このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
舞踏貸し館

Cross Transit

Cross Transit

演出・構成・振付 北村明子
ドラマトゥルク・ビジュアルアートディレクター:KIM HAK(カンボジア)
振付・出演:柴一平 清家悠圭 松尾望 長屋耕太 Chy Ratana(Amrita Performing Arts, Phnom Penh, カンボジア) 
音楽ディレクター:横山裕章(agehasprings)
フィールドレコーディング(カンボジア)/リサーチアドバイザー:森永泰弘                        
テクニカルディレクター・照明デザイン:関口祐二(balance,inc.DESIGN)
舞台監督:浦弘毅 (ステージワークURAK)
照明:菅橋友紀 (balance,inc.LIGHTING)
音響:金子伸也
アンダースタディ:加賀田フェレナ
プロダクションマネージャー:瀧本麻璃英
制作アシスタント:中山佐代、及川恭平

概要

『Cross Transit』は、日本のアーティストとアジアのアーティストの国際共同制作プロジェクトです。コンテンポラリーダンスの振付家・ダンサーの北村明子が、カンボジアとミャンマー、インドの舞踊、音楽を中心とする地域に根差した文化の調査を行い、3年をかけて創り上げるプロジェクトです。

公演日程

2016年3月30日〜2016年3月31日
開演時間 28日29日30日31日4/1日2日3日
15:00


×


19:00

××


…空席あり  …残席わずか  ×…満席

料金

一般前売り:3000円
学生前売り:2500円 (メール officealb2015@gmail.comのみで受付。お名前、日付、枚数を御連絡ください。当日学生証の提示をお願いします)
当日券:3500円(一般・学生共)

申し込み方法

Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料(受付時間 平日10:00〜18:00)

お問い合わせ

officealb2015@gmail.com(瀧本)

プロフィール

北村明子  振付家・ダンサー

早稲田大学大学院終了、信州大学人文学部 芸術コミュニケーション講座准教授
早稲田大学在学中、1995年文化庁派遣在外研修員としてベルリンに留学。
01年Bates Dance Festival(USA)、03年American Dance Festival(USA)委託作品発表。01年代表作“finks”は多数都市にて上演、モントリオールHOUR紙05年ベストダンス作品賞受賞。05年ベルリン「世界文化の家」委託作品”ghostly round”は世界各国で絶賛を得た。ACE dance&music(英・07年/11年)、Artzoyd(仏・09年/10年)など海外作品振付・出演も積極的に行う。11年インドネシアとの国際共同制作 To Belong projectをスタートし、ジャカルタ、東京、神戸、茅野、シンガポールにて毎年新作を上演。
Dance New Air 2014にて『To Belong/Suwung』(10月3~5日、青山円形劇場)を発表、同年12月にはインドネシア公演を成功させた。同年、国際共同制作インドネシアオペラ『Gandari Dance Opera』 (14年12月12〜13日、Teater Jakarta、振付提供)がインドネシアのTempo紙にてベストパフォーマンス賞受賞。13~14年度信州大学文化庁事業の総合プロデュースを担当。
15年Asian Cultural Council個人フェローシップグランティ。

主催団体

Office A/LB