このページの先頭
  Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方

2018年のワークショップ一覧

ジャンル: 公演種別:

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ劇場とBAM(ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック)エデュケーション・ワークショップ参加者募集(市内中学校在学生および相当する年齢の方)

※参加申込み受付は終了しました。

■日程  2018年1月10日~2018年1月12日

演劇にはコミュニケーションがかかせません。
この演劇のプログラムでは、ニューヨークから招いたスティーブン・ディメンナさんが、演劇というツールを使った表現体験やゲームなど楽しむことから始め、参加者の皆さんのコミュニケーション力や表現力を高めます。
新たな自分を発見し、自己を表現しながら自分の周りの仲間を見つける、素敵な時間を過ごしませんか。

調布市せんがわ劇場がニュー・ヨークよりNY大学の教授であり、BAM(ブルックリン・アカデミー・オブミュージック)のTA(ティーチング・アーティスト)トレーナーである、Stephen DiMenna(スティーブン・ディメンナ)さんを招聘し、市内中学生向けのアウトリーチを開催いたします。

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ劇場とBAM(ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック)
コミュニケーション・ワークショップ参加者募集

※参加申込み受付は終了しました。

■日程  2018年1月13日

演劇にはコミュニケーションがかかせません。
この演劇のプログラムでは、ニューヨークから招いたスティーブン・ディメンナさんが、演劇というツールを使った表現体験やゲームなど楽しむことから始め、参加者の皆さんのコミュニケーション力や表現力を高めます。
新たな自分を発見し、自己を表現しながら自分の周りの仲間を見つける、素敵な時間を過ごしませんか。

ニューヨーク大学の教授であり、BAM(ブルックリン・アカデミー・オブミュージック)のTA(ティーチング・アーティスト)トレーナーである、Stephen DiMenna(スティーブン・ディメンナ)さんを招聘し、市民向けのアウトリーチを開催いたします。

演劇劇場プロデュース公演

せんがわアートサロン
アフタートーク in せんがわ

■日程  2018年2月9日

せんがわシアター121vol.11「うちの子は」アートサロンでは、初日9日公演後にアフタートークをお楽しみいただきます。

ゲストに、翻訳家の常田景子さん、「うちの子は」演出の松本祐子さん。
進行は、当劇場次世代芸術家で演出家の佐川大輔さん。

今回の公演は、昨年2月に当劇場で上演し好評を博した「海外戯曲リーディング」(フランス・パレスチナ・オーストラリア・カナダ・アルゼンチン・タイ・アメリカの短編現代戯曲7本のリーディング上演)の中から、「せんがわシアター121vol.11 海外戯曲シリーズ」として舞台化するものです。

昨年のリーディング公演に引き続き「うちの子は」演出の松本祐子さん、「海外戯曲リーディング」企画監修の常田景子さん、そして、「海外戯曲リーディング」総合演出の佐川大輔さん。
いったいどんなお話が飛びだすのか、公演とともに、ぜひお楽しみください。