このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
演劇劇場プロデュース公演

せんがわシアター121 vol.11 海外戯曲シリーズ
「うちの子は」

せんがわシアター121

せんがわ劇場の「せんがわシアター121」
121 席の小劇場・せんがわ劇場にふさわしい演劇の小品を、お客様とともに珠玉の名作に育てたい。そして、せんがわ劇場の財産となる、レパートリー作品を創っていこうというシリーズです。

演劇をより身近に 毎日の生活の中へ 芸術のあふれる町を目指して
一日の終わりや日曜日の午後、気軽に演劇に触れていただこうと、せんがわシアター121は、上演時間もチケット料金もコンパクトに設定しています。
日常の生活の中に、「演劇を楽しむ」、「劇場に行く」というエッセンスを取り入れる。そんな新しい日常を、あなたの生活に加えてみませんか。

「うちの子は」ジョエル・ポムラ=作 石井惠=訳

親から子への歪んだ愛情
それに抵抗する子どもの不安や葛藤
出口のみえない問題を抱えた「親子」にまつわる
10のシーンからなるオムニバス作品


昨年度2月、せんがわシアター121「海外戯曲リーディング」でリーディング公演として上演した、7つの国と地域の作品の中から、好評だった「うちの子は」(フランス作品)を、演劇公演・海外戯曲シリーズとして上演します。

「せんがわ劇場ニュース」1/20号での演出家・出演者インタビューは
下のリンクからご覧ください!
せんがわ劇場ニュース

初日(2月9日)の、調布市市民観劇モニターを募集します!
詳しくは、下記リンクから募集ページへ!
開幕直前!調布市民観劇モニター募集

公演日程  2018年2月9日(金)~2月13日(火)

2018年2月9日~2018年2月13日
開演時間 9日10日11日12日13日
14:00

15:00



19:00


…空席あり  …残席わずか  ×…満席

キャスト・スタッフ

「うちの子は」 
作:ジョエル・ポムラ
訳:石井 惠
演出:松本 祐子

<キャスト>(50音順)
磯西 真喜(演劇集団円)
岩澤 侑生子
瓜生 和成(東京タンバリン)
奥田 一平(文学座)
高橋 ひろし(文学座)
伴 美奈子(扉座)

<スタッフ>
美術=杉山 至
照明=関 定己
音響=堀内 宏史
衣裳=丹下 由紀
舞台監督=廻 博之
演出助手=松川 美子
宣伝美術=原子 尚之
制作統括=末永 明彦

チケット

12月9日(土)午前10時より発売

<チケット料金>
一般 2,000円
市民(調布市在住・在勤) 1,800円
U25(観劇当日25歳以下)1,500円
中学生以下 1,000円

★せんがわシアター121割引
200円引き(vol.1~vol.10を観劇された方は、半券1枚につき、1公演に限り割引)

★ハンディキャップ割引
200円引き(障害手帳をお持ちの方、介助者も1名様まで割引)

*「ハンディキャップ割引」「せんがわシアター121割引」は、お電話または窓口のみの取り扱いとなります。インターネットでの取り扱いはございません。
*「市民」「U25」及び「ハンディキャップ割引」のチケットをご利用の方は、公演当日、証明書をご提示ください。
*「せんがわシアター121割引」のチケットをご利用の方は、公演当日、半券を持参・ご提示ください。
*車椅子等でご来場の方は、事前にお知らせください。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。


チケット取り扱い

<チケット取扱い>
■せんがわ劇場(窓口・電話)
TEL:03-3300-0611(9:00~19:00)
※12/18(月)、12/29(金)~1/3(水)、1/15(月)は休館。

■せんがわ劇場HPチケットサービス(24時間予約可)
http://www.sengawa-gekijo.jp/ticket(パソコン・スマートフォン)
http://www.sengawa-gekijo.jp/mobile/ticket/(携帯)

<ご注意>
★予約有効期間はお電話・HPともに1週間です。
 有効期間内に劇場窓口・セブンイレブンのいずれかで発券してください。
★劇場窓口で発券=手数料なし
 セブンイレブンで発券=手数料あり(予約1件につき162円、発券1枚につき108円)
★ハンディキャップ割引は、お電話または窓口のみの取り扱いとなります。
 インターネットでの取り扱いはございません。

関連イベント

せんがわアートサロン
アフタートーク in せんがわ

■2月9日(金)初日公演後

ゲスト:常田景子<翻訳家>

常田景子プロフィール
東京大学文学部心理学科卒。在学中、劇団夢の遊眠社に入団。文学座附属演劇研究所20期。俳優、演劇制作を経て、演劇脚本を中心に翻訳に携わる。2001年第8回湯浅芳子賞受賞。近年の主な作品『ピアフ』、『ヒストリーボーイズ』、『プライムたちの夜』など。翻訳書『戯曲の読み方』など。

ゲスト:松本祐子<演出家>

松本祐子プロフィール
文学座演出部所属。1999年文化庁在外研修員として一年間ロンドンにて研修。帰国後の『ペンテコスト』の上演に対して2002年第9回湯浅芳子賞を受賞。2006年には『ぬけがら』(文学座アトリエの会)、『ピーターパン』(ホリプロ)の演出に対して、第47回毎日芸術賞 千田是也賞を受賞。日本演出者協会理事、桜美林大学、昭和音楽大学の非常勤講師を務める。主な作品に 『大空の虹を見ると私の心は踊る』(文学座)、『鳥瞰図』(新国立劇場)、『ドドンコ、ドドンコ、鬼が来た!』(椿組)、『兄弟』(劇団東演)など。

進行:佐川大輔<演出家・当劇場次世代芸術家>

佐川大輔プロフィール
演出家、俳優。日本演出者協会国際部部長、調布市せんがわ劇場企画運営部。せんがわ劇場「海外戯曲リーディング」総合演出。フランス、ロシアなど海外の演出家に師事し、「日本発のワールドスタンダード演劇を作る」ことを目標に、THEATRE MOMENTSを発足。
第四回せんがわ劇場演劇コンクールにおいて、グランプリ、演出賞、オーディエンス賞を授賞。近年は、中国、オーストラリア、マレーシアにも招聘されるなど、活動を海外にも広げている。

主催・お問い合わせ


<主催>
調布市(調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業) 
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会
<協力>
仙川商店街協同組合 桐朋学園芸術短期大学
調布市せんがわ劇場市民サポーター
<助成>
文化庁 平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業

<お問い合わせ>
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会(調布市せんがわ劇場内)
03-3300-0611(9:00~19:00)