このページの先頭
  Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方

2018年の公演一覧

ジャンル: 公演種別:

その他劇場プロデュース公演

おらほ亭 せんがわ落語会
【第一部(昼の部)】市民落語会
【第二部(夜の部)】家族で楽しめるプロの寄席

■公演日程  2018年1月6日

毎年ご好評をいただいている「おらほ亭せんがわ落語会」

2018年も、市民落語会とプロの噺家による落語会の二部構成でお送りします。
ふらっと足を運んで、新春初笑い!
笑顔あふれる一年をせんがわ劇場でスタートしませんか。
実は身近で親しみやすく、聴く人によって無限の広がりを持つ噺の世界を、気軽に、自由にお楽しみください。
きっとあなたも惹き込まれるはず!

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME189

■公演日程  2018年1月7日

新春・オルガンコンサート

2 0 1 8 年の新春コンサートは、移動が可能な小さなパイプオルガン「ポジティフ・オルガン」の演奏をお贈りします。ドイツで研鑽を積み、数々のコンクール入賞を果たす若手オルガニスト大木麻理さんを迎え、オルガンの荘厳な響きと音楽を、新しい年の幕開けに体験していただきます。お楽しみ!

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME190

■公演日程  2018年1月21日

童謡・唱歌 その謎にせまる!

うさぎは美味しい?證誠寺にはたぬきがいたの?春の小川はどこにある川?

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、せんがわ劇場音楽コーディネーターの松井康司さんの解説で、誰もが知っている童謡・唱歌の知られざるエピソードを演奏とともにお贈りするコンサートです。どんなお話が聴けるのか、お楽しみに。

演劇貸し館

調布市せんがわ劇場地域連携事業
2017年度桐朋学園芸術短期大学二専攻合同公演
専攻科演劇専攻49期修了公演
『港町ちぎれ雲』

■公演日程  2018年1月26日~2018年1月28日

時は幕末。綱元の伜で無頼の若者たちの頭、通称ゴロ長と港で一番人気の娼婦、お蝶。そこへ記憶喪失の男が流れ着く…。勤皇か佐幕か、時代の潮に翻弄される人々の姿がここに―。

幕末を舞台に、時代に翻弄されるやくざモノたちを描いた、ミュージカル仕立ての時代劇。三味線の生伴奏もお楽しみください。

演劇劇場プロデュース公演

せんがわシアター121 vol.11 海外戯曲シリーズ
「うちの子は」

■公演日程  2018年2月9日~2018年2月13日

親から子への歪んだ愛情
それに抵抗する子どもの不安や葛藤
出口のみえない問題を抱えた「親子」にまつわる
10のシーンからなるオムニバス作品


昨年度2月、せんがわシアター121「海外戯曲リーディング」でリーディング公演として上演した、7つの国と地域の作品の中から、好評だった「うちの子は」(フランス作品)を、演劇公演・海外戯曲シリーズとして上演します。

「せんがわ劇場ニュース」1/20号での演出家・出演者インタビューは
下のリンクからご覧ください!
せんがわ劇場ニュース

初日(2月9日)の、調布市市民観劇モニターを募集します!
詳しくは、下記リンクから募集ページへ!
開幕直前!調布市民観劇モニター募集

演劇劇場プロデュース公演

開幕直前!調布市民観劇モニター募集

※参加申込み受付は終了しました。

■公演日程  2018年2月9日

「うちの子は」初日(2月9日19時)の回を観劇し、観劇(感想)レポートを提出して下さる、調布市民観劇モニターを募集します!
昨年のリーディング上演の際「身につまされる」「人ごととは思えない」「すごく面白かった」「夢中になった」と、お客さまから絶賛をいただいた本作品、あなたの感想をお聞かせください!
モニターに決まった方は、無料でご招待します。ぜひこの機会をお見逃しなく!


音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME191

■公演日程  2018年2月11日

ホルンカルテット

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、桐朋学園大学ホルン科の有志によるホルンカルテットのコンサートです。
ホルンのための曲からどこかで聴いたことのある曲まで、やわらかい音色のアンサンブルを、ぜひ、この機会にお楽しみください。

その他劇場プロデュース公演

ムービーダイバー~Walking in the Seabed~「めぐりあい JAXA 2018」

■公演日程  2018年2月17日

日時:2018年2月17日(土)開場13:00 開演13:30 終演17:00
第1部13:30~15:00「かぐや」広報講演:テクノロジーお月見:山あり谷あり穴もあり!
第2部15:30~17:00「だいち」広報講演:だいち最後の仕事 311を観測する

美しすぎるビッグデータ、と形容したくなるほどJAXAの映像/画像アーカイブには心を奪われます。しかも撮影者は機械であり、美意識や表現欲求はゼロ。だからこそ美しいと言ってしまいたい。わたしたちは生産性、芸術性のもとに加工された映像に慣れすぎてはいないでしょうか? 「めぐりあいJAXA」では、究極の生データにアクセスし、ナレーションや音楽も入れずただただ観望するという逆説的にリッチな体験が可能です。
今回は月と地球の2部構成です。衛星「かぐや」が捉えた月面、衛星「だいち」が捉えた地表(東北地方)の動画観望をメインに、観望前にはプロフェッショナルのやさしい解説や最新の動向についてのトークを設けます。観望の幕間にはJUN(80KIDZ)のDJで和めます

その他劇場プロデュース公演

21st CHOFU SHORT FILM COMPETITION

■公演日程  2018年2月18日

日時:2018年2月18日(日)

