このページの先頭
  Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方

今後の公演一覧

本日以降の公演を表示中

ジャンル: 公演種別:

演劇劇場プロデュース公演子ども向け公演

パフォーマンスキッズ・トーキョー演劇公演
「つくって、演じて、動いて、歌って。」

■公演日程  2017年8月4日~2017年8月5日

「つくって、演じて、動いて、歌って。」

脚本家・演出家の前嶋ののさんと小学4年生~中学3年生の子どもたちが、パフォーマンスキッズ・トーキョーの10日間のワークショップを通じて創作した、オリジナルの演劇作品を発表します。

子どもたちの無限大の力とアーティストが出会ったときに生まれる、パワーあふれる作品を、ぜひご覧ください!

※パフォーマンスキッズ・トーキョー ワークショップ参加者(本公演の出演者)を6月14日(水)まで募集しています。
観るのではなく「出てみたい!」と思う方は、ぜひ詳細をご覧ください。

ワークショップ参加者募集情報についてはここをクリック

本公演のチラシダウンロードはここをクリック


演劇貸し館

カスタムプロジェクト第四回公演「因習の村にて」

参加者募集中

■公演日程  2017年8月11日~2017年8月13日

前作、完全正答率3・9%
「今回も謎を解くのはあなたです!」

因習の残る閉ざされし村。
地主の死。残された莫大な遺産。
次々と殺されてゆく相続候補者たち……。

本公演は【観客参加型】の推理劇です。
あなたには殺人事件の真犯人と、遺産の隠し場所を推理して頂きます。

出題パート(事件のあらましを役者達が演じます)

推理パート(捜査資料を見ながらお客様自身が推理し、回答用紙にご記入頂きます)

解決パート(事件の全貌を役者達が演じ、解説します)

「さあ、あなたの名推理で、この事件を解決に導きましょう!」

演劇音楽舞踏貸し館

夢見るような

■公演日程  2017年8月16日

【introduction】
私立フェリス女学院大学ミュージカル部calboo。
その第4期OGが中心となった社会人メンバーで、完全オリジナルストーリーのミュージカルを実現。
この夏、誰しもの心に響くミュージカルをお届けします!
お気軽にお越しください!

【story】
病気が原因で高校で2年留年している風花は、退院を目前に控え、夏の終わりを病室で迎えていた。
周囲に置いていかれる不安や焦燥感から、毎日大学受験の勉強にかられる風花。
ある夜、彼女は病院の中庭で遊ぶ子供たちと出会う。
「いらっしゃい。わたしたちのこと、見えるんだね」
そう言う彼らの身体が透けて見えることに驚く風花だったが、風花の身体もまた透けていた。
奇妙な幽体離脱が引きあわせた子供たちとの交流は、風花に何をもたらすのか。
そして明かされる彼らの秘密と、風花の想いが交差するーー。

音楽劇場プロデュース公演

JAZZ ART せんがわ2017(第10回)
feral intimate alive
~ 野生に還る音 親密な関係 生きる芸術 ~

■公演日程  2017年9月13日~2017年9月17日

今回で10回目を迎える「JAZZ ART せんがわ2017」
9/13(水)~17(日)開催決定!


先鋭的な音楽に出会う、5日間。

即興的な音楽・アートパフォーマンスを中心に、先端を行く演奏家にスポットあてたこのイベントは、せんがわ劇場を中心に、国内外で活躍する日本人ミュージシャンはもちろん、海外からも多数ミュージシャンが参加。今ここでしか見られない、独自のラインナップをお届けします!

日程:2017年9月13日(水)~17日(日)
会場:調布市せんがわ劇場 ほか
総合プロデューサー:巻上公一
プロデューサー:坂本弘道 藤原清登

演劇貸し館

オトカ

■公演日程  2017年11月9日~2017年11月12日

【あらすじ】
北関東のとある小さな町。
ガラス屋に婿養子に入った兄のもとへ、弟が金の無心に訪れる。弟は過去に法事の金を使い込んだことがあり、そのことを兄に蒸し返されると、用事を言い出せぬまま帰って行く。
そしてそのまま行方知れずになった。
弟が父から継いだ工場が倒産し、兄弟の実家は人手に渡ろうとしていた。 
 
【解説】
「日本の劇」戯曲賞2010最優秀賞。初演は2011年、「新進芸術家育成公演事業等」として、文化庁主催、日本劇団協議会製作により、恵比寿・エコー劇場にて行われた。