このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

JAZZ ART せんがわ2015 9/20(日)16:30〜
歌と朗読 カルメン・マキ、川上未映子 × 斉藤哲也、鈴木正人、 千住宗臣、坂本弘道

「JAZZ ART せんがわ2015」〜mouth〜【坂本弘道ディレクション】

「朗読と歌」をテーマに、カルメンマキ、川上未映子、によって紡がれる2つの世界。共通のサポートミュージシャンには、ジャズアート初登場の精鋭が集結する、スペシャルライヴ。

9/20(日) 16:30〜18:00 

カルメン・マキ(歌と朗読)
川上未映子(歌と朗読)
斉藤哲也(b,key)
鈴木正人(b)
千住宗臣(ds)
坂本弘道(cello)

公演日時

2015年9月20日
開演時間 14日15日16日17日18日19日20日
16:30





×

…空席あり  …残席わずか  ×…満席

プロフィール

カルメン・マキ(歌と朗読)



1951年、神奈川県鎌倉市出身。生後間もなく東京に移住。17歳で独立。
1968年、故寺山修司主宰の「演劇実験室 天井桟敷」に入団。その年の夏、東京厚生年金会館にて「書を捨てよ町へ出よう」
で初舞台を踏む。
1969年、「時には母のない子のように」で歌手デビュー。
1972年、「カルメン・マキ&OZ」結成。75年、ファーストアルバム「カルメン・マキ&OZ」とシングル「午前1時のスケッチ」を発表。
1975年、来日した「注1:ジェフ・べック・グループ」、「注2:グランドファンクレイルロード」のサポーティングアクトを務める。
1977年、ライブ盤を含む4枚のアルバムと3枚のシングルを残して解散。
その後も「カルメン・マキ&LAFF」「カルメン・マキ&MOSES」等のバンド活動やソロを通じ日本における女性ロックシンガーの第一人者として活躍する。
2001年以降は、ロックやフォークに捉われずジャンルを超えた新機軸を開発すべく様々なフィールドで活躍するミュージシャン達とのコラボレーションを精力的に展開している。
2003年、鬼怒無月・勝井祐二・芳垣安洋・松永孝義とのユニットで「SALAMANDRE」、
2004年、その「SALAMANDRE」のメンバーを含む、吉川忠英・丸山ももたろうをフィューチャ―したアコースティックアルバム「Another Way」、
2007年、板橋文夫・太田恵資とのトリオでのライブ盤「時には母のない子のように2007」(浅草「アサヒ・アート・スクエア」於)、
2008年、初の全編詩の朗読によるアルバム「白い月」、
2009年、歌手生活40周年を記念して、太田恵資・黒田京子とのトリオに加え、ゲストに佐藤芳明(アコーディオン)吉見征樹(タブラ)を迎えたアルバム「ペルソナ」をリリース。
2012年、初のセルフプロデュースアルバム「FROM THE BOTTOM」発表。メンバーは太田恵資(Vin)清水一登(Pf)桜井芳樹(g)松永孝義(b)を中心に、ジャズ系からは永田利樹(b)吉田桂一(P)、若手からは佐藤芳明(acco)西嶋徹(b)新澤健一郎(Pf)天野丘(g)の協力を得て多彩なアルバムに仕上がっている。
2014年、デビュー45周年を迎え集大成アルバム「GOOD TIMES,BAD TIMES/History of Carmen Maki」(3枚組ベスト盤)をユニバーサルミュージックジャパンよりリリース。全ての監修と4000字に及ぶライナーノーツを自ら手掛ける。
同年11月には「ロックサイド」、翌2015年2月には「アングラサイド」(2DAYS)を45周年記念コンサートとして開催し好評を博す。
オムニバス盤、企画盤、ゲスト参加、等含めると、今までに発表した音源は膨大な数に及び、本人が把握しきれないほど数知れず。

注1:メンバーはジェフ・べックの他に、マックス・ミドルトン(Key)、フィル・チェン(B)、バーナード・パーディ(D),
サポーティングアクトは他に「ニューヨーク・ドールズ」。後楽園球場(現:東京ドーム)、北海道まこまない育館の2ヶ所に参加。
注2:メンバーはオリジナルメンバー。東京武道館2days、名古屋、大阪、京都、の全ツアーに参加。



川上未映子(歌と朗読)



2005年、アルバム『頭の中と世界の結婚』をリリース。08年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。09年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。10年『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。詩集『水瓶』で第43回 高見順賞受賞。『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。



斉藤哲也(b,key)



1997年頃より,アンダーカレントという自分名義のユニットで『abyss to abyss』『mother of the crow』の2枚をミディクリエイティブより発売。2001年からBIKKEと高野寛とナタリーワイズ結成。2009年6月からインストバンドUOOB(ウーブ)結成。参加したアーティストは、山根万理奈 、たま、など多数。



鈴木正人(b)