表彰式 13:00~13:30(開場12:30)
上映会 13:30~19:00 
・Aプログラム13:30~15:00
・Bプログラム15:30~17:00
・Cプログラム17:30~19:00

会場:調布市せんがわ劇場(京王線仙川駅より徒歩4分) 会場アクセスはこちら

定員:各120人 ※入場無料(当日先着順、事前申込み不要)

主催:公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
後援:J:COM/調布FM 83.8MHz/調布市観光協会/調布市教育委員会/調布パルコ

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME192

■公演日程  2018年2月25日

東京室内歌劇場
「天国と地獄」ってなあに?
~ グルックからオッフェンバックまで ~


今回のサンデー・マティネ・コンサートは、誰もが走りたくなるあのメロディ「天国と地獄」のギャロップで有名なオペレッタをご紹介。
オッフェンバックの軽妙な喜歌劇のエッセンスをお楽しみ下さい。

音楽劇場プロデュース公演

サンデー・マティネ・コンサートPlus+ Vol.15

■公演日程  2018年2月25日

日本フィルハーモニー交響楽団ソロ・チェリストの菊地知也氏をお迎えして、チェロの世界に浸る1時間。
この機会をお見逃しなく。

音楽劇場プロデュース公演

第6回せんがわピアノオーディション
受賞コンサート

■公演日程  2018年3月3日~2018年3月4日

2017年8月に開催した「第6回せんがわピアノオーディション」受賞者によるコンサート。
仙川からはばたく若いピアニストの演奏を、いち早く聴く絶好の機会です。

【3月4日(日)】
14:00開演(13:30開場)
「坂本リサ ピアノリサイタル」(最優秀賞受賞)

【3月3日(土)】
14:00開演(13:30開場)
「田母神夕南×秋山紗穂 ジョイントピアノリサイタル」(優秀賞受賞)

音楽その他貸し館

宮沢賢治の世界 (おとえうたコンサート2018)

■公演日程  2018年3月17日

本公演は、図書館にもチラシが配布されており、文学作品や宮沢賢治の世界に興味を持っていただけるコンサート。教育委員会後援により、小学生~中学、高校、大学生の学びの機会となる事が期待され、また、文学作品に多く触れておられる大人の方にも楽しんでいただける内容です。

知られざる宮沢賢治自筆の歌詞原稿や楽譜、描いた絵をスクリーンに投影しながら
朗読+チェロ、フルート、ピアノ、バイオリンによるアンサンブルをプラスして、豪華にお届けします。ジブリの曲をお届けします。
宮沢賢治の長編「セロ弾きのゴーシュ」では新しくオリジナル曲と絵による初演となります。

〈賢治自作の歌曲〉
・星めぐりの歌
・月夜のでんしんばしら
〈賢治替え歌力〉
・種山が原 原曲ドボルザーク「新世界」より
・火の島の歌 原曲ウェーバー「歌劇オベロンより」
〈賢治作の楽譜付き童話〉
・イーハトーボ農学校の春(太陽光を音として感じそれを譜面にしている傑作)
〈賢治の朗読会の再現〉
・詩朗読「普香天子」シューマン作曲「アーベントリート」と共に
 
ジブリの世界 ~ねこバス・さんぽ・君をのせて~

その他貸し館

「なぜ生きるー蓮如上人と吉崎炎上ー」映画上映

■公演日程  2018年3月22日

何のために生きているのか?
――その答えがここにある。  
応仁の乱から戦国時代へ。先の見えない不安が世の中を覆っていた時代 に、“なぜ生きる”の答えに命を懸けた男たちがいた……  歴史アニメ「なぜ生きる――蓮如上人と吉崎炎上」は、シリーズ100万 部突破の大ベストセラー書籍『なぜ生きる』の映画版です。 “なぜ生きる”という問いかけは、大災害やテロにおびえ、子育てや介護 などに悩む現代の私たちにとっても、切迫した問題です。全ての人を生き 苦しさから解き放つ“なぜ生きる”の答えとは!

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME193

■公演日程  2018年3月25日

ファゴットと弦楽器の
    アンサンブルコンサート


今回のサンデー・マティネ・コンサートは、山形交響楽団を中心としたメンバーでお贈りするアンサンブルコンサート。深い音色から甘いメロディまで柔らかい音が魅力の木管楽器・ファゴットと、華やかなヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽器による演奏で、2 0 1 7 年度最後のコンサートを彩ります。

舞踏貸し館

北村明子 アジア国際共同制作プロジェクト 『Cross Transit "vox soil"』

■公演日程  2018年3月28日~2018年3月30日

振付家・ダンサーの北村明子が、日本とアジアのアーティストと共に創り上げる国際共同制作プロジェクト「Cross Transit」の最新形。2015年に始動し、日本とアジアの地域・伝統文化の調査を行う中で出会ったアーティスト・文化と共に作品作りを継続している。

プロジェクト3年目、インド・マニプールの音楽家・Mayanglambam Mangangsanaをドラマトゥルクに迎え、日本・カンボジア・インドネシアのダンサー・アーティストと作り上げる珠玉のダンス作品。

踊りは、民族や国籍、言語の差を越えて、足元に広がる大地を通して繋がる行為。身体の重さを地面に伝える「踏む」という動作は、様々な出自を持つダンサーたちのステップに、その振動はリズムとなり地面で混じり合い、ダンスという対話へと変換される。 これは、土地ごとの音楽や身体の所作に大切に受け継がれている(トランジット)「種」を融合(クロス)させ「未来のアジア」として開花させるという、ひとつの祈りかもしれない。

