方がいい理由①:お祝いの後、気が抜けてしまうことがある

 

傘寿のお祝いをしない方がいい理由としてまず挙げられるのが、お祝いによって本人の気が抜けてしまい、不幸を招く可能性があるというもの。

もちろん迷信の域を超えない話ですが、家族たちから盛大にお祝いをされると「ホッ」としてしまうのは事実かもしれませんね。

 

お祝いされる側も意外と気を使うものなので、緊張が解けたあとに急にどっと疲れがでて寝込んでしまうことも。

子どもや孫が集まり盛大にお祝いしたあとで、なんとなく気が抜けてしまうのは分かる気もしますね。

 

いつまでも健康でいようと食事や運動に気を遣っているところに、祝福を受けると気が抜けて努力をやめてしまう人も中にはいるでしょう。

それがきっかけで体調を崩してしまうというケースも、場合によってはあるかもしれませんね。

 

しない方がいい理由②:お祝いをすることで老いを自覚してしまう

しない方がいい理由②:お祝いをすることで老いを自覚してしまう

 

お祝いをされることによって、自分自身の老いを自覚してしまう人も中にはいるようです。

趣味や農業など何かに没頭して過ごしている人が、ふと自分自身の年齢を自覚すると落ち込んでしまう可能性があります。

 

いままでそれほど年を気にしていなかったのに、お祝いがきっかけて自分が老いたなと実感してしまうのです。

「病は気から」という言葉があるように、傘寿の祝いを機に自分は老いてしまったと気にするようになり、何らかの病気にかかる人がいるかもしれません。

 

もちろん科学的根拠はありませんが、可能性としては起こりうるケースでしょう。

 

しない方がいい理由③:テーマカラーや漢字が不吉

 

傘寿のお祝いのテーマカラーとされている「濃黄色」は、実は病気や死を連想させると言われています。

そのことから傘寿の祝いは縁起が悪いと捉えることも。

 

そのため、できれば盛大な祝福を避けてほしいと考えている人も一定数いるようです。

 

傘寿の祝いはいつするべき?満年齢と数え年どっち?

傘寿の祝いはいつするべき?満年齢と数え年どっち?

 

私たちの年齢を示す場合「満年齢」と「数え年」の二通りがありますよね。

傘寿の祝いはいつするべきなのか、満年齢と数え年どっちでお祝いするのか悩んでいる人もいるでしょう。

 

結論からお伝えすると、お祝いのタイミングはいつでもよく、満年齢でも数え年でもどちらでもかまいません。

満年齢は生まれた年を0年(0歳)として数えていく、一般的な年齢の数え方で「満○歳」とも言われます。

 

例えば1980年生まれの人は、2024年の誕生日で満44歳を迎えるということになるでしょう。

一方で数え年は、生まれたときの年齢を1歳として元日を迎えるたびに年齢を重ねていくという少々複雑な数え方です。

 

つまり、その年の誕生日をすでに迎えた人は「満年齢+1歳」、これから迎える人は「満年齢+2歳」という数え方になります。

これを踏まえて長寿の祝いに話を戻すと、満年齢と数え年のどちらで傘寿のお祝いをするのかは厳密に決まっているわけではありません。

 

一昔前は数え年でお祝いをするのが一般的でしたが、近年は家庭や地域の風習にゆだねられているのが現実で、満年齢で祝うケースも多いようです。

ちなみに2024年に満年齢で傘寿をお祝いする場合は「1944年(昭和19年)生まれ」、数え年の場合は「1945年(昭和20年)生まれ」の人が該当します。

 

身内や仲の良い知人で、そろそろ80歳を迎えるという人がいる場合はこれを機にぜひチェックしてみてくださいね。

お祝いをするタイミングについても、特に厳密なルールが設けられているわけではありません。

 

近年は誕生日に傘寿のお祝いもするというケースが多いですが、本人の体調を見ながら春や秋などの過ごしやすい時期を選ぶのも一つの選択肢です。

もし秋に行う場合は、毎年9月第3月曜日の敬老の日などがタイミングとしてちょうどいいかもしれませんね。

 

元気いっぱいでご本人が望むなら、温泉旅行などに行ってお祝いするのもいいでしょう。

いずれにせよ、お祝いをする時期についてもまずは本人の希望を考慮すべきです。

 

家族や親戚など、一緒にお祝いをするメンバーとも相談しながら最適な時期を検討しましょう!

 

傘寿のお祝いの方法は?テーマカラーやおすすめのプレゼントを紹介

傘寿のお祝いの方法は?テーマカラーやおすすめのプレゼントを紹介

 

ここからは傘寿のお祝いの一般的な方法について詳しく解説します。

おすすめの食事やプレゼントなども紹介しますので、本人が喜びそうなものをイメージしながら最適なものを検討してくださいね!

 

傘寿のお祝いの方法
  • 傘寿のお祝い方法は?
  • 傘寿のお祝いのテーマカラーは?
  • 傘寿のお祝いにおすすめの食事は?
  • 傘寿のお祝いにおすすめのプレゼント

 

傘寿のお祝い方法は?

