このページの先頭
  Check  

イベント情報検索

マークの見方
音楽劇場プロデュース公演

小林遼×原万佑子ジョイント・ピアノリサイタル/第1回せんがわピアノオーディション受賞コンサート

出演者/プログラム

出演:小林遼、原万佑子

プログラム:
(原万佑子) 
ドビュッシー/12の練習曲より第8曲「装飾音のための」
                    第9曲「反復音のための」
ブーレーズ/12のノタシオン
スクリャービン/ピアノ・ソナタ第7番「白ミサ」Op.64
ピアノ・ソナタ第8番「黒ミサ」Op.68
--------------------------------------------------------------
(小林遼) 
スカルラッティ/ソナタ ホ長調K.380
モーツァルト/ピアノ・ソナタ 二長調K.576
ラヴェル/夜のガスパール

※演奏曲はやむを得ず変更となる場合もございます。

第1回せんがわピアノオーディション受賞者による華麗なるピアノの競演!

昨年8月に開催された第1回せんがわピアノオーディションにおいて、優秀賞を受賞した小林遼さん、原万佑子さんによるジョイントリサイタル。今後の活躍が期待される若手ピアニストが、それぞれに趣向を凝らしたプログラムを披露します。2人の個性が織りなす、華やかな競演をお楽しみください!

公演日程

2013年3月9日
開演時間 4日5日6日7日8日9日10日
14:00





…空席あり  …残席わずか  ×…満席

出演者からのメッセージ

今回のプログラムは、自身が挑戦したことのない作曲家ばかりです。スカルラッティの「ソナタ ホ長調」は、彼が書いた555曲のソナタのなかでもとりわけ有名で、鳥の声のような部分などがあり、とても牧歌的な曲です。モーツァルトの「ピアノソナタ」は、彼が作曲した最後のソナタです。モーツァルトが作曲したソナタの中でも、最も難しい部類に入ります。ラヴェルの「夜のガスパール」は、フランスの詩人ルイ・ベルトランの同名の詩を曲にしたものです。3曲ともがそれぞれの性格を持ち、また、かなりの難曲としても知られています。未熟ですが皆様に楽しんで頂けたらと思います。     小林遼

私は6年間、桐朋学園大学でピアノを学んできました。この度、そんな仙川の町で皆
様に私の演奏を聴いて頂けますことを、とても幸せに思っています。今回のプログラ
ムは、仙川劇場をモダンで神秘的な空間にしたいと思い、曲を選びました。すべて20
世紀前半の作品です。ドビュッシーとスクリャービンはいずれも1910年代の作品で、
フランスとロシアの二人が各々、自国の文化を礎に、晩年に築き上げた世界を表現で
きたらと思います。12のノタシオンは1945年、ブーレーズが20歳の時の作品です。12
曲の短い曲からなり、リズムや響きの面白さを楽しんで頂けたらと思います。この演
奏会で私の新たな一面をお見せできたらと思います。    原 万佑子

出演者プロフィール

小林遼 Ryo Kobayashi/ピアノ
3歳よりピアノを始める。東京音楽大学付属高等学校を首席で卒業し、卒業時に技術賞、並びに卒業演奏会に出演。現在、東京音楽大学給費入学奨学生としてピアノ演奏家コース1年在学中。ヤマハJOCハイライトコンサート2008に出演。JML第20回日独青少年交流コンサートに参加し、招待演奏者としてドイツ各地の演奏会に出演。第28回ソレイユ音楽コンクール第3位、第12回日本演奏家コンクール特別賞、第65回全日本学生音楽コンクール東京大会奨励賞、第37回全国町田ピアノコンクールF部門第1位、並びに市長賞。Matti Raekallio、Ronan O'Hora、Michel Béroff,Kálmán Dráfiの各氏の特別レッスンを受講。これまでに作曲を都平有美、ピアノを中村加奈子、山下葉子、財満和音、石井理恵の各氏に師事。現在、鷲見加寿子、鈴木弘尚の両氏に師事。

原 万佑子 Mayuko Hara/ピアノ
2006年 第17回彩の国・埼玉ピアノコンクールE部門 金賞。及び埼玉県知事賞受
賞。2007年 第14回彩の国・埼玉ピアノ新人演奏会出演。「交流の響き2007 in かわさ
き」に出演。2008年 第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会大学生部門 奨励賞。2010年 ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学夏期国際アカデミーにてカール・ハインツ・ケンマリンク氏のマスタークラスを受講。2011年 第22回彩の国・埼玉ピアノコンクールF部門 銀賞。2012年 第8回かずさアカデミア音楽コンクール 入選。桐朋ピアノコンペティション 入選。2011年、桐朋学園大学音楽学部卒業。
現在、同大学研究科2年在学中。これまでに重松 聡、多 紗於里、中井 恒仁、仲道 郁代の各氏に師事。また、ミハエル・ヴォスクレセンスキー、練木繁夫、ホアキン・ソリアーノ、アンジェイ・ヤシンスキ、ジャック・ルヴィエ、ブルーノ・リグット各氏のレッスンを受講。


チケット料金・購入方法

◆料金
全席指定 一般:1500円 調布市民:1200円 学生:800円(高校生以下)
ハンディキャップ割引:各200円割引(障害者手帳をお持ちの方。介助者1名様まで割引。)
※未就学児の入場はご遠慮下さい。
※調布市民割引は調布市に在勤・在学・在住(要証明書)

◆チケット発売日
1月9日(水)10:00より発売開始

◆チケット取扱い
・劇場窓口(9:00〜19:00) ※休館日:第3月曜日
・せんがわ劇場チケットサービス「せんチケ」
電話 03-3300-0611
 HP http://www.sengawa-gekijo.jp/ticket/

(携帯電話からの予約も可能。)
(劇場窓口で発券=手数料なし、セブンイレブンで発券=手数料あり)

アクセス

京王線新宿駅より快速で20分、各駅停車で25分 
(特急・準特急・急行・通勤快速は停車しません)

◎調布市せんがわ劇場
 調布市仙川町1-21-5/仙川駅より徒歩4分
車でのご来場…近隣の有料駐車場をご利用ください。障がい者用駐車場(1台分)はございます。
自転車・バイクでご来場…劇場裏側搬入口に専用駐輪スペースがございます。
車いすでお越しのお客様は事前にご連絡いただきますようお願いいたします。


主催団体

主催:調布市≪せんがわ劇場舞台芸術鑑賞事業≫

お問い合わせ:調布市せんがわ劇場
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5
TEL 03-3300-0611 FAX 03-3300-0614