このページの先頭
  Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方

2019年の公演一覧

ジャンル: 公演種別:

その他劇場プロデュース公演

おらほ亭 せんがわ落語会
【第一部(昼の部)】市民落語会
【第二部(夜の部)】家族で楽しめるプロの寄席

■公演日程  2019年1月12日

毎年ご好評をいただいている「おらほ亭せんがわ落語会」

2019年も、市民落語会とプロの噺家による落語会の二部構成でお送りします。
ふらっと足を運んで、新春初笑い!
笑顔あふれる一年をせんがわ劇場でスタートしませんか。
実は身近で親しみやすく、聴く人によって無限の広がりを持つ噺の世界を、気軽に、自由にお楽しみください。
きっとあなたも惹き込まれるはず!

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME208

■公演日程  2019年1月13日

瀧廉太郎へのオマージュ

その短い生涯からは想像もできないほど数多くの名曲を生み出した瀧 廉太郎。
代表作も多い唱歌はもちろん、唱歌以外の作品にもスポットをあて、
瀧廉太郎の音楽の世界をお届けします。

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~ プレイベント「ケベックの文化と今日の演劇について」

■公演日程  2019年1月14日

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~ プレイベントです。
ゲストをお招きして、ケベック州について、そしてケベックの舞台芸術についてお話いただきます。

演劇貸し館

調布市せんがわ劇場地域連携事業
桐朋学園芸術短期大学専攻科演劇専攻50期修了公演『どんどこどん』

■公演日程  2019年1月25日~2019年1月28日

調布市せんがわ劇場地域連携事業  
桐朋学園芸術短期大学専攻科演劇専攻50期修了公演   
『どんどこどん』 <上演時間 2時間>


~“ことば”で遊ぶ無限の可能性~

詩人、谷川俊太郎の戯曲『どんどこどん』。
大人から子どもまで、言葉遊びの世界へようこそ!!

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~

■公演日程  2019年2月8日~2019年2月17日

俳優が語る言葉を〈聴く〉ことで
情景や登場人物が現れ
想像の翼を広げることができる「リーディング」
この「リーディング」をテーマに
日本の童話、海外の戯曲、そして地域の方々の語る熱い声に
耳を澄ませる2週間。
気軽に演劇を楽しむことができる
せんがわ劇場の「リーディング・フェスティバル」をめざします

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~せんがわシアター121vol.12 日本童話リーディング「車のいろは空のいろ」

■公演日程  2019年2月8日~2019年2月11日

タクシー運転手の松井五郎さんは、春野タクシーというタクシー会社で空色のタクシーを運転している。ある時は、人間のお客さんを乗せたのに、あらためて見ると動物だったり、ある時は、いつのまにか道路や地面でない所を走っていったり、またある時は、時間と空間を往復したり。そんな日常と非日常が交差する、松井さんのファンタジックなタクシー業務のものがたり。

ポプラ社刊 『車のいろは空のいろ』シリーズ3巻の中から、「春のお客さん」「山ねこ、おことわり」「しらないどうし」「くましんし」「雪がふったら、ねこの市」の5編を4人の俳優で紡ぎます。

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~地域参加団体公演

■公演日程  2019年2月9日~2019年2月11日

ぷちぷち、ちょうふ★座21、Human b.with 東京演劇女子、創作ユニット「エレメンツ」、彦市くらぶ、調布市内で活動中の地域5団体のリーディング公演。
各5団体公演(1団体20分)を1ステージとして、4ステージ公演を行います。

ぷちぷち
スイミー~みんなで力を合わせれば怖くない!~

ちょうふ★座21
樋口一葉 作 十三夜 より

Human b.with 東京演劇女子
ミグラード 朗読劇『銀河鉄道の夜』

演劇ユニット「エレメンツ」
彼女の場合

彦市くらぶ
木下順二 作 彦市ばなし より

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME209

■公演日程  2019年2月10日

世界の楽器シリーズ
<フィンランドの楽器・カンテレ>


今回のサンデー・マティネ・コンサートは、フィンランドの民族楽器、
カンテレの演奏をお贈りします。
日本ではまだ珍しい楽器。
その繊細で優しく神秘的な音色を存分にお楽しみください。

<カンテレとは・・?>
カンテレ(kantele)はフィンランドの民族楽器の一つで、ツィター属に属する撥弦楽器の一種です。(中略) もともとは1 片の木をくりぬき、表面に5 本の弦を張ったシンプルな作りでしたが、詩や踊りの伴奏楽器として、あるいはソロ楽器としての価値を追求する過程で次第に多弦化されていきました。現在では小さいもので5 弦、大きいもので40 弦のものがあり、同じ” カンテレ” でも、楽器本体が所持している弦の本数によって形状や音色が異なることも大きな特徴と言えます。(TERESIANKANTELE WEB サイトより)

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~せんがわシアター121vol.12 海外戯曲リーディング「鋼のピアノ」<中国>

■公演日程  2019年2月13日~2019年2月17日

鉄鋼工場をリストラされた主人公は、音楽の夢を持つ10歳の娘のために、友人の助けを借り、鋼鉄でピアノを作ってしまう。
生活の辛さと、その中でのユーモアを通して、深い親心と友情を描く。生活の本質をリアルに表現する、温かいコメディ。

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~せんがわシアター121vol.12 海外戯曲リーディング「間違いの年月」<アルゼンチン>

■公演日程  2019年2月13日~2019年2月17日

70歳を超える兄弟とその兄嫁の老人3人が住むスタンコビッチ家。
ある日、一人の男がやってきて「母の遺言によると、父はこの家のスタンコビッチさんだそうです」と告げる。
若かりし頃の記憶も曖昧な兄弟は、どちらが本当の父親か覚えていない。闖入者の登場で老人3人は戸惑い、思わぬ結末へ。

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~せんがわシアター121vol.12 海外戯曲リーディング「顔のない少年」<カナダ・ケベック>

■公演日程  2019年2月13日~2019年2月17日

ある朝、母は、ベットにいた息子ジェレミーの目、鼻、口、耳が無くなっているのを発見する。
映画館でゾンビ映画を見ていたはずのジェレミーとジェシカ。
いつしか二人の男女は不思議な世界に浸り込んでゆく。

その他貸し館

「うまれる」上映会

■公演日程  2019年2月19日

両親の不仲や虐待の経験から親になることを戸惑う夫婦。
出産予定日に我が子を失った夫婦。
子どもを望んだものの授からない人生を受け入れた夫婦。
完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。

自分たちが生まれてきた意味や命の大切さ、人との繋がり、“生きる”ことを考える、ドキュメンタリー映画です。

ナレーション つるの剛士