演劇貸し館子ども向け公演

EMC文化倶楽部2018年公演

■公演日程  2018年4月6日~2018年4月8日

『僕らは少年探偵団ー怪人二十面相最後の事件ー』
原作 江戸川乱歩
脚色 もりもとじん
演出 富田稔英(文学座)
2018年4月6日(金)~8日(日)
※開場は、開演30分前です。

<あらすじ>
あの「怪人二十面相」と「少年探偵団」の長かった対決もいよいよクライマックス。名探偵・明智小五郎の残したメッセージとは……。

物語は意外な幕開けとなる。
怪人二十面相と名探偵・明智小五郎の最後の対決なのか、
暗闇に飛び交う銃弾、ふたりの対決の決着はついたのか?
その結末がわからぬまま、月日は流れる。
そして、夜な夜な東京の街で奇妙な事件がで起こる。
「青銅の魔人事件」。
名探偵・明智小五郎の弟子、小林君率いる少年探偵団の捜査は続く。
青光りする仮面を被った巨人は、都内の時計店や時計台を襲い、大量の時計を盗む。人々の噂は、さらにエスカレートして街で暮らす人たちの恐怖が拡大する。
様々な情報や噂に翻弄される警視庁の警察官たち。
数週間後のある日、しばらくなりを潜めていた青銅の魔人の犯行が再開する。
元華族の家宝を狙って、青銅の魔人からの犯行予告状か届くのだ。
色めき立つ警部や刑事たち。
犯行の標的となった元華族の心配をよそに、まんまと家宝の「夜光の時計」が奪われる。逃げる魔人、追う少年探偵団と警察。
魔人めがけての警察官の一斉射撃。その銃弾を跳ね返す青銅の魔人。
銃弾戦に巻き込まれた明智小五郎の秘書と小林君。
救急車のサイレンが夜の街に響く。
青銅の魔人のアジトへの潜入に成功した少年探偵団。しかし、団員が捕まってしまう。アジトである地下室では、夜な夜なとんでもないものが開発されていた。
やがて、小林君や少年探偵団は、青銅の魔人の犯行のトリックを突き止める。
そして、いよいよ最後の対決。
青銅の魔人の開発していた、恐ろしい武器の正体とは。
青銅の魔人の正体とは。
復讐のために、再び戦禍を招こうとする悪の正体とは。
そしてついには、怪人二十面相の正体も暴かれる。
意外な結末は、ぜひ劇場でご覧ください!!!

舞踏貸し館

ひめしゃら塾舞踊公演「夕鶴」

■公演日程  2018年4月12日~2018年4月13日

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME194

■公演日程  2018年4月15日

金管五重奏コンサート

新年度のスタートは、桐朋学園大学の皆さんによる演奏をお届けします。
春のひとときにフレッシュな演奏をお楽しみください。

演劇貸し館

くちびるの会 第5弾『逃げぬれて、夜』
第8回せんがわ劇場演劇コンクール・オーディエンス賞受賞公演

■公演日程  2018年4月19日~2018年4月23日

—その女は、レジスターの前に追い詰められていた!
若さばかりをカゴに詰め込み、生活に監禁される生活、生活。
閉店まぎわの半額シールは今日という日の廃棄の印。
やっとのこさでもぐり込むは万年床のせんべい布団。
「だったらいいな」を日記にしたため、涙、涙でほくそ笑む!
逃げろ!太陽が笑う前に!このずぶぬれの夜道を!

くちびるの会、約2年ぶりの新作長編は、ずぶずぶぬれの逃亡劇!
京王線の区間急行とまる仙川で、待っていました本公演!

稽古場レポートをアップしました!
せんがわ劇場ブログ:くちびるの会 「逃げぬれて、夜」 稽古場観覧レポート!

第8回せんがわ劇場演劇コンクールの情報はこちら
第8回せんがわ劇場演劇コンクール サイト

演劇音楽その他貸し館子ども向け公演

東京室内歌劇場スペシャルウィーク2018in調布市せんがわ劇場 オペレッタ《天国と地獄》

■公演日程  2018年4月26日~2018年4月30日

沢山のオペレッタを作曲したJ.オッフェンバックの最大の傑作と言われる作品。
今回上演する東京室内劇場スペシャル版は、最初の2幕版をベースに4幕版の魅力的な楽曲を組み込んで、日本語で上演いたします。
7回目を迎えた東京室内歌劇場スペシャルウィークの新演出《天国と地獄》をお楽しみください!!

