このページの先頭
  Check  
(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方
演劇劇場プロデュース公演

市民出演者・スタッフ募集!
音楽劇「わが町、ちょうふ」~もののけ、の、け~

参加者募集中

初心者・家族参加大歓迎!!

私の大切な“もの”。
僕の大切な、思い出のつまった“もの”。
ひとのつよい想いが“け”となって、“物の怪”となる。

いまから150年前、「ちょうふ」の町は“明治維新”の通り道。
大きな時代のうねりが、甲州街道をかけぬけた!
その時の“落し物”が、いまの“忘れ物”に呼びかけた。
「大切なものを、忘れていないかい・・・」

大人の私たちの大切な想いが、いっぱいつまった“もの”たち・・・。
私たちは、何を忘れてしまったのだろう・・・。
子どもの僕たちが探している“もの”は、どこにあるのだろう・・・。

さあ、探しに行こう!
私の、僕の“もののけ、の、け”

申込締切:
〈市民出演者〉5月12日(金) 必着 
〈ボランティアスタッフ〉5月12日(金) まで受付

概要

音楽劇「わが町、ちょうふ」~もののけ、の、け~

構成・演出/末永明彦 作/七海 凪 音楽/上田 亨 振付/酒井麻也子

11月2日(木)~11月5日(日) 公演予定

主催/調布市・調布市せんがわ劇場イベント実行委員会

市民出演者 募集要項

【参加資格】
 ◎小学校2年生以上。
 ◎初心者歓迎
 ◎家族でのご参加大歓迎
 ※調布市民以外の方もご参加いただけます。

【公演参加費】
 大人25,000円 
 市民割引(市内在住・在勤)20,000円 
 ユース(学生及び23歳以下)15,000円 
 高校生以下10,000円
 ★家族参加割引あり(家族申込の場合、大人のみ20%OFF)
 ※5月21日初稽古時に持参(市民割引、ユースは証明書の提示要)

【公演期間・会場】 
 11月2日(木)~5日(日)調布市せんがわ劇場ホール 全6回公演予定。

【稽古期間】 
 ●前半稽古:5月~7月 
  木曜日18:30~21:00、日曜日14:00~19:00。
 ●後半稽古:8月~11月 
  木曜日18:30~21:00、土曜日14:00~20:00、日曜日14:00~20:00。
 ●最終舞台稽古(参加必須):
  10月26日(木)夜、10月28日(土)~29日(日)全日。
  11月1日(水)夜。
*後半稽古では、平日追加の抜き稽古(歌・ダンス、または、そのシーンに出て
いる人だけの稽古)あり。
*小中高生は、夏休み平日の稽古日に、昼間の特別稽古あり。
*夏休み(8月15日のお盆前後に、2週間程度)あり。

【書類審査】 書類選考後、郵送にて選考結果と、合格者には初日オリエンテー
ションの案内を送付。

【事前説明会】 5月7日(日)15:00~17:00(自由参加) せんがわ劇場

【初日オリエンテーション】 5月21日(日)14:00~17:00 せんがわ劇場ホール

【備考】 応募書類の返却不可。審査に関する問合せ不可。
出演者・スタッフの稽古・公演時における万が一のケガや事故の発生に備え、参加者の負担を軽減するために、主催者において、賠償責任及び傷害に関する保険に加入いたします。

ボランティアスタッフ 募集要項

本公演を裏で支えるボランティアスタッフを募集します。

【参加資格】 
◎高校生以上 ◎初心者歓迎
※調布市民以外の方もご参加いただけます。

◆舞台部
(舞台美術・大道具・小道具・衣装・照明・音響・映像など)
舞台で使うセットを作ってみたい、小道具を作ってみたい。役者さんが着る衣装を作りたい。照明や音響を勉強したい。映像が得意だから、お手伝いしてみたいなど、直接舞台に関係したお仕事です。

◆演出部
(演出・音楽・ダンス振り付け・舞台監督など各種助手・稽古進行助手)
舞台には出ないけれど、お芝居がどういう風に作られていくのか、見てみたい方にお勧めです。お手伝いをしながらいろいろなことが間近で見られます。

◆制作部
(劇場制作補助・広報関係・プレ企画運営など)
本公演までのさまざまな企画や宣伝のお手伝い。
そして本公演では受付をはじめ、お客さまが気持ちよく見ていただくためのお仕事です。
●その他「何がいいかなぁ??」「できるかなぁ??」「どんな仕事があるかよく分からない」という方も、お気軽にご相談ください。

【公演参加費】 
無料
※催事保険料のみ実費負担、1,000円程度
※募集要項は、上記〈市民出演者〉に同じ。

応募方法・〆切

【応募方法】
1. 指定申込書(本紙右面、必要事項と、18歳未満は保護者の同意文を明記)
せんがわ劇場窓口・市内公共施設、他にて配布、劇場HPからダウンロード可。

2. 写真1枚(集合写真不可、顔のわかるもの)

3.稽古スケジュールのNG(他の用事が既に入っていて、稽古をお休み、
または、遅刻早退する日)を記入。
 ●5月21日(日)14:00~17:00
  (初日オリエンテーション)のスケジュール。
 ●5月~7月(前半):木曜日18:30~21:00、日曜日14:00~19:00。
 ●8月~11月(後半):木曜日18:30~21:00、土曜日14:00~20:00、
     日曜日14:00~20:00
  ※現段階でわかっているNGがあれば明記すること。
  ※NGがない場合はその旨を明記。

4. 92円切手を貼った返信用長3封筒(ご自身の住所・氏名を明記)
以上4点を、調布市せんがわ劇場まで郵送または持参。

【応募用紙】
以下のURLよりダウンロードをしてください。
http://img01.tamaliver.jp/usr/s/e/n/sengawagekijo/指定応募用紙PDF.pdf

【宛先】
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5
調布市せんがわ劇場 「わが町、ちょうふ」係

構成・演出 末永明彦からのメッセージ

人の想いを込めた「もの」たちには、魂が宿り、不思議な力が宿る。
「もの」は、「物」であり、「者」である。
日本の「もののけ」たちは、とかく「妖怪変化」のように扱われるが、そうではない。
この物語に出てくる「もののけ」たちは、なつかしい「もの」たちであり、愛しい「もの」たちなのだ。
その「もの」たちの想い出の中の「もの」たちが、イキイキと動き出し、語りかけてくる。
そして、今を生きている私たちに「生きる道」を指し示し、「生きる力」を与えて、また想い出の中に消えてゆく。
でも、その“道”や“力”は「もののけ」たちから与えられたものではなく、
本当は、もとから自分の中にある“道”であり、“力”なのだ。「もののけ」たちは、そのことに気づかせてくれた、
そのきっかけを作ってくれただけなのだ。
きっとそうだ。
きっと、そうなのだと、僕は信じる。
だから君も、きっと信じて。
あなた自身の力を。果てしない可能性を。
「もののけ、の、け」は、そんな、あなた自身の物語です。

主催・お問い合わせ

<主催>
調布市・調布市せんがわ劇場イベント実行委員会

<お問い合わせ>
調布市せんがわ劇場
03-3300-0611 (9:00~19:00)
担当/古崎・安延