このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

JAZZ ART せんがわ2014 9/7(日)19:30〜
友川カズキ、山本精一、坂本弘道、ペットボトル人間

「JAZZ ART せんがわ2014」 〜legs〜 【坂本弘道ディレクション】

9月7日(日)19:30〜21:00


友川カズキ(vocal, guitar)
山本精一(electric guitar)
坂本弘道(cello, musicalsaw, electronics)
ペットボトル人間
[デイヴ・スキャンロン(guitar)、吉田野乃子(sax)、デイヴ・ミラー(drums)]

公演日時

2014年9月7日
開演時間 9/1日2日3日4日5日6日7日
19:30





…空席あり  …残席わずか  ×…満席

プロフィール

友川カズキ


photo by Noriko Akiyama

歌手・詩人・画家・競輪愛好家・酒豪。1950年2月16日、秋田県山本郡八竜村生まれ。本名・及位典司(のぞき・てんじ)。74年のレコードデビュー以来、計30作を超える作品を発表。執筆活動や画家としての活動も並行して行う。2010年、ヴィンセント・ムーン監督によるドキュメンタリー映画『花々の過失』が国内公開(DVD発売中)。同時に40年にわたる創作キャリアを総括した歌詞集『友川カズキ歌詞集1974-2010 ユメは日々元気に死んでゆく』(ミリオン出版)を上梓。2014年1月、前作から約3年ぶりとなる待望の新録アルバム『復讐バーボン』(モデストラウンチ)を発表。大きな話題を呼んだ。齢64を数えてますます進化し深化する現在形の「表現者」として、旺盛なライブ活動を続けている。


山本精一



1986年から2001年まで「BOREDOMS」に参加。以後、「ROVO」「羅針盤」「想い出波止場」「PARA」「MOST」「TEEM」「Ya-to-i」「NOVO-TONO」「CHAOS JOCKEY」他多数のバンド/ユニットやソロワーク、内外の音楽家とのセッション等で、プレイヤー/ソングライター/コンポーザー/プロデューサーとして、様々なジャンル/フィールドにおいてワールドワイドに活動を展開中。また、湯浅政明監督アニメーション『マインド・ゲーム』、三池崇史監督の「殺し屋1」、矢口史靖監督の「アドレナリンドライヴ」など映画音楽も手がける。エッセイストとしても様々な媒体に寄稿し、1999年には随想小説集「ギンガ」2009年に「ゆん」を出版。また画家、写真家としての活動も行っており、個展や主に自作のアートワークにおいて定期的に作品を発表。音楽家としての代表作として「Crown Of Fuzzy Groove」(ソロ作)「SOUL DISCHARGE 99」(BOREDOMS)、「ソングライン」(羅針盤)「水中JOE」(想い出波止場)「FLAGE」(ROVO)「幸福のすみか」(山本精一&PHEW)「X-GAME」(PARA)、「MOST 」(MOST) 、「ラプソディア」 (歌物ソロ)等 がある。


坂本弘道



即興主体のセッション及びソロを国内外で展開、ダンス、映像、美術、パフォーミングなど、多種多彩な交流が特徴的。
「パスカルズ」「ノータリンズ(遠藤ミチロウ、石塚俊明)」などのバンド活動、UA、川上未映子、荒井良二、松田美由紀、黒田征太郎、早川義夫、山田せつ子など、共演・サポート多数。
コクーン歌舞伎「盟三五大切」、江戸糸あやつり人形・結城座「ミス・タナカ」、流山児☆事務所「地球☆空洞説」、「祈りと怪物」(作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)、少年王者舘「ミナレット」、シスカンパニー「グッドバイ」など、近年は舞台の作曲・生演奏、音楽監督を数多く手がける。音楽ドキュメンタリー映画「We Don't Care About Music Anyway」(2011年公開/セドリック・デュピール & ガスパール・クエンツ)出演、アニメーション映画「緑子/MIDORI-KO」(2010年公開/黒坂圭太)音楽監督。
調布市せんがわ劇場「JAZZ ART せんがわ」プロデューサー。


ペットボトル人間



ニューヨーク在住の20代のミュージシャン(デイヴ・スキャンロン guitar、吉田野乃子 sax、 デイヴ・ミラー drums)によるトリオ。ニューヨーク前衛音楽シーンのコミュニティ内で知り合い、 不定期な完全即興のセッションを繰り返したのち、2009年秋、正式にバンドとして活動を開始。 ニューヨークや近郊地域にて、 アンダーグラウンドなライヴハウス、ロフト、 アートギャラリーなどで演奏活動を行う。 2010年8月、2012年1月、2012年7月と3度の日本ツアーを行う。2011年6月、ジョン・ゾーン主宰の ツァディックレーベルからファーストアルバム『Pet Bottle Ningen』、2013年3月には同レーベルからセカンドアルバム『Non-Recyclable』をリリース。フリーインプロビゼーション、ノイズ、ジャズ、ロック、図形楽譜などを織り交ぜた独特で不快なサウンドを追求している。

JAZZ ART せんがわ2014

『JAZZ ART せんがわ2014』
〜 野生に還る音 親密な関係 生きる芸術 〜


日程:2014年9月6日(土)〜9月7日(日)
会場:調布市せんがわ劇場
総合プロデューサー:巻上公一 プロデューサー:坂本弘道 藤原清登
http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/11470.html

いい音が息づく
いい街が近づく
いい風を感じる



飼いならされた耳が大空にはばたく時 親密になることで知性が野性を連れて来る
よりローカルに よりワイルドに よりディープに
お祭りではなくてコミュニケーションの2日間 音楽は生命の力を育ててくれる

チケット

<チケット発売日>
6月28日(土) 午前10時発売開始


<チケット料金>
全席自由

●Stageチケット(1公演) 一般3,000円、市民2,700円、学生1,500円
※ハンディキャップ割引:300円引き
(一般・市民割引のみ、障害手帳をお持ちの方、介助者も1名様まで割引)

*市民割引・学生は当日証明書をご提示ください。
*車椅子等でご来場の方は、事前にお知らせください。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。
*チケット半券切り離し無効・入場不可
*許可のない撮影・録音はご遠慮ください。

★お得なチケットもございます★
1Dayチケット(1日通し券)6,800円
2Daysチケット(2日通し券)12,500円(※20枚限定)

【入場方法】
・入場の際には、当日、ロビーにて配布する整理券順にご入場いただきます。
入場整理券はライブによって配布開始時間が異なります。ご注意ください。
<※両日共> 
13:30開演 → 12:00配布開始
16:30開演 → 15:00配布開始
19:30開演 → 18:00配布開始

※当日の受付方法、入場方法に関しては、係員の指示に従ってください。

チケット取扱い

<チケット取扱い>
■せんがわ劇場(窓口・電話) 
TEL:03-3300-0611(9:00〜19:00)
※第3月曜休

■せんがわ劇場HPチケットサービス
http://www.sengawa-gekijo.jp/ticket.html(パソコン)
http://www.sengawa-gekijo.jp/mobile/ticket/(携帯)
※24時間予約可。
※劇場窓口で発券=手数料なし、セブンイレブンで発券=手数料あり(予約1件につき162円、発券1枚につき108円)

■イープラス(e+) (PC・携帯)
http://eplus.jp

主催・お問い合わせ

<主催>
調布市 (調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業)
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会

<お問い合わせ>
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会(せんがわ劇場内)
03-3300-0611(9:00〜19:00)