Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート〜午後への前奏曲〜

調布市の仙川地域は、クラシック音楽の分野で非常に長い伝統のある地域で、現在世界中で活躍している素晴らしい音楽家たちの中には、この仙川で学び、成長して巣立っていった方々がたくさんいます。

2008年4月にオープンした調布市せんがわ劇場では、ペーター・ゲスナー芸術監督の生まれ育ったドイツはライプツィヒの、J. S. バッハも活躍した聖トマス教会における毎週日曜日の礼拝コンサートを理想として、劇場オープン時より毎月原則2回程度、日曜日の午前11時から、約45分間の無料コンサートを開催しています。マティネとは元々フランス語で「午前中」の意味。その名前の通り、日曜日の午前中、お昼に向けた一時間弱の気軽な無料コンサートながら、内容は充実したラインナップを展開しています。いろいろなお客さまに気軽にふらっと、買い物などのついでに足を運んでいただき、毎回良質でバラエティに富んだ音楽に触れて、そしてその余韻に浸りながら楽しく仙川の街でランチなどの時間を過ごしていただく、そんな過ごし方を提案するコンサートです。

コンサートのコンセプトについて

プロフェッショナルの演奏者を含め全ての出演者のご賛同を得て、「サンデー・マティネ・コンサート」は、毎回、未就学のお客さまにも広くお楽しみいただいています。登場する楽器も出演者も幅広くさまざまな、このコンサート・シリーズ。お客さまも、小さなお子さまや、たまたま近所を通りかかってふと入ってみたという方から、熱心に毎回足を運んでくださる方、生粋の音楽愛好家までと、さまざまです。

音楽にかなり詳しい方にもご満足いただける内容、毎回いらっしゃる方にもお楽しみいただけるバラエティに富んだ公演をお送りする一方、無料だから入ってみたという方にも喜んでいただき、音楽の楽しさを堪能していただいて、例えば同じ出演者の他ホールでの有料コンサートなど、各地で開催されているたくさんの素晴らしい演奏会にも足を運んでいっていただけるような、また、お子さまからの実際のアンケートに「10年後、ぼくがこの舞台でピアノをひきます」と書いていただいたような、そんな、これから音楽の楽しさ、魅力にもっともっと親しんでいっていただける方々へのきっかけにもなれたらと考えています。

いろいろなお客さまにこの「せんがわ劇場」に集まっていただき、いろいろな演奏者がいて、いろいろな音楽があって、演奏者・音楽の間近で、みんながそれぞれお互いの音楽への関わり方、楽しみ方を大切にしながら、みんな一緒になって楽しんでいただける……そんな素敵な空間・時間を目ざして、今後もこのコンサート・シリーズをずっとずっと続けていきたいと思っています。

平成28年度 コンサート一覧

《日曜日・午前11時〜》
Volume 開催日 内容 出演
158 4月24日 未来のホープコンサート19 香月 麗(チェロ)、諸田 由里子(ピアノ)
159 5月15日 サクソフォン・クヮルテット
サクソフォン四重奏団“OXAS”(オクサス) 
(早瀬圭一、松澤佐希子、村田貴洋、由井平太 )
160 5月29日 世界の楽器
<三味線〜江戸の流行り唄>
柳家小春(三味線・唄) 
161 6月12日

ソプラノ&バリトン 
デュエットざんまい!