Aキャスト=26日、28日13:00、29日17:00、30日13:00
Bキャスト=27日、28日17:00、29日13:00、30日17:00

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME195

■公演日程  2018年5月6日

童謡100 周年
いま聴きたい童謡の名曲たち


1918(大正7)年、児童雑誌「赤い鳥」で童謡という言葉が生まれて今年で100 年。
現代まで歌い継がれてきた童謡の数々を、曲にまつわるエピソードなども交えてお贈りします。

演劇舞踏その他貸し館

第8回せんがわ劇場演劇コンクール
グランプリ受賞公演
スペースノットブランク
「ラブ・ダイアローグ・ナウ/ネイティブ」

■公演日程  2018年5月10日~2018年5月13日

舞台作品を持続させてゆくことの価値を見極めるために、昨年第8回せんがわ劇場演劇コンクールにて上演した「ラブ・ダイアローグ・ナウ」を、新たに上演します。舞台作品を通過させてゆくことの価値を見極めるために、新作「ネイティブ」を上演します。2作品を4日間で交互にそれぞれ3回ずつ上演します。出演者は、これまでの作品に参加していただいたことのある方々に加え、新たにワークショップ・オーディションにて選ばれた方々によって構成されています。「出会いについて」を描く「ラブ・ダイアローグ・ナウ」と、「次元について」を描く新作「ネイティブ」、どちらもご期待ください。

ラブ・ダイアローグ・ナウ」では、説明の交錯によって男女の出会いの過程を描きます。出演者は男性が1人と、女性が3人の全4人。4人がそれぞれの説明をしながら、その説明が織り交ざり、重ね合わされて違う形態へと変わるように作品は構築されます。個人情報、出会いの体験、性差、いくつかの思考が交じり合った説明がフィクションを帯びて表れます。「説明」を主体とする、全編が「独白」のように見える「対話劇」であり「ひとりごとが伝染する」かのような現象が起こります。それらの過程を経て最後にはただ少しロマンチックな出会いの物語が浮かび上がります。
初演 2017年7月16日(日)於 調布市せんがわ劇場

ネイティブ」は、9人の出演者とすべての観客が持つそれぞれの「次元」を共有することによって生まれる新たな舞台芸術体験としてのパフォーマンス作品です。芸術作品は作られ、そして見られることによってその価値を成し、観客に新しい見解を生み出します。観客と作品が出会う劇場にて繰り広げられるシチュエーションは多次元であり、そこに表れる9人の出演者は舞台とそれ以外のすべての環境に適応しながらひたすらに表現することに尽力します。どこから来てどこへ行くのか、芸術の真意は日常に於いて不明瞭ながらその超常の価値を私たちに訴え続けています。どこからも、ここからも、人間の新しい見解は生まれ、躍動し、さあ、人生は潤うのでしょうか。その命が終わる前の少しばかりの楽しみを芸術に求めた者たちが集い、次元間コミュニケーションを図ります。

第8回せんがわ劇場演劇コンクールの情報はこちら
第8回せんがわ劇場演劇コンクール サイト

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME196

■公演日程  2018年5月20日

スタンダードジャズを聴く

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、モダンベースの藤原清登さんをお迎えして、スタンダードジャズお贈りします。お楽しみに。

その他貸し館

朗読を楽しむ会「言の葉」春の発表会

■公演日程  2018年5月22日

「朗読会」です。
会員の半数、約13名がそれぞれ好きな作品を15分くらいずつ朗読します。
朗読の合間は出入り自由です。
ジャンルも多様で十分お楽しみ頂けるでしょう。
読書は活字だけから、朗読は五感をフル活動させてイメージを膨らませ、作品の世界にいざないます。

音楽貸し館

名取裕子ピアノコンサート 初夏のプリズム

■公演日程  2018年6月2日

スカルラッティ:ソナタk135
シューベルト:即興曲作品90−3、142−3
ショスタコビッチ:24のプレリュードとフーガ第2番
バルトーク:3つのシク地方の民謡/舞踏組曲第3番
ショパン:即興曲作品66 練習曲作品10−5 ワルツ作品64−2
モンポウ:歌と踊り 第6番 第7番
ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲

音楽貸し館

ピアノデュオ アフォガート 第二回リサイタル

■公演日程  2018年6月3日

<東京公演>
2018年6月3日(日)
13:30 開場
14:00 開演

音楽劇場プロデュース公演

調布市せんがわ劇場開館10周年記念事業
6/9(土)「仙川・まちなかコンサート」

■公演日程  2018年6月9日

「仙川・まちなかコンサート」
2018年6月9日(土)11:00~18:00

仙川の街をさんぽしながら、
気軽に音楽にふれる一日。


せんがわ劇場/桐朋学園大学/桐朋学園芸術短期大学/仙川商店街
/ぴぽっと仙川/クイーンズ伊勢丹/キックバックカフェ ほか

観覧無料・予約不要

---
今年で開館10周年を迎えた調布市せんがわ劇場。
それを記念して、仙川の街の色々な場所で小さなコンサートを繰り広げます!

調布市せんがわ劇場をはじめ、桐朋学園大学、桐朋学園芸術短期大学での演奏、
そして、駅前や仙川商店街など、野外やお店でも演奏します!
ぜひ、当日は、ふらっと仙川に遊びにきてください。

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME197

■公演日程  2018年6月10日

未来のホープコンサートvol.22

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、仙川から羽ばたく未来の名演奏家をご紹介する未来のホープシリーズ22 回目。
今回は、若きチェリスト水野優也さんが登場。フレッシュな演奏をお楽しみください。

音楽劇場プロデュース公演

ファミリー音楽プログラムVol.21
「子どものための演奏会入門コンサート」 

※参加申込み受付は終了しました。

■公演日程  2018年6月10日

演奏会ってどんなところ?拍手っていつするの?
クラシックコンサートのマナーや、
楽器の紹介などのお話と、
後半は実際に演奏会をお楽しみいただきます。
おやこで初めてのクラシックコンサートに出かけてみませんか?

