このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート〜午後への前奏曲〜VOLUME153

出演

出演
梅津時比古(桐朋学園大学学長)
越光照文(桐朋学園芸術短期大学学長)
五十嵐薫子<ピアノ演奏>
※特別ゲストを予定

せんがわ劇場音楽コーディネーター 松井康司、合田香

概要

新春のサンデー・マティネ・コンサートは、
仙川に校舎を構える桐朋学園大学・桐朋学園芸術短期大学
両学長による芸術対談です。そのほか特別ゲストも予定。
対談とともに、五十嵐薫子さんのピアノ演奏もお楽しみ頂きます。

公演日程

2016年1月17日
開演時間 11日12日13日14日15日16日17日
11:00





…空席あり  …残席わずか  ×…満席

出演者プロフィール

梅津 時比古(うめづ ときひこ)
桐朋学園大学学長


早稲田大学第一文学部西洋哲学科卒。
1982〜83年 ケルン音楽大学を中心にドイツの音楽教育事情を視察・研修。
2004年 著書「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」で第54回(平成15年度)芸術選奨文部科学大臣賞および第19回岩手日報文学賞賢治賞を受賞。
2009年 NHK制定「日本の100冊」に著書「<ゴーシュ>という名前」が選ばれる
2010年 「音楽評論に新しい世界を開いた」として日本記者クラブ賞を受賞
上記のほか、主な著書に「フェルメールの楽器」「冬の旅 24の象徴の森へ」「フェルメールの音」「音と言葉のソナタ」「耳のなかの地図」「日差しのなかのバッハ」「非日常と日常の音楽」「音をはこぶ風」など。
音楽評論活動のほか、CD、コンサートのプロデュース、内外のコンクール審査員も務める。早稲田大学講師。公益財団法人三井住友火災海上文化財団理事。公益財団法人ジェスク音楽文化振興会理事。公益財団法人福田靖子賞基金理事。公益財団法人アフィニス文化財団専門委員。横浜みなとみらいホール専門委員。横須賀芸術劇場推薦委員など。


越光 照文(こしみつ てるふみ)
桐朋学園芸術短期大学学長


演出家。劇団青年座所属。上智大学文学部哲学科卒業。日本演出者協会会員。ATEC(アジア演劇教育センター)理事。主な演出作品に「風のクロニクル」「ONE WEEK」「亜矢子」「火の起源」「見よ、飛行機の高く飛べるを」「虹のクロニクル」「紙屋悦子の青春」。


五十嵐薫子(いがらし かおるこ) ピアノ

六歳より桐朋学園子供のための音楽教室にてピアノを習う。
2003年 第二十三回ピティナピアノコンペティションB級全国大会金賞
2005年 第五十九回全日本学生音楽コンクール小学生部門東京大会奨励賞
2006年第十二回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール小学校高学年部門第一位
2008年第六十二回全日本学生音楽コンクール中学生部門東京大会第二位
日本クラシック音楽コンクール入選
2010年桐朋学園音楽部門女子高等学校に奨学金を得て入学
2010,11年ショパンコンクールインAsia高校生部門アジア大会銀賞
2012年 10月ソリストに選ばれ桐朋学園大学オーケストラと共演
2013年第十回徳島音楽コンクールピアノ部門グランプリ
2014年ピティナピアノコンペティション特級銅賞
第83回日本音楽コンクール入選
2015年桐朋コンチェルトコンペティション第一位
明治クオリティオブライフ奨学生、第84回日本音楽コンクール第3位、併せて三宅賞を受賞
これまでに、今泉紀子、山田富士子、村上弦一郎の各氏に師事。

料金

無料

お申込み方法

当日直接会場へ。開演30分前から開場します。
※来場者多数の場合、入場をお断りする場合があります。

※未就学のお客さまもご入場いただけます。
(内容はお子様向けのコンサートではありません。)

開場は10:30からとなります。
開場前にご来場された場合、開場まで劇場ロビーにて順番に並んで
お待ちいただきますので、ご了承ください。
当日配布するプログラムが、入場券の代わりになります。
プログラムの配布は、ご本人一名様につき一枚とさせていただきます。
お連れ様の分のプログラムをあらかじめお渡しすることはできません。
また、お手荷物等によるご本人様以外のお席の確保はご遠慮ください。
★上演時間は約45分です。
★途中、休憩はございません。(曲間の入退場は可能です。)
●専用駐車場はございませんので、お近くの有料駐車場をご利用ください。
●公演中の録音・撮影はお断りいたします。

お問い合わせ

調布市せんがわ劇場 03-3300-0611

主催

調布市≪調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業≫