このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
舞踏貸し館

北村明子 アジア国際共同制作プロジェクト 『Cross Transit "vox soil"』

北村明子 アジア国際共同制作プロジェクト 『Cross Transit "vox soil"』

・演出・構成・振付・出演:北村明子

・ドラマトゥルク・音楽提供・出演:Mayanglambam Mangangsana(インド・マニプール)

・振付・出演:清家悠圭、西山友貴、川合ロン、加賀田フェレナ、Chy Ratana(Amrita Performing Arts, カンボジア)、Luluk Ari(Solo Dance Studio, インドネシア)

・出演:阿部好江(鼓童)

・音楽ディレクター・音響:横山裕章(agehasprings)

・舞台美術・宣伝美術:兼古昭彦

・テクニカルディレクター・照明デザイン:関口裕二(balance,inc.DESIGN)

・照明:菅橋友紀(balance,inc.LIGHTING)

・衣装:堂本教子

・音響協力:金子伸也

・プロダクションマネージャー:秋元淳

・制作・ Webディレクション:中山佐代

・宣伝写真:Sopheak Vong(舞台写真)

概要

振付家・ダンサーの北村明子が、日本とアジアのアーティストと共に創り上げる国際共同制作プロジェクト「Cross Transit」の最新形。2015年に始動し、日本とアジアの地域・伝統文化の調査を行う中で出会ったアーティスト・文化と共に作品作りを継続している。

プロジェクト3年目、インド・マニプールの音楽家・Mayanglambam Mangangsanaをドラマトゥルクに迎え、日本・カンボジア・インドネシアのダンサー・アーティストと作り上げる珠玉のダンス作品。

踊りは、民族や国籍、言語の差を越えて、足元に広がる大地を通して繋がる行為。身体の重さを地面に伝える「踏む」という動作は、様々な出自を持つダンサーたちのステップに、その振動はリズムとなり地面で混じり合い、ダンスという対話へと変換される。 これは、土地ごとの音楽や身体の所作に大切に受け継がれている(トランジット)「種」を融合(クロス)させ「未来のアジア」として開花させるという、ひとつの祈りかもしれない。

公演日程

2018年3月28日~2018年3月30日
開演時間 28日29日30日
15:00
×
18:30

×
20:00×

…空席あり  …残席わずか  ×…満席

料金

★チケット発売日:1月10日(水)

・一般前売り:3,000円
・学生前売り:2,500円(メール officealb2017@gmail.comのみで受付。お名前、日時、枚数を御連絡の上、当日学生証をご提示ください)
・当日券:3,500円(一般・学生共)

お問い合わせ:officealb2017@gmail.com(秋元)

チケット購入

★チケット発売日:1月10日(水)

・Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/voxsoil
0120-240-540*通話料無料・オペレーター対応
(受付時間 平日10:00~18:00)

・お問い合わせ:officealb2017@gmail.com(秋元)

お問い合わせ

・お問い合わせ:officealb2017@gmail.com(秋元)

主催団体

・主催:一般社団法人オフィスアルブ

・助成:芸術文化振興基金、国際交流基金アジアセンター、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

・作品制作協力:株式会社北前船、公益財団法人鼓童文化財団

・協力:KAAT神奈川芸術劇場、公益財団法人セゾン文化財団

・制作協力:Amrita Performing Arts