対象:5歳~小学生とその保護者
(小学3年生までのお子様は必ず保護者の方とお越しください。)

音楽貸し館

ボーカル教室ドリームヴォイス超史上最大の歌の発表会2018「歌って幸せ降らせましょう♪」

■公演日程  2018年6月17日

今回も60名以上の生徒が出演決定!
ボーカルレッスンで鍛えた声で奏でる名曲の数々、
ピアノ、ギターの弾き語り、ダンスやコラボ、
映像による生徒紹介などの楽しいVTR演出、
インストラクターのクラス別グループステージ、
ミュージカルクラスによるオリジナル脚本による舞台など
いわゆる音楽教室の「歌の発表会」を超えた
盛りだくさんの楽しい歌まつりです!

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME198

■公演日程  2018年6月24日

クラシックギターコンサート

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、新進ギタリスト・山田岳氏を迎えての、クラシックギターコンサート。
スペイン音楽を中心にお贈りします。

演劇劇場プロデュース公演

市民舞台芸術学校 市民参加演劇講座 
成果発表会

■公演日程  2018年7月1日

7月1日(日)14:30開演(14:00開場)
市民舞台芸術学校 市民参加演劇講座の成果発表会を行います。

○朗読講座「舞台朗読の基礎~わたしの創る…ことば~」
○戯曲リーディング講座「おんな・オンナ・女・OTOKO」
○市民演劇入門講座「ここにある物語~わが町発見プロジェクト~」
○伝統芸能(地唄舞)講座「身体で語る伝統芸」

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME199

■公演日程  2018年7月8日

未来のホープコンサートvol.23

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、
仙川から羽ばたく未来の名演奏家をご紹介する
未来のホープシリーズ23 回目。
若きヴァイオリニスト島方瞭さんが登場。
オール無伴奏プログラムにご期待ください。

演劇劇場プロデュース公演

第9回せんがわ劇場演劇コンクール

■公演日程  2018年7月14日~2018年7月15日

演劇コンクール特設サイト
http://www.sengawa-gekijo.jp/engekiconcours/


7月14日(土)【1日目】
13:30~14:10 コトリ会議(大阪府)
15:00~15:40 ブルーエゴナク(福岡県)
16:30~17:10 ゆうめい(東京都)
受付は各回開演30分前/開場は各回開演15分前

7月15日(日)【2日目】
13:30~14:10 すこやかクラブ(東京都)
15:00~15:40 パンチェッタ(東京都)
16:30~17:10 N2/エヌツー(京都府)
 ※N2の「2」は下付きの小文字が正式表記
受付は各回開演30分前/開場は各回開演15分前

18:30~20:00 表彰式
入場整理券は開演45分前配布予定

演劇劇場プロデュース公演

第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/14(土) 13:30
コトリ会議 『チラ美のスカート』

■公演日程  2018年7月14日

『チラ美のスカート』

恐竜時代を終わらせた程の隕石が地球にぶつかる。どうする?隕石を爆破させるだなんてだめだ。地球をズラすのもだめだ。太陽系は絶妙なバランスで配置されているんだ。チラ美は今日、クレープ屋の面接に来ていた。

演劇劇場プロデュース公演

第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/14(土) 16:30
ゆうめい 『家を走る』

■公演日程  2018年7月14日

『家を走る』

祖父は「走るのを止めると死んでしまう」という夢を何度か見ていて、起きると汗やらで布団も濡れててぐちゃぐちゃで困っていました。そんな祖父と孫の今を探るような話を作っていきます。

演劇劇場プロデュース公演

第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/14(土) 15:00
ブルーエゴナク 『おとずれないひのために』

■公演日程  2018年7月14日

『おとずれないひのために』

幼馴染みのクジケ、行能(ゆきよし)、仏の座。
彼女たちは永遠ともいえるその青春の時間を駆け抜ける。
ふと自分の人生を振り返るとき、忘れていた何かが聞こえる。
肉体-記憶-関係、それぞれの終わりについて。


演劇劇場プロデュース公演

第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/15(日) 13:30
すこやかクラブ 『遠くへいきたい』

■公演日程  2018年7月15日

『遠くへいきたい』

「遠くへいきたい」という希望は常に、絶対にそこへはたどり着けないという絶望を孕んでいる。
希望と絶望のスパイラルにホンロウされながら、それでも希望を目指し続ける人びとのお話し。


演劇劇場プロデュース公演

第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/15(日) 15:00
パンチェッタ 『Parsley』

■公演日程  2018年7月15日

『Parsley』

Q.あなたはパセリを食べますか?
はい
いいえ
Q.あなたはパセリを食べますか?
はい
いいえ
Q.あなたはパセリを食べますか?
はい
いいえ
Q.あなたはパセリを食べますか?
はい
いいえ
Q.あなたはパセリを食べますか?
はい
いいえ


演劇劇場プロデュース公演

第9回 せんがわ劇場 演劇コンクール
7/15(日) 16:30
N₂ 『桜紙』

■公演日程  2018年7月15日

『桜紙』

水害よりも風評被害のほうが大事だという流行り病におかされているから、遠くから泳いできた木造船へ火はあがらないし、彼らは小言もいえず、ただ静かに腐っていくほかない。縦に横たわる三つの川、遡らない山々。あそこまで近しくあった海はもうどこにもなく、再び雨にふられるのを待っているようだ。

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME200

■公演日程  2018年7月22日

200回記念コンサート

サンデー・マティネ・コンサートはおかげさまで200 回を迎えます。
記念すべき200 回目のコンサートは、
「これからもずっと愛され続けていきますように」
そんな願いをこめて地域の皆さんの歌声で彩るコンサートです。

演劇音楽その他

第32回おらほせんがわ夏まつり in せんがわ劇場
※7月28日(土)は台風のため中止になりました。

■公演日程  2018年7月28日~2018年7月29日

夏祭りは親子&友達一緒にせんがわ劇場へ!