末吉朋子(ソプラノ)、和田ひでき(バリトン)、久保晃子(ピアノ)
162 6月26日 未来のホープコンサート20 五十嵐薫子(ピアノ)
163 7月24日 世界の楽器
<アラブ音楽〜ウード>
常味裕司(ウード)
164 8月7日 サマーコンサート
<歌+ギター+ケーナ>
いちよ・きよ・やぎりんバンド♪
165 9月18日 in JAZZ ARTせんがわ
体験!“微分音”のふしぎな世界
冷水ひとみ
166 9月25日 モーツァルト・レクチャー
始まりと終わりのモーツァルト
安田和信(音楽学)、黒沼香恋(ピアノ)
167 10月16日 リコーダー四重奏
浅井愛、中津川茉莉、深井瑛理、宮里安矢
168 10月30日 箏アンサンブル 花岡操聖、吉葉景子、金子展寛
169 11月27日 コントラバス・クインテット DBBコントラバスクインテット(下川朗、瀬戸槙之助、森田麻友美、安田文、牛島 みずき)
170 12月11日 アルゼンチン・タンゴ 会田桃子(バイオリン・作曲・歌 )鈴木崇朗(バンドネオン)、松永 裕平(ピアノ)
171 12月25日 <クリスマス・ゴスペル・コンサート> Eyes(ゴスペル)、名手久詞(ピアノ)
172 1月8日 大切な人に届けたい詩 森川史(ソプラノ)、菅原洋平(バリトン)、中園宏実(ピアノ)、伊藤栄乃・宮澤瑠夏・佐渡明日香(作曲)
173 1月22日 <東京室内歌劇場が贈るオペラの楽しみ W.A.モーツァルト 歌劇「魔笛」 ファンタジーな世界> 原 千裕(ソプラノ)、末吉 朋子(ソプラノ)、明珍 宏和(バリトン)、 鈴木 沙久良(ソプラノ)、松浦 朋子(ピアノ)、高畠 愛(チェレスタ)
174 2月12日 <アメリカ音楽と日本の出会い
―作曲家・フォスターの歌を通して―>
原 さとし(歌・バンジョー)

音楽アドバイザー プロフィール

写真:せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート音楽アドバイザー;松井 康司氏

【 松井 康司 (まつい やすし) 】

武蔵野音楽大学声楽科卒業。ドイツ国立フライブルク音楽大学大院課程に留学。'87年最優秀の成績にて修了。帰国後は、演連コンサートをはじめとするリサイタル、音楽之友社主催の日本歌曲シリーズ等、多くのコンサートに出演する他、フォーレのレクイエム、ブラームスのドイツレクイエム、ヘンデルのメサイヤ、ハイドンの天地創造(アダム)等、オラトリオのソリストとしても 活躍している。また、オペラでは二期会公演「真夏の夜の夢」のスタブリング、東京室内歌劇場公演「クリスマスの妖精」のループレヒトをはじめ、「魔笛」のモノスタトス、「カルメン」のダンカイロ、 「ラ・ボエーム」のベノア、「不思議の国のアリス」の笑い猫等、キャラクターの強い役柄を得意としている。'03にはイサン・ユンのオペラ、「リュー・トゥンの夢」のリュー・トゥン役で 第5回ソウル室内オペラフェスティバルに参加し好評を博した。その他、市民大学講座等におけるヴォイストレーニングの講座では実践を伴ったわかりやすい解説で好評を得ている。

'01年には、ソロCD「松井康司が歌う日本の抒情 ''やはらかに'' 」をリリースし、レコード芸術誌において畑中良輔氏より「日本にもこんなにまで日本語を美しく豊かに歌う声楽家が出て来たのかと嬉しくなる一枚」と絶賛された。その後、2枚目のCD「朗読と歌によるシューベルト歌曲集」もリリースし発売中。

これまで、奏楽堂日本歌曲コンクール第三位入賞。JSG 国際歌曲コンクール(日本シューベルト協会主催)男声部門第二位入賞。日本音楽コンクール入選。

現在、桐朋学園芸術短期大学教授。二期会会員。東京室内歌劇場常任運営委員。

写真:せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート音楽アドバイザー;合田香氏

【 合田 香 (ごうだ かおり) 】

オーケストラ・アドミニストレーター。

桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。

演奏活動などを経て現在は母校、桐朋学園大学でオーケストラ担当教員。

現在までにサイトウキネンオーケストラなど数多くのオーケストラのスタッフとして活動し、紀尾井ホールのレジデント・オーケストラ「紀尾井シンフォニエッタ」ではオープン前からオーケストラの専門スタッフとして招かれ、紀尾井シンフォニエッタの運営に尽力した。

オーケストラの教育プログラムに詳しく、世界的指揮者チョン・ミョン・フン氏が韓国・インチョンを中心に開催している「アジア・フィルハーモニー・オーケストラ・アカデミー(APOA)」の「アーティスティック・アドヴァイザー」でもある。

  • このページのトップへ