このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
演劇劇場プロデュース公演

市民参加演劇公演
「ここにある物語2019」(仮題)
参加者募集!

参加者募集中

公演の概要

↑から応募用紙をダウンロードできます

第6回 調布市せんがわ劇場市民参加演劇公演
ドキュメンタリー・シアター
「ここにある物語2019」(仮題)

総合演出/柏木俊彦
演出・構成/佐川大輔、櫻井拓見

公演期間/令和元年(2019年)11月1日(金)~11月3日(日)
     全4ステージを予定

初心者大歓迎!

年代別に3つのチームにわかれ、前半は、調布のまちを実際に歩き、取材した歴史や人、エピソードをもとに、みんなで3つの小さな物語をつくります。
後半は、その作品を演じる稽古を重ね、せんがわ劇場の舞台で、思う存分スポットライトを浴びましょう。

本当にある場所を舞台に、私たちに似た誰かが出てくる、セミ・ドキュメンタリー型の演劇です。

もっと調布のことを知ったり、初めての人と仲間になったりできる、市民参加演劇に、あなたも参加してみませんか?

募集要項

【参加対象・人数】
小学校3年生以上 各チーム10名程度

A. ジュニアチーム
  小学校 3 年生~中学生・高校生 /演出:櫻井拓見
B. ミドルチーム
  18 歳以上 /演出:佐川大輔
C. シニアチーム
  55 歳以上 /演出:柏木俊彦
※初心者歓迎。障がいの有無は問いません。
※参加者決定後、チーム編成が変更になる場合があります。
※応募者多数の場合、調布市民・初参加の方が優先となります。

【公演参加費】
一般25,000円 
アートプラス会員22,500円 
U22(22歳以下)15,000円 
高校生以下10,000円
※参加費には保険料を含みます。
※6月30日(日)初稽古時にお支払いください。(一般以外は証明書を要提示)

【書類審査】
書類選考後、郵送にて選考結果と、合格者には「初日オリエンテーション」のご案内を送付します。
※応募者多数の場合、調布市民・初参加の方が優先となります。あらかじめご了承ください。


稽古スケジュール

稽古は、せんがわ劇場、または仙川周辺の公共施設、調布駅周辺の公共施設にて行います。

※詳しい稽古スケジュールはここからダウンロードできます。
  →稽古スケジュール(7月~10月、PDF形式)ダウンロード

■共通
初日オリエンテーション&まち歩き
6月30日(日)13:00〜16:00 せんがわ劇場3階「仙川ふれあいの家」

公演の全体説明のほか、まち歩き体験として、みんなで劇場周辺を歩きます。
チームに関わらず全員参加です。

■7月~8月9日(金) 週1回
 各チームに分かれ、調布のまち歩き(フィールドワーク)、取材、資料集めなどを
 しながら、物語づくりをします。

■8月10日(土)~18日(日) お盆休み

■8月後半~9月15日(日)
 9月16日(月祝)の試演会に向けて、チームごとに稽古をします。

■9月16日(月祝) 試演会(参加必須)
 ここまでにつくった物語を各チームがそれぞれに発表します。
 どんな物語ができているでしょうか?

■9月17日(火)~9月末 週2回(全体稽古1回、チーム稽古1回)

■10月~ 週4回(全体稽古2回、チーム稽古2回)

■10月27日(日) 最終通し稽古(参加必須)

■10月28日(月)~10月31日(木) 稽古あり






応募方法・応募期間

【応募方法】
1.指定申込書(必要事項と、18歳未満は保護者の同意欄に記入捺印してください)
  せんがわ劇場窓口・市内公共施設他にて配布します。
  
  応募用紙はこのページの上方のリンクからダウンロードできます。
  ページのトップへ
  Word形式なので、PC入力でも手書きでも記入できます。
  (18歳未満の保護者の承認欄のみ自署してください)

  ※稽古スケジュールを見て、現段階でわかっているNG(遅刻・早退・欠席)
   があれば記入すること。
  ※NGがない場合はその旨を明記してください。
  
2.写真1枚(集合写真不可、顔のわかるもの)
3.92円切手を貼った返信用長3封筒(ご自身の住所・氏名を明記)
以上3点を、調布市せんがわ劇場まで、郵送または持参してください。

【応募期間】
5月21日(火)~6月20日(木)必着

【宛先】
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5
調布市せんがわ劇場「市民参加演劇」係

【備考】
応募書類は返却できません。審査に関する問合せはお受けいたしません。
出演者・スタッフの稽古・公演時における万が一のケガや事故の発生に備え、参加者の負担を軽減するために、賠償責任及び傷害に関する保険に加入いたします。

各チームの演出家からのメッセージとプロフィール

<総合演出・柏木俊彦からのメッセージ>
仙川の「まち」に通うこと10年。2018年、少しずつ分かってきたことを演劇にしてみました。2019年は「まち」を調布に広げ、さらに多くの「ひと」と関わりながら、ドキュメンタリー性を持つ「まち」と「ひと」の演劇として、オリジナルの「物語」を紡いでみようと考えています。
【プロフィール】
演出家・俳優。第0楽章代表。かなっくホール レジデンスアーティスト。 日本演出者協会国際部。調布市せんがわ劇場演劇ディレクターチーム ディレクター。


<演出・佐川大輔からのメッセージ>
僕は茨城県水戸市の商店街で3代続くせんべい屋の長男。でも、上京後は20年以上練馬区在住。調布は知らないことだらけ。だからこそ、見つけられることもある気が。皆さんと一緒に教えたり、教わったりしながら、調布を再発見する過程を演劇にしてみたいです。
【プロフィール】
演出家、俳優、THEATRE MOMENTS主宰、調布市せんがわ劇場演劇ディレクターチーム チーフディレクター、日本演出者協会国際部部長。

<演出・櫻井拓見からのメッセージ>
味スタ、多摩川、深大寺……、仙川から出発して、調布の「知ってる所・知らない所」を探すうち、みんな自身や仲間たちの「知ってる所・知らない所」が演劇になります!ちょっと変わった演劇体験。そのお手伝いをします。たのしんでやりましょう!
【プロフィール】
演出家、劇作家、俳優、chon-muop主宰、えぽんずメンバー、調布市せんがわ劇場演劇ディレクターチームディレクター

主催・お問い合わせ

<主催>
公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団

<助成>
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
一般財団法人地域創造

<お問い合わせ>
調布市せんがわ劇場
03-3300-0611(9:00~19:00)
※休館日は毎月第3月曜・祝日の場合は直後の平日)
担当/萩原・水野