 

実際に傘寿のお祝いをするとなった場合、どのように祝福すればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

長寿のお祝いはもともと還暦や古希が一般的でしたが、のちに傘寿なども長生きをした節目として祝われるようになりました。

 

そのため、基本的には還暦や古希と同様にお祝いをすればOKですよ。

還暦も古希もいずれも中国発祥の行事で地域による風習の違いなどは特にないのですが、日本生まれの傘寿も同様です。

 

それぞれの家庭で、本人の希望を汲んで好きなようにお祝いすれば大丈夫ですよ。

 

傘寿のお祝いのテーマカラーは?

 

傘寿のお祝いのテーマカラーは「濃黄色」のほかに「黄色」「金茶色」という説もあります。

還暦祝いのときは、本人が赤いちゃんちゃんこを着て食事などを楽しみますよね。

 

それと同様に、傘寿のお祝いでも本人に黄色いちゃんちゃんこを用意すれば喜ばれるかもしれません。

このあと紹介するプレゼントと組み合わせれば、より喜んでもらえるでしょう。

 

テーマカラーに沿ったちゃんちゃんこやプレゼントを用意することで、普段の誕生日にない特別感が出るはず。

「ちゃんちゃんこってもらう側は処理に困るのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、着用した状態で集合写真を撮れば間違いなく良い思い出になるでしょう。

 

「ちゃんちゃんこはイヤ」という方には、カーディガンやスカーフ、ショールなどにテーマカラーを取り入れるといいですね。

 

傘寿のお祝いにおすすめの食事は?

傘寿のお祝いにおすすめの食事は?

 

食事についても特にルールはなく、本人の希望を尊重するのが一番ですよ。

和食の場合は赤飯や鯛めし、ちらし寿司などの縁起が良いとされる食事を用意するとよいでしょう。

 

おかずや汁物として鯛料理や豚の角煮、はまぐりのお吸い物などがあるといいかもしれませんね。

お祝いの場に子どもがいる場合は、唐揚げやハンバーグといった食べやすいメニューも忘れず準備しておいてください。

 

料亭やレストランでお祝いをする場合は、懐石料理にすればテーブルが華やかに彩られて本人もきっと喜ぶことでしょう。

もし本人が洋食を好むのであれば、肉や魚を中心としたメニューを考えるのが吉です。

 

肉料理の代表としては、ステーキやローストビーフ、ハンバーグ、チキンソテーなどが挙げられます。

魚料理の場合は、パエリアや鯛のムニエル、白身魚のアクアパッツァなどを用意してはいかがでしょうか?

 

こちらも和食と同様、子どもがいる席であればコロッケや魚のフライ、ポテトフライなどの食べやすそうなメニューがあるといいですね。

お祝いをする場所については、基本的には「外食」もしくは「自宅」の二択となるでしょう。

 

外食の場合は料亭やレストランが一般的で、プロが手掛けた旬のメニューを楽しめるという大きな魅力があります。

予算に合わせてお店やメニューを選択できるほか、家族の準備が必要最小限にとどめられるというメリットもあるでしょう。

 

お祝いの場では懐石料理がメジャーではあるものの、やはり一番大切なのは本人の希望です。

フレンチや中華、中には焼肉などを希望するひともいるかもしれませんね。

 

いずれにせよ、落ち着いた雰囲気で過ごせるように個室を予約しておくのがベターです。

足腰の悪い家族がいる場合は、移動も配慮しながら掘りごたつやテーブル席など座席の確認も忘れず行いましょう。

 

一方で「時間を気にせず家族の時間を楽しみたい」「本人がお店まで移動するのが大変」といった場合は、自宅でお祝いするのがおすすめです。

「赤飯とハンバーグが食べたい」といった、お店では実現しにくいメニューの組み合わせも自宅であれば簡単に対応できます。

 

参加する人数によっては部屋の広さや用意する料理の量など大変な部分もありますが、本人の希望を確認しつつ無理のない範囲で行いましょう。

負担軽減のためにオードブルを注文したり、参加者に持ち寄ってもらったりするのもいいかもしれませんね。

 

特定の人だけに負担をかけないよう、参加者全員が協力して準備を進めることが大切ですよ。

また、本人が前向きであれば傘寿のお祝いを兼ねて旅行を計画するのも一つのアイデアです。

 

外食や自宅でのお祝いに比べると費用がかかりますが、非日常空間でゆったりとくつろげるのは旅行先ならではの魅力。

宿泊施設によってはお祝いのプランが用意されていることもあるので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

傘寿のお祝いにおすすめのプレゼントは?