---------------------------------------------------------------------------
台風に伴うイベント変更のお知らせ
台風が接近するとの予報を受けて、参加者の安全を考慮した結果、
7月28日(土)・・・中止  7月29日(日)・・・実施とさせていただくことに致しましたのでお知らせいたします。
 楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、また直前のご案内となりましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

また、7月29日(日)の午前中に予定しておりました「劇場面白探検ツアー
ロールプレイング劇場」は以下の時間に実施致します。
①12:00~ ②13:15~ ③13:45~ ④15:00~ ⑤15:30~

わたがしと麦茶の配布は予定通り行います!
みなさまのお越しをお待ちしております。
---------------------------------------------------------------------------

7/28(土)・29(日)に開催される地元仙川の夏まつり「おらほせんがわ夏まつり」(主催:仙川商店街協同組合)の期間中、せんがわ劇場では親子で楽しめる様々なイベントを開催します!

おらほせんがわ夏まつり(仙川商店街協同組合)全体の情報はこちらをクリック

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME201

■公演日程  2018年8月5日

   シャンソン・フランセーズ
~ クラシック歌手による シャンソン・ショウ
    シャンソニエにようこそ ~


せんがわ劇場がシャンソンを楽しむ場所、シャンソニエに。
日曜の午前に、フランスの薫りを楽しんでみませんか。

演劇劇場プロデュース公演

市民舞台芸術学校 夏休み子ども表現
フシギオンの国のアリス
成果発表会

■公演日程  2018年8月5日

8月5日(日)16:30開演(16:00開場)
市民舞台芸術学校 夏休み子ども表現講座の成果発表会を行います。

フシギオンの国のアリス
~ヘンテコのことばとヘンテコなうごき~

「不思議(ふしぎ)」+「音(おん)」=「フシギオン」!?
ヘンテコなことば「フシギオン」をセリフにして、
「不思議の国のアリス」の世界を探検します!

音楽貸し館

西日本豪雨被災者のためのチャリティーコンサート

参加者募集中

■公演日程  2018年8月8日

この夏、豪雨によりたくさんの方々が被災し、亡くなられ、家を失い、家族を失い、思い出を失いました。岡山で生まれ育った私にできることは、こうして歌い、皆さまのご厚意をいただく事しかありません。
このコンサートの収益は日本赤十字社を通して被災者の皆さまへ全額お届けいたします。まだまだ暑い夏、皆さまに癒しの音楽を・・・。

演劇貸し館

カスタムプロジェクト第五回公演「疑惑の教室にて」

■公演日程  2018年8月10日~2018年8月12日

前作、完全正答率3・2%
今回も謎を解くのはあなたです!

僕たちが目を覚ますと、そこは廃校だった。
「皆さんこんにちは。こしあんです。今日は皆さんにこのクラスの学級委員長を決めてもらいます」
窓や玄関は封鎖され、廃校から出ることはできないようだ。
「学級委員長は投票で決めます。委員長になると、特典として銃がもらえます」
……銃?
「銃があれば番長にも襲われないで済みます」
……番長?
「番長は怖いです。夜になると皆さんのうち誰か一人を殺害しにやってきます。ぶるぶる」
この学校から出るには、番長が誰かを当てるしかないと言う。
果たして僕たちはこの廃校から生還できるのだろうか……。


本公演は【観客参加型】の推理劇です。
あなたには連続殺人犯「番長」が誰なのか推理して頂きます。

①出題パート
事件のあらましを役者達が演じます。

②推理パート
捜査資料を見ながらお客様自身が推理し、解答用紙にご記入頂きます。

③解決パート
事件の全貌を役者達が演じ、解決します。

音楽劇場プロデュース公演

高橋多佳子プロデュース 「第7回せんがわピアノオーディション」

■公演日程  2018年8月26日

若手ピアニストを対象とした 高橋多佳子プロデュース「せんがわピアノオーディション」も第7回を迎えます。

オーディションは無料で一般観覧ができます。
予備審査を通過した若きピアニストの演奏を聴きにいらっしゃいませんか?

入場無料

※途中入場可(休憩時のみ)
※50 席程度
※未就学児入場不可
※事前予約不要(当日、会場へ直接お越しください。)
※オーディションの進行により時間が多少前後する可能性がございます。
予めご了承ください。

音楽劇場プロデュース公演

「JAZZ ART せんがわ2018」
~ 野生に還る音 親密な関係 生きる芸術 ~

■公演日程  2018年9月14日~2018年9月16日

「JAZZ ART せんがわ2018」開催決定!!
2018.9.13(木)、14(金)~16(日)


はじめての音楽に出会う、3日間。

即興的な音楽・アートパフォーマンスを中心に、先端を行く演奏家にスポットあてたこのイベントは、せんがわ劇場を中心に、国内外で活躍する日本人ミュージシャンはもちろん、海外からも多数ミュージシャンが参加。今ここでしか見られない、独自のラインナップをお届けします!

