このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

サンデー・マティネ・コンサートPlus+ Vol.8

出演者

作曲:ストラヴィンスキー

台本:ラミューズ

翻訳:東井美佳


出演:

〈朗読〉
高橋 和久

〈演奏〉
井上 静香(ヴァイオリン)
高橋 洋太(コントラバス)
大成 雅志(クラリネット)
依田 晃宣(ファゴット)
力武 理子(トランペット)
山口 隼士(トロンボーン)
野本 洋介(パーカッション)

ストラヴィンスキー「兵士の物語」

今回は、1918年、ロシアの作曲家ストラヴィンスキーらが発表した舞台作品「兵士の物語」を上演します。これまで数々の音楽家・名優が挑戦し続けた傑作です。
サンデー・マティネ・コンサートプラスが初めてお贈りする音楽と朗読の世界。
どうぞ、ごゆっくりとお楽しみください。

公演日程

2015年1月18日
開演時間 12日13日14日15日16日17日18日
18:30





×

…空席あり  …残席わずか  ×…満席

―サンデー・マティネ・コンサートPlus+の特徴をご紹介します―

大好評『サンデー・マティネ・コンサート〜午後への前奏曲〜』の姉妹企画。
1.演奏時間は、短すぎず長すぎない70〜90分程度です。
2.ワンコイン(500円)でお楽しみいただけます。
3.予約制ですので、開場前にお並びいただく必要がありません。
4.小学生からご入場いただけます。
5.充実した内容をお届けします。

料金/ご案内

500円/全席自由・事前予約制 

*開演30分前から開場します。
*未就学児入場不可
(チケットの発券はございません。当日受付でのご精算になります。)

申込方法/予約・問い合わせ

申込方法:せんがわ劇場窓口またはお電話にてご予約ください。
〜12月10日(水)午前10時より受付開始〜

予約・問い合わせ:調布市せんがわ劇場
TEL.03-3300-0611

出演者プロフィール

〈朗読〉
高橋和久

1975 年生まれ、福島県出身。2006 年に横浜ボートシアターを退団し、現在俳協所属。
主な出演作品には、映画では篠崎誠監督「犬と歩けば」、熊沢尚人監督「おと・な・り」、テレビNHK ハイビジョンドラマ館ドラマ「シェエラザード」、金曜時代劇「しくじり鏡三郎」等。
演劇作品では、日独共同創造演劇プロジェクト「四谷怪談」で直助権兵衛を演じ好評を得る。日本をはじめ ドイツ オーストリア オランダにて公演。震災直後の日本を描いた「HIKOBAE2013」では、出演の他に共同演出として参加。被災地を皮切りに東京銀河劇場 N.Y L.A 等で上演し観客を深い感動に包んだ。その他、加藤道夫の「なよたけ」長田育恵の「くれない坂の猫」西木正明の「ガモウ戦記」と主演作も多い。
また、ドキュメンタリーやCM ナレーションにも活動の幅を広げている。

〈演奏〉
井上 静香(ヴァイオリン)

新潟市出身。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。
2008 年第6 回東京音楽コンクール第2 位および聴衆賞受賞。2011 年に行われた入賞者ガラコンサートでの演奏がNHK ラジオ深夜便で放送され好評を博す。
在学中から「JT が育てるアンサンブルシリーズ」、プロジェクトQ、大垣音楽祭, サイトウキネンフェスティバル松本、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、木曽音楽祭、水戸室内管弦楽団定期演奏会など多数に出演。 米アスペン音楽祭に奨学金を得て参加。紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー、ソロ・室内楽奏者として幅広く活躍中。

高橋洋太(コントラバス)
1982 年青森市生まれ。桐朋学園大学、同研究科修了と同時に2006 年、東京都交響楽団に入団。2005 年、青森市民文化顕彰受賞。小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトに参加。07 年、東京・青森にてデビューリサイタルを開催。これまでアフィニス夏の音楽祭、サイトウ・キネン・オーケストラ、東京・春・音楽祭ー東京のオペラの森に参加。
現在、東京都交響楽団コントラバス奏者として活動する他、桐朋学園大学特別招聘講師、オーケストラMAP’S メンバー。ソリストとしても各地でリサイタル、デュオの演奏会などを開催するなど、ソロ、室内楽と幅広く活躍している。

大成雅志(クラリネット)
1973 年大阪府大阪市出身。1991 年東京藝術大学音楽学部器楽科入学。93 年カール・ライスター氏(ベルリンフィル元首席)の国際マスタークラス受講オーディションに最年少で合格。翌年、ベルリンを中心にドイツ各地を歩き見聞を広げる。第2 回浜松国際音楽アカデミー&フェスティバル受講生代表。98 年3 月東京藝大を中退。第68 回日本音楽コンクールクラリネット部門入選。
現在、全国各地のオーケストラや、スタジオレコーディングなど演奏活動のほか、オーケストラ木管トレーナー活動等、指導者としても幅広く活動。また水戸室内管弦楽団、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、宮崎国際音楽祭などにも参加。日本クラリネット協会会員、ホルツの会講師会員。

依田晃宣(ファゴット)
東京生まれ。2005 年、東京藝術大学音楽学部卒業。卒業時にヤマハ管楽器新人演奏会出演。ミュージックマスターズコースin かずさ、小澤征爾音楽塾、第18 回アフィニス夏の音楽祭等の講習会に参加。また、サイトウキネンフェスティバル、宮崎国際音楽祭、別府アルゲリッチ音楽祭、水戸室内管弦楽団、東京のオペラの森などへの出演の他、国内各地のプロオーケストラにも度々首席奏者として招かれている。2008 年には第3回水戸室内管弦楽団ヨーロッパ公演に参加。ドラマ&映画「のだめカンタービレ」では楽器演奏の指導や録音を担当。
現在、東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師、藝大フィルハーモニアファゴット奏者。ファゴットアンサンブルメイプルズ、アンサンブル東風各メンバー。東京ジュニアオーケストラソサエティ準講師。

力武理子(トランペット)
2009 年東京音楽大学卒業。これまでに、河辺のぶ子、本村孝二、津堅直弘、高橋敦、栃本浩規の各氏に師事。小澤征爾音楽塾、サイトウキネンフェスティバル松本などの公演等に出演。三鷹ジュニアオーケストラ講師。現在、フリーのトランペット奏者として、オーケストラや室内楽を中心に活動。

山口隼士(トロンボーン)
東京芸術大学、同大学院卒業。在学中にシエナウインドオーケストラに入団。トロンボーンを金川マコト、栗田雅勝、秋山鴻市の各氏に師事。ザ・トロンボーンアンサンブルマイナーズのメンバー。

野本洋介(パーカッション)
千葉県出身。東京藝術大学器楽科卒業。これまでに打楽器を菅原淳、有賀誠門、岡田知之、高田みどり、石内聡明の各氏に、音楽学を小山薫氏に師事。「お寿司のワサビ」的オケマンと「かゆいところに手が届く」的作編曲家を目指し、日々譜読みと〆切に追われている。別府アルゲリッチ音楽祭、北九州国際音楽祭等に出演。第16 回「国際音楽の日」コンサート(千葉市音楽協会主催)ではソリストとして自作の打楽器独奏と吹奏楽のためのコンチェルトを演奏。第12 回千葉市芸術文化新人賞受賞。JPC(コマキ楽器)より打楽器アンサンブル曲を出版、全国で演奏されている。現在、読売日本交響楽団打楽器奏者。横浜シンフォニエッタメンバー。洗足学園音楽大学講師。

主催

調布市≪調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業≫