 

ちゃんちゃんことは別に、テーマカラーである黄色を基調としたプレゼントを添えると喜ばれるかもしれません。

本人の生活スタイルや好きなものをイメージしたうえで、できれば形に残る素敵なプレゼントを用意しましょう。

 

代表的なプレゼントの一つに、茶碗や湯飲みなどの食器類が挙げられます。

「すでに持ってそうだけど…」と思う人もいるかもしれませんが、茶器は毎日使うものですよね。

 

気持ちのこもったプレゼントとして貰えれば嬉しいものです。

大きさや素材、重量などを考慮しつつ、使いやすそうなものを選んでみてくださいね。

 

また、お祝い全般の代表例ともいえるのがフラワーギフトです。

黄色いバラやガーベラなどを使用した花束を用意すれば、きっと喜んでもらえるでしょう。

 

相手が日頃あまり花を生けないような人であれば、長期保存が可能なプリザーブドフラワーやハーバリウムもおすすめですよ。

枯れることもないので、喜んでくれる人が多いでしょう。

 

そのほか、本人の写真を集めたフォトブックやアルバムもプレゼントとして好評です。

家族と一緒に写っている写真はもちろんのこと、本人の幼少期の写真などもあれば1冊に収めておくと喜ばれるでしょう。

 

子どもが書いた手紙の他にも、手描きのイラストなども添えられているといいかもしれませんね。

アルバムや手紙などは家族側の準備が必要になりますが、お店で買うことのできないこの世にたった一つのプレゼントです。

 

もし「忙しくてアルバムを準備する時間は取れないけど、特別感のあるプレゼントを贈りたい」というのであれば、本人の名前入りギフトをあげるという選択肢も。

最近はネットから簡単に名入りギフトを注文できるサイトが増えているので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

なお傘寿に限らず、長寿のお祝いをするときに不吉なことを連想させるプレゼントを贈るのは避けるのがベター。

苦と死をイメージさせる「櫛」や、手布から手切れや別れを思い浮かべる「ハンカチ」などは極力やめておきましょう。

 

プレゼントの予算については、料理代や旅費などほかの部分に必要なお金を考慮しつつ、家族間で話し合って決めるようにしてくださいね。

 

傘寿のお祝いで気をつけるべきポイントは?

傘寿のお祝いで気をつけるべきポイントは?

 

傘寿のお祝いをするにあたって、忘れてはならないのが「本人の希望を尊重すること」です。

例えば、本人が盛大にお祝いされることを望んでいない場合はそもそも傘寿の祝いをすべきではないのかもしれません。

 

もし「軽い食事でいい」と言われたら、周囲が不本意でもその希望を取り入れるべきですよね。

本人の意向を伺いつつ、お祝いをすると決まったら本人の負担にならないプランニングを心がけましょう。

 

例えば足腰が悪いにもかかわらず、遠方の旅行や長時間座っておくのが苦痛な座敷の会食を計画されると本人に大きな負担をかけてしまいますよね。

移動の少ない近場の旅行にして、会食はテーブル席にしてもらうなどの配慮が必要です。

 

お祝いを兼ねたリゾートホテルの旅行や、高級レストランの懐石料理などは確かに豪華で華やかさがあります。

しかし当の本人にとっては苦痛な時間になる可能性も。

 

お祝いを受ける人が居心地よく過ごせる環境で、のちのち振り返ったときに「良い思い出だった」と思ってもらえるのがベストです。

お祝いする人たちの自己満足にならないようにしましょう。

 

そのためにも間違っても本人抜きで話を進めるのではなく、主役となる人の希望を確認しつつ計画を立てることを必ず守ってくださいね。

また傘寿のお祝いは、還暦や古希と同様に80歳の誕生日までに行うのが一般的な考え方です。

 

家族や本人の事情でやむを得ず誕生日を過ぎそうな場合は、事前にお詫びを伝えたうえで日程調整を行いましょう。

「過ごしやすい時期に集まりたいから」など、本人を想っての事情であっても、誕生日を過ぎてしまう場合はあらかじめ伝えておくことが重要ですよ。

 

高齢になると体調を崩しやすくなるので、お祝いの日が近付いてきたら体調管理に気をつけて万全の状態で参加できるよう努めましょう!

 

まとめ

まとめ

 

今回は、傘寿はお祝いしない方がいいって本当なのか、祝傘寿の祝いはいつするべきなのかについて解説しました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 傘寿のお祝いはして良い
  • 満年齢と数え年どちらでもよい
  • 傘寿のテーマカラーは「濃黄色」
  • お祝い日や食事など本人の希望を尊重
  • 形に残るプレゼントがおすすめ

 

傘寿のお祝いは縁起が悪い、不吉だという噂がありますが、いずれも迷信なので気にする必要はありません。

還暦や古希などと同様にお祝いをすると良いですが、本人が望んでいない場合は無理に盛大なお祝いをする必要はないでしょう。

 

また、お祝いのタイミングや食事スタイルについてもまず尊重すべきは本人の意思です。

お祝いを受ける人の希望や好みを事前に聞いて、その都度確認しながら最適なプランを検討しましょう。

 

準備物については、傘寿のイメージカラーである黄色いちゃんちゃんことは別にプレゼントがあると喜ばれるかもしれません。

本人の好みや生活スタイルをイメージしながら、家族でよく話し合って心のこもったプレゼントを贈るようにしましょう。

 

今はあまり関係がない人も、いずれ直面する可能性が高い話題ですので皆さん知っておいて損はありません。

本記事を参考にしながら、素敵な80歳のお祝いを計画してくださいね!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次