このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
演劇劇場プロデュース公演

せんがわシアター・セレクト
「踏みはずし(Retake)/パニック」関連企画
ミニワークショップ参加者募集

参加者募集中

せんがわ劇場 演劇コンクール・グランプリ受賞団体によるミニワークショップ

演劇コンクールでグランプリを受賞した、劇団820製作所「踏みはずし(Ritake)」(第5回受賞)とTHEATRE MOMENTS「パニック」(第4回受賞)の2作品を一挙同時上演する「せんがわシアター・セレクト」
この公演をご覧の方を対象に、ミニワークショップを行います。

「せんがわシアター・セレクト」の公演情報はこちらから
ここをクリック!(別ウィンドウが開きます)

日程

2017年6月29日~2017年6月30日
開演時間 29日30日
18:30

…空席あり  …残席わずか  ×…満席

THEATRE MOMENTS ワークショップ

6月29日(木)18:00~18:30 THEATRE MOMENTS

【観劇前に30分!俳優たちと一緒に演劇的ゲームを楽しんでみませんか?】
たった30分ですが、舞台に立ってみませんか?特に難しいことはしません。演劇の基礎「交流」をテーマに、世界の演劇学校で行われているいくつかのゲームをします。初めて会う方とでもあっという間に笑い合い、楽しい時間を過ごして頂けると思います。だって演劇=PLAY=遊びですから!どうぞお気軽にご応募を!


<講師:THEATRE MOMENTS>
佐川大輔、中原くれあを中心に、2004年設立。「日本発のワールドスタンダード演劇を作る」事が目標。シェイクスピア、カフカなどの舞台化は、古典を現代に甦らせる演出として、高く評価されている。「想像から創造へ」を合言葉に集団創作を行い、俳優の身体性や、アンサンブル力、小道具の見立てを駆使し、劇空間を変幻させる世界観は、演劇ならではの独自性を持つ。近年は、マカオやオーストラリアに招聘されるなど、海外へも活動の幅を広げている。
「パニック」は、第4回せんがわ劇場演劇コンクールでグランプリほか、オーディエンス賞、演出賞を受賞。

劇団820製作所 ワークショップ

6月30日(金)18:00~18:30 劇団820製作所

【書かれた言葉を声にする】
開演前の30分、未発表の新作台本(あるいは『踏みはずし(Retake)』の台本)の、読みあわせ稽古をします。一つのせりふをどのように語るか、書かれていない余白をどう読むか。とても地味な、地道な、ひょっとすると退屈な、普段通りの稽古を行います。未経験の方、または見学だけしたいという方も大歓迎。せりふに命を宿らせる過程に、ぜひお立ち会いください!


<講師:劇団820製作所>
820製作所(はにわせいさくしょ)は2004年に旗揚げをし、東京圏を活動の拠点として演劇の公演を重ねてきました。「本当はそこにあるおとぎ話」をキャッチフレーズとして、生活と人、人と世界のあいだに横たわる詩を、わたしたちの背後に広がるものがたりを、作品化することを試みています。2017年、FFAC企画「一つの戯曲からの創作をとおして語ろうvol.6」最優秀作品賞、観客賞受賞。
「踏みはずし(Retake)」は、第5回せんがわ劇場演劇コンクールでグランプリほか、演出賞、脚本賞、俳優賞(洞口加奈)を受賞。

参加対象

「せんがわシアター・セレクト」チケットをご購入、またはご予約いただいた方
先着10名程度
年齢制限なし。中高生、学生、親子など、どなたでも大歓迎!

お申し込み方法

下記申込フォームよりお申込み、または、劇場窓口の申込用紙にご記入の上、お申込みください。

申込フォームはこちらです。
ここをクリック!(別ウィンドウが開きます)

主催・お問い合わせ

<主催>
調布市(調布市せんがわ劇場舞台芸術を楽しむ市民の裾野拡大事業)
調布市せんがわ劇場イベント実行委員会
<助成>
平成29年度 文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

<お問い合わせ>
■調布市せんがわ劇場 
 TEL:03-3300-0611(9:00~19:00)
■THEATRE MOMENTS
 TEL:03-6760-9709
 mail:t@moments.jp
 web:http://www.moments.jp/
■劇団820製作所
 mail:info@820-haniwa.com
 web:http://820-haniwa.com