このページの先頭
  Check  

(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団

イベント情報検索

マークの見方

今後の公演一覧

本日以降の公演を表示中

ジャンル: 公演種別:

音楽貸し館

ピアノデュオ アフォガート 第一回リサイタル

■公演日程  2017年5月4日

ピアノデュオ アフォガート

プリモ 清水 慧衣
セコンド 阪本 真代

2016年3月結成。
富山空港ターミナルビル株式会社協力、北日本新聞社後援のもと、富山きときと空港でロビーコンサートを行う。
ふたりの溶け合うようなハーモニーをお楽しみください。

音楽劇場プロデュース公演

せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~VOLUME177

■公演日程  2017年5月7日

ミュージカル・デュエットコンサート

ミュージカル俳優の中井智彦さんと松本昌子さんをお迎えして、
パーカッションとピアノをバックに珠玉のミュージカルソングをお贈りします。お楽しみに!

演劇

第7回せんがわ劇場演劇コンクール グランプリ受賞公演 情熱のフラミンゴ『ハリー☆ポッタァーと曖昧なアーチの向こう』

■公演日程  2017年5月10日~2017年5月14日

昨年夏に開催した、第7回せんがわ劇場演劇コンクールにて
グランプリを受賞した「情熱のフラミンゴ」の凱旋公演です。

情熱のフラミンゴ『ハリー☆ポッタァーと曖昧なアーチの向こう』

【あらすじ】

舞台はとある全寮制魔法学校の空き教室。生徒たちは各寮の派閥を超えた「お先真っ暗合コン」に興じていた。ハリーも例のあの方も亡き世界で魔法が使えなくなった魔法使いの超曖昧な他力本願を描く、そこはかとない喜劇。綱渡りのようなスリル満点の作品です。
際どいモチーフを渡りきれるかという危うさもさることながら、偽善と偽悪の谷底に落ちないよう、足の裏にめり込むロープを頼りにゆらゆらバランスを取る。列をなす綱渡りはひとりで後戻りすることも許されず、向かう先に戸惑いを感じながら、なんとなく、曖昧なアーチの向こうへ。

演劇貸し館

元素G第8回公演「アリスは不思議の国の夢を見る」

■公演日程  2017年5月26日~2017年5月28日

白いウサギを追いかけてアリスが迷い込んだ不思議の国。
生意気なチェシャ猫が常についてきて、上から目線の青虫は詩を歌い、
不思議な双子の昔話に、陽気な帽子屋達のティーパーティー。
話を聞かない侯爵夫人についていき、4人の女王は命をかけたゲーム大会を開く。
歌とダンスを織り交ぜて繰り広げるファンタジー作品です。

音楽劇場プロデュース公演

ファミリー音楽プログラムVol.19
「子どものための演奏会入門コンサート」 

※参加申込み受付前です。

■公演日程  2017年6月10日

演奏会ってどんなところ?拍手っていつするの?
クラシックコンサートのマナーや、
楽器の紹介などのお話と、
後半は実際に演奏会をお楽しみいただきます。
おやこで初めてのクラシックコンサートに出かけてみませんか?

対象:5歳~小学生とその保護者
(小学3年生までのお子様は必ず保護者の方とお越しください。)

演劇劇場プロデュース公演

せんがわ劇場 提携公演
せんがわシアター・セレクト
「踏みはずし(Retake)/パニック」

■公演日程  2017年6月25日~2017年7月2日

そうだ!リバイバルだ!豪華二本立てで行こう!

どうも、せんがわ劇場です。毎年演劇コンクールやってます。もう今年で第8回目。おもえば、たくさんの心ときめく作品に出合ったなって思うんです・・・。
そして、こんな素敵な作品をコンクールだけで終わらせるのは、もったいない⁉
そうだ!リバイバルだ!豪華二本立てで行こう!


演劇コンクールでグランプリを受賞した、劇団820製作所「踏みはずし(Ritake)」(第5回受賞)とTHEATRE MOMENTS「パニック」(第4回受賞)の2作品を一挙同時上演いたします。
せんがわ劇場おすすめ!の2作品をどうぞご覧ください。

音楽劇場プロデュース公演

JAZZ ART せんがわ2017(第10回)
feral intimate alive
~ 野生に還る音 親密な関係 生きる芸術 ~

■公演日程  2017年9月13日~2017年9月17日

今回で10回目を迎える「JAZZ ART せんがわ2017」
9/13(水)~17(日)開催決定!


先鋭的な音楽に出会う、5日間。

即興的な音楽・アートパフォーマンスを中心に、先端を行く演奏家にスポットあてたこのイベントは、せんがわ劇場を中心に、国内外で活躍する日本人ミュージシャンはもちろん、海外からも多数ミュージシャンが参加。今ここでしか見られない、独自のラインナップをお届けします!

演劇貸し館

オトカ

■公演日程  2017年11月9日~2017年11月12日

【あらすじ】
北関東のとある小さな町。
ガラス屋に婿養子に入った兄のもとへ、弟が金の無心に訪れる。弟は過去に法事の金を使い込んだことがあり、そのことを兄に蒸し返されると、用事を言い出せぬまま帰って行く。
そしてそのまま行方知れずになった。
弟が父から継いだ工場が倒産し、兄弟の実家は人手に渡ろうとしていた。 
 
【解説】
「日本の劇」戯曲賞2010最優秀賞。初演は2011年、「新進芸術家育成公演事業等」として、文化庁主催、日本劇団協議会製作により、恵比寿・エコー劇場にて行われた。