会場:調布市せんがわ劇場 ほか
総合プロデューサー:巻上公一
プロデューサー:坂本弘道 藤原清登
---

音楽劇場プロデュース公演

子どものための音あそび
「JAZZ ART せんがわ2018」

■公演日程  2018年9月15日

毎年、大好評の時々自動による「子どものための音あそび」。
今年はどんなパフォーマンスが飛び出すか。お楽しみに!

「JAZZ ART せんがわ」が贈る、親子で楽しめる45分ライブです。
0歳から入場可能。ぜひ、お子さまと一緒に、音あそびを体験しにきてください。

出演:時々自動

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME202

■公演日程  2018年9月16日

i n J A Z Z A R T せんがわ

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、日本が誇る唯一無二のジャズサックス奏者、坂田明さんが登場!
ぜひ、この機会にせんがわ劇場にお越しください。お楽しみに!

その他貸し館

第2回ひ乃木産学連携地域支援事業2018 

参加者募集中

■公演日程  2018年9月19日

 人々の暮らしは多様で、心の病をもつ人々の暮らしも同様に多様です。したがって、人々の暮らしを支援する者には多様なちからが期待されます。この度のテーマとしました心理教育は、精神医療における一つの治療的アプローチであり、様々な専門職によって、様々な場において、実践されているものです。その心理教育には、心の病をもつ人々を支える者に不可欠なエッセンスが凝縮しているように思います。
 ひ乃木ケアリングサポート株式会社は、「心の病をもつ人々の暮らしを支える街づくり」を目指して、大阪市立大学大学院精神看護学教室との連携による地域支援事業に取り組んでいます。当日は、関戸美樹氏、矢浪桂子氏による演奏会も予定しています。ヴァイオリンとピアノの音色に耳を傾け、そして心豊かに皆様と共に暮らしの支援について語り、思いをはせる機会となれば幸いです。心の病をもつご本人やご家族の暮らしの支援に関心をおもちの方々、心理教育に関心をおもちの方々などのご参加をお待ちしております。

音楽貸し館

オータムコンサート 2020年へ~心を揺さぶる極上のメロディ

■公演日程  2018年9月22日

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、東京スタジアム(味の素スタジアム)と武蔵野の森総合スポーツプラザにおいて、複数の競技が開催される予定となっています。競技会場がある調布市に住むわたしたち,素敵なメロディーとともに2020年へ向けて気持ちを高めていきませんか。

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME203

■公演日程  2018年9月23日

世界の楽器シリーズ
  ~アンデスの調べ~


今やスタンダードとなった「コンドルは飛んでいく」などでも知られるアンデス地方の民族音楽をお届けします。
どうぞお楽しみに!

音楽貸し館

Cantabile Flute Concert vol.7

■公演日程  2018年10月8日

クラシック、ポップスまで大人から子供まで12名出演

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME204

■公演日程  2018年10月21日

モーツァルト
「グラン・パルティータ」を聴く


今回のサンデー・マティネ・コンサートは、
13 人の奏者が舞台に!モーツァルトが書いた大規模な管楽器のための楽曲「グラン・パ
ルティータ」の全7楽章を演奏します!
この貴重な機会に、モーツァルトの音楽を存分にお楽しみください。

音楽貸し館

敦賀明子ジャパンツアー 2018 in せんがわ劇場

■公演日程  2018年10月24日

敦賀明子/Akiko Tsuruga (ハモンドオルガン)
兵庫県尼崎市出身。関西一円で活動の後、2001年より活動の拠点をニューヨークに移し、ハーレムの老舗ジャズクラブ「Showman’s」を皮切りに演奏活動を始める。独自の音楽性を認められ、ジャズ・ドラマーの大御所、グラディ・テイトのバンドに参加。後にアルト・サクソホーンの巨匠、ルー・ドナルドソンのオルガニストに抜擢され、ステージ上では「Queen of the Organ」の名を持つ。2017年、米ダウンビート誌の人気投票オルガン部門で2位にランクイン、ニューヨーク発のジャズ雑誌、Hot House Magazineの2017年最優秀オルガニストに選ばれる。現在、ジェフ・ハミルトン(ドラム)グラハム・デクター(ギター)とのトリオ、AKIKO/HAMILTON/DECHTERを中心に、ニューヨークの一流ミュージシャンとの共演で培われたパワフルでファンキーな演奏でニューヨークのジャズ・シーンを邁進中。

「The Queen of the Organ」 by ルー・ドナルドソン

http://www.akikojazz.com



井上 智 /Satoshi Inoue (ギター)
神戸市出身。関西のジャズ・シーンで活躍後、1989 年にニューヨークに渡る。ニ ュースクール 大学ジャズ科でジム・ホールに、ニューヨーク市立大学でロン・ カ ーターに学ぶ。有名ジャズクラブに自己のバンドで出演、高い音楽性と実力が評価 される。2010 年に 21 年間の ニューヨーク滞在にピリオドを打ち帰国、同年にNHK BSの1時間番組「NY Music Love 井上 智」が放映され話題を呼ぶ。演奏活動の傍らジャズ教育も精力的に 行っており、ニュースクール大学の講師を16年務めた後、現在は慶応大学、洗足音大で教鞭を執っている。又、ジャズライフ誌のジャズ講座を15年以上に渡り毎月連載している。
http://www.satoshiinoue.com/