1971年6月ベルリン生まれ。ベーシスト/アレンジャー/プロデューサー。1987年、高校在学中に青柳拓次(Vo/G)、栗原務(Dr)とLITTLE CREATURESを結成し、90年にシングル「THINGS TO HIDE」でメジャーデビュー。その後、渡米しバークリー音楽院に入学。帰国後はバンド活動と平行して、ベーシスト、プロデューサーとしても活動。2005年3月、文筆家の内田也哉子(vo)とCOMBO PIANOの渡邊琢磨(pf)と「sighboat」を結成。2006年、自身初となるソロアルバム「UNFIXED MUSIC」をりリリース。2007年、菊地成孔ダブ・セクステットに参加。2015年、LITTLE CREATURESがデビュー25周年を迎える。人と人、音と音を繋ぎながら、シーンにおけるキーパーソンとして、その存在感を高めている。



千住宗臣(ds)


photo by 伊藤さとみ

BOREDOMS、PARA、ウリチパン郡、COMBOPIANO、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、KOMA、EP-4などに参加、在籍しMELZBOW、BILLRAZWELL、ARTO LINDSAY、大友良英、小山田圭吾(cornerius)、高橋幸宏や細野晴臣 (YMO)、ダモ鈴木CAN)などと共演
七尾旅人、石橋英子、UA、原田郁子、原田知世、湯川潮音、sighboat、熊谷和徳、後藤まりこ、阿部芙蓉美、相対性理論、土岐麻子、Schroeder-heads、nikiie、口ロロ、キセル、伊藤ゴロー、tricotなどのレコーディングやライブをサポート。 様々な境界線を飛び越え活動している。 またDJ1010としても活躍中!!!



坂本弘道(cello)



即興主体のセッション及びソロを国内外で展開、ダンス、映像、美術、パフォーミングなど、多種多彩な交流が特徴的。「パスカルズ」などのバンド活動、友川カズキ、UA、荒井良二、酒井俊、山田せつ子、松田美由紀、PIKA☆、北村早樹子、玉井夕海など共演・サポート多数。コクーン歌舞伎「盟三五大切」、江戸糸あやつり人形・結城座「ミス・タナカ」、「空中キャバレー」、少年王者舘「ミナレット」、「祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜 KERAバージョン」、瀬戸内サーカスファクトリー×カンパニー・リメディア「キャバレー」、龍昇企画+温泉ドラゴン共同企画公演「カム伝」、流山児☆事務所「地球☆空洞説」「マクベス」、シスカンパニー「グッドバイ」「抜け目のない未亡人」「草枕」など、近年は舞台の作曲・生演奏、音楽監督を数多く手がける。音楽ドキュメンタリー映画「WeDon't Care About Music Anyway」(2011年公開/監督:セドリック・デュピール & ガスパール・クエンツ)出演。映画音楽の製作では、長編アニメーション映画「緑子/ MIDORI-KO」(2010年公開/監督:黒坂圭太)、長編ドキュメンタリー「zone存在しなかった命」(2013年公開/監督:北田直俊)等々

『JAZZ ART せんがわ2015』

『JAZZ ART せんがわ2015』

日程:2015年9月19日(土)〜9月20日(日)
会場:調布市せんがわ劇場
総合プロデューサー:巻上公一 プロデューサー:坂本弘道 藤原清登


⇒『JAZZ ART せんがわ2015』公演情報ページはこちら

チケット

<チケット料金>
全席自由

●Stageチケット(1公演) 一般3,000円、市民2,700円、学生1,500円
※ハンディキャップ割引:300円引き(窓口のみの取り扱い)
(一般・市民割引のみ、障害手帳をお持ちの方、介助者も1名様まで割引)

*市民割引・学生は当日証明書をご提示ください。
*車椅子等でご来場の方は、事前にお知らせください。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。
*チケット半券切り離し無効・入場不可
*許可のない撮影・録音はご遠慮ください。

★お得なチケットもございます★
1Dayチケット(1日通し券)6,800円
2Daysチケット(2日通し券)12,500円

【入場方法】
・入場の際には、当日、ロビーにて配布する整理券順にご入場いただきます。
入場整理券はライブによって配布開始時間が異なります。ご注意ください。
<※両日共> 
13:30開演 → 12:00配布開始
16:30開演 → 15:00配布開始
19:30開演 → 18:00配布開始
※開場は、開演15分前。
※当日の受付方法、入場方法に関しては、係員の指示に従ってください。

チケット取扱い

<チケット取扱い>
■せんがわ劇場(窓口・電話) 
TEL:03-3300-0611(9:00〜19:00)
※第3月曜休

■せんがわ劇場HPチケットサービス
http://www.sengawa-gekijo.jp/ticket.html(パソコン)
http://www.sengawa-gekijo.jp/mobile/ticket/(携帯)
※24時間予約可。
※劇場窓口で発券=手数料なし、セブンイレブンで発券=手数料あり(予約1件につき162円、発券1枚につき108円)

■イープラス(e+) (PC・携帯)
http://eplus.jp

主催・お問い合わせ

<主催>
調布市 (調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業)
実施:調布市せんがわ劇場イベント実行委員会

<お問い合わせ>
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会(せんがわ劇場内)
03-3300-0611(9:00〜19:00)

助成:文化庁 平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業