このページの先頭
  Check  

イベント情報検索

マークの見方
演劇音楽舞踏貸し館

ヒゴトプロデュース『居場所、そして存在、そして…。』テネシー・ウィリアムズ作「風変りなロマンス」「バーサより、よろしく」より

スタッフ・キャスト

作:テネシー・ウィリアムズ    
演出:田坂幸子〜ゆきこ〜

出演:花房青也(FARM) 白井さち子 田村裕子 黨清信(富良野塾GROUP)
   朝比奈尚行(時々自動)奥村円佳(テアトル・エコー)佐藤アズサ(東京芸術座)
   佐藤友 セキネマーロウ 礒嶋彰子(ぜろカラ企画)

音楽・演奏:鈴木光介・朝比奈尚行(時々自動)   
ステージング:白井さち子   
舞台美術:加藤ちか   
ファインアート:スズキナツコ
照明:齋藤茂男((株)シアタークリエイション)
音響:今西工(That's on!)
映像:水内宏之(Removeimage)
ステージング:白井さち子
衣装:大野典子
舞台監督:伊東龍彦
演出助手:城田美樹
宣伝美術:中家紘一
制作:浜田和枝 三須知子
協力:カルロス・ピント     

概要

テネシー・ウィリアムズ×音楽×アート×パフォーマンス=!?

テネシー・ウィリアムズの短編「風変りなロマンス」「バーサより、よろしく」は、小さな貸し部屋が舞台の短編です。 果たして登場人物は、その部屋に自分の足で立っているのでしょうか。 どこに立っているのだろうか。 ここに立っているのだろうか。 小さな部屋が、宇宙とつながり問いかけます。 あなたの「居場所、そして存在、そして…。」とは?

今回上演するテネシー・ウィリアムズの2作品は、産業革命後、「疲れたら休む、暗くなったら眠る」という人間本来の時間から、「夜になっても機械が動いているから働く」という社会の時間に人間が絡みとられはじめた時代の物語です。現代は、機械どころではない無数のものに絡みとられています。絡みとられはじめた頃のこの戯曲に、今を生き抜く何かが見出せるのではないかと思っています。

時々自動の朝比奈尚行の出演、鈴木光介の音楽、パパ・タラフマラで長年活躍した白井さち子をステージングに迎え、舞台美術の加藤ちかと、フライヤー原画を手がけたスズキナツコのファインアートとのコラボレーションで、言葉では表現しきれない部分を描きます。 テネシー・ウィリアムズの珠玉の台詞を、生演奏による音楽とパフォーマンスとアートで突き抜けるステージにご期待ください。

公演日程

2014年6月18日〜2014年6月21日
開演時間 16日17日18日19日20日21日22日
11:00





14:00




15:00





19:30



…空席あり  …残席わずか  ×…満席

料金

日時指定・整理番号付き自由席です。
前売:一般 3,800円、平日マチネ割引 3,300円、学割券 2,300円(高校生以下)
※当日券は、各券+500円、学割券のお客様は、当日年齢が確認できるものをご持参ください。  
※公演期間中ホワイエにて、フライヤー原画を手掛けたスズキナツコによるドローイング等の作品を展示いたします。

チケットご予約

●ヒゴトHPご予約ページ http://higoto.jp/ticket.html

●チケットぴあ  http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1410070
         TEL: 0570-02-9999 (Pコード 435-764)

●イープラス http://bit.ly/1fR33Wd

お問い合わせ

ヒゴトホームページ:http://higoto.jp
ヒゴトFacebookページ:https://www.facebook.com/higoto.jp
メール:higoto.ticket@gmail.com