ジーン・ジャクソン/Gene Jackson(ドラム)
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。ドラマーになる決意をし’79年にボストンのバークリー音楽大学へ進学。Jeff “Tain” Watts と Lenora Helm の推薦を受け、Kevin Eubanks のバンドに参加。
’87年にNew Yorkへ移り、 Kevin との共演も続けながらプロドラマーとしてのキャリアを積み重ねていく。ジャズフェスティバル、ツアー、 レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。
’91年からは “ Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet ” に参加、
’93年から2000年まで Herbie Hancock Trio, Quartet に在籍し、世界中をツアー(’95-’98には Dave Holland が参加)。

他に共演ミュージシャンは、 Branford Marsalis, Robin Eubanks, Mark Whitfield, Cyrus Chestnut, Greg Osby,
Eddie Gomez, Charles Tolliver Bigband, Mingus Bigband, John Abercrombie, Dianne Reeves, Christian McBride,
Billy Childs, Claudia Acuna, Michele Rosewoman, Dusko Goykovich, Monday Michiru, 大西順子, 山中千尋,
Tony Monaco & 小沼ようすけ など多数。
Tim Armacost, David Berkman, 安ヵ川大樹との “ New York Standards Quartet (NYSQ) ” としての活動は、
今年で10年目をむかえる。

また、演奏活動の他 New York「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。

音楽貸し館子ども向け公演

音の和vol.8

■公演日程  2018年11月3日

1部は楽しいクラシックを聴くコーナー
2部はお客様参加型コーナー「一緒に魔法の言葉をとなえてみよう!」
3部はプロジェクターを使った、絵とお話と音楽で楽しむヘンゼルとグレーテル。

小さなお子様から大人まで、楽しめること間違いなしです!

毎回たくさんの小さなお客様がご来場くださいます。
騒がしくしても大丈夫☆彡
親子で音楽を楽しんでください♪

音楽貸し館

音の和vol.9~魅惑のピアノと弦楽器の調べ~

■公演日程  2018年11月3日

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏
シューベルト:弦楽三重奏
サン=サーンス:序奏とロンドカプリチョーソ
モーツァルト:四手のピアノのためのソナタ


ピアノ、ヴァイオリン、チェロによる様々な編成で、素敵な室内楽をお届けいたします♪

その他貸し館

第8回 朗読を楽しむ会「言の葉」 秋の発表会

■公演日程  2018年11月12日

朗読を通し、耳から作品の世界へいざないます。読書とは又、一味違った楽しみ方、イメージの広がりを実感して頂けることでしょう。
演目の合間であれば、いつでも入退場自由です。
<一部>13時開演と <二部>15時開演の間に15分間の休憩を設けました。

音楽貸し館

Duo(連弾) Piano Concert

■公演日程  2018年11月20日

・ラヴェル      道化師の朝の歌
・プッチーニ     誰も寝てはならぬ
・ハチャトゥリアン  ワルツ(「仮面舞踏会」より) 
・ピアソラ      オブリビオン
           リベルタンゴ
・ガーシュウィン   ラプソディー イン ブルー


・シャブリエ     プレリュード
・ビゼー       カルメン メドレー(平田もも子 編)
・ラフマニノフ    ヴォーカリーズ
           パガニーニの主題による変奏曲 より 第18曲
           ピアノ協奏曲 第2番 より 第1楽章
    

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME205

■公演日程  2018年11月25日

モーツァルト・レクチャー第2弾-始まりと終わりのモーツァルト-

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、音楽学者の安田和信氏をお迎えして、作曲家モーツァルトに迫るレクチャーコンサート第2弾!モーツァルトが作曲した最初と最後のヴァイオリン・ソナタを聴き比べます。お楽しみに!

演劇劇場プロデュース公演子ども向け公演

調布市せんがわ劇場×白百合女子大学連携公演
白百合おたのしみ劇場&プログラミングであそぼう!

■公演日程  2018年11月29日~2018年11月30日

■白百合女子大学とせんがわ劇場の連携事業第8回公演です。
 ・児童文化学科学生制作のアニメーション上映会
 ・劇団どろんこ座の紙芝居上演
 ・ワークショップ「お話ペープサート作り」
 ・プログラミングであそぼう!
今年もたのしい催しをご用意してお待ちしております!

音楽劇場プロデュース公演

ファミリー音楽プログラムVol.22「はじめてのクラシックコンサート~名曲をきこう~」

※参加申込み受付は終了しました。

■公演日程  2018年12月1日

どこかで一度は耳にしたことのあるクラシックの名曲ばかりを集めたコンサート。
様々な楽器が登場する贅沢なプログラムでお贈りします。

対象:5歳~小学6年生とその保護者
(小学3年生までのお子様は必ず保護者の方とお越しください)

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME206

■公演日程  2018年12月2日

フルート& ハープコンサート

今回のサンデー・マティネ・コンサートは、フルート& ハープが登場。
フレッシュで優しい音色に浸りながら、日曜の午前を過ごしてみませんか?

演劇貸し館

ナイスコンプレックスプロデュース#2 
舞台「えんとつ町のプペル」

■公演日程  2018年12月5日~2018年12月9日

キングコング西野亮廣氏の描いた絵本『えんとつ町のプペル』を舞台化!!!!
脚本・音楽におぼんろ末原拓馬を、演出に同じくおぼんろのわかばやしめぐみを迎え、
高校生以下入場無料の本企画をナイスコンプレックスがプロデュース!!!

【タイムスケジュール】
12月5日(水)19:00
12月6日(木)19:00
12月7日(金)14:00/19:00
12月8日(土)13:00/18:00
12月9日(日)12:00/16:00
※開場は開演の30分前
※受付は開演の40分前