新羅生門の最近のブログ記事

『新羅生門』の幕が開きました!

横内さんをはじめ、多くのスタッフたちがこの舞台のために頑張ってきましたが、幕が開いた舞台は全て俳優たちのものになりますね。こんな俳優たちにもっと近づきたいと思っていませんか?

今日は、稽古場レポートの最終回として、稽古場での俳優たちの素顔を少し公開したいと思います。

 

sae.jpg

まず、鬼のお母さん、サエ役の新井純さん(左)です。

『新羅生門』の歴史上、この役を本当にお母さんの年配の役者さんが演じるのは、今回が初めてだそうです。

横内さんも「新井さんが演じるサエが『新羅生門』の見どころ」とコメントしましたが、新井さんは舞台に立っているだけでもドラマチックな女優さんです。

「ぼーっとしているのが好き」という新井さんは、ダンスと殺陣の稽古がない分、もっと休める時間があったと思いますが、普段お芝居に入ると役を研究すること以外のことはあまりしないそうです。

鬼のお母さんの心をどれほど考えたでしょう。

新井純「最近は全部仮の世界、『画面』ですね。画面を通して見ることに慣れているでしょ。大事な機会になると思います、生身を感じることは。毛穴を開いて皮膚で感じてみてほしいです。想像するのとは全然違いますから。特にこの作品は子供からみんなが見ても楽しめる作品です」

 

もう一人の特別ゲストは、扉座の伴美奈子さん(下の写真、真ん中)です。

洗濯女を演じる伴さんは他の公演のため、途中から稽古に参加しましたが、俳優たちの呼吸には何の問題もなく、むしろみんなをリードするような、特有の明るさがある魅力的な女優さんです。 

joyu.jpg
 

 伴美奈子「ダンスあり、アクションあり、もりだくさんの舞台です。見なきゃ損ですよ!」

 

 それでは、オーディションから選ばれたスーパーアンサンブル俳優たちに会ってみましょうか。

 

 左の写真の中、伴さんの後ろに立っているかわいい女優さんは、金太郎役の柴田千絵理さんです。

 
 

kintaro.jpg

 金太郎になると右のようになります。

 パフォーマンス集団たまご(http://tamago-land.jimdo.com/)に所属している彼女は、休みの日に洗濯したりバイトしたりする少女のような女優さんで、絵を描くのが大好きだそうです。

 柴田さんは桐朋学園芸術短期大学で演劇を専攻して、いろんな舞台で大活躍中です。横内さんに対して「わかりやすく説明してくださってイメージがよく見えた」とコメントし、楽しい舞台になることを確信している姿を見せてくれました。

 

 『新羅生門』には金太郎以外にも、桃太郎と家来たちも登場するんですね。

 下の写真のなかで、真ん中の後に立っている方が桃太郎役の大窪人衛さんです。

 日常ではとてもおとなしいと思いますが、桃太郎になるとかわいくて活発なキャラクターになるんです。個性強い声で大窪さんだけが作られる桃太郎のイメージが面白いです!

 こんな桃太郎に負けない個性を持っているのが家来たちです。

momo.jpg
一番右、インターナショナルな犬役の木谷ケイジさんから紹介しましょう。 

 木谷さんはクラシック歌手で、ミュージカル俳優を目指しているそうです。彼の声を聞いてみるとすぐわかることですけどね。

 川崎大師にも行ってきた彼は、実は途中でついていけるかな…と不安になった時期もあったそうです。でも演出助手の田島さんと相談して、横内さんを信じて乗り越えました!

木谷ケイジ「後悔しないように来てください!たくさん挑戦して失敗してください!」

  

 

 写真の真ん中にいる方は素敵な猿、吉田アツムさんです。調布市民の代表俳優と言えるでしょうか。吉田さんにとって今回の舞台は間違いなく素晴らしい思い出になるでしょうが、舞台の上の吉田さんを見るとただそれだけじゃないことがわかると思います。

演技というのも確かに時間をかけて磨かないといけない技術ですが、何かを表現するクリエイティヴな感覚も必要ですね。吉田さんの周りにいつも幸せなエネルギーがあるのは、きっと吉田さんが仲間たちとその感覚を共有しているからでしょう。

 

一番左にいる方は、雉役の植草美帆さんです。顔がよく見えないですね。下の写真を見てください。

美人ですよね。それに踊る姿もかっこいいです!

dance.jpg
でも今までダンスをした経験はほとんどなく、ストレートプレイに出演してきたそうです。 

お芝居からダンスに入るとき、急すぎないように、稽古を繰り返した植草さんは、

走るのが大好きで、その運動神経がダンスの時に発揮されたのではないかと思います。 

植草美帆「高校生の時から横内さんのファンですので、近くで演出の指導を受けることだけで幸せです。本当に面白い作品で、いい人たちがそろった舞台ですから、楽しみにしてください!」

 

もう一人の美人、姫役の 工藤あさぎさんもいます。

彼女はプロダクションに 所属していて去年にはNHKの『天地人』に出演した経歴があります。舞台の経験はあまりなくて毎日が勉強だったという工藤さんは、着物を見たり着たりするのが大好きだそうです。

 

hime2.jpg
工藤あさぎ「横内さんはすごく物知りで、 独特なユーモアセンスを持っています。それが独りよがりじゃなくて、お客さんにちゃんと伝わるような見せ方を知っているんです。『新羅生門』のタイトルは硬いですけど、入りやすいお芝居です。いろんな面白いものがちりばめられているけど、テーマがあるいい作品ですよね」 

 

この姫様といつも一緒にいる(見えない時にも)一寸法師を演じるのは、滝下毅さん(右下)です。

かっこいいお顔は本番の舞台でご確認してください。

とてもやさしくて親切で、面白い方です。

 

それからゴロウ役の野口裕樹さん(左下)がいます。

iss1.jpg
野口さんが演じる鬼はなぜかかわいくて面白いんです。 

今は劇団に所属していなくてこれから仲間たちと作っていこうとしているそうです。休みの日にも観劇をする野口さんは絵を描く趣味も持っています。

oni2.jpg

野口裕樹「とても素晴らしい作品だと思います。現実、今の社会をリアルに描いた作品ですね。やりながらも考えさせられます。受け取り方はみんな違うでしょうが、それでもすごい作品だと思うんです。一所懸命に演じます!」

 

この鬼を追いかける怖い渡辺鋼を演じるのは渡邉晋さんです。下の写真で一番左にいる方です。

服もそうですが、刀を持って動くことや台詞など、大変だと思いますが、とても明るくてやさしい俳優さんです。

 

okayama.jpg

 彼のすぐ右にいる方が山路役の橋本昭博さんです。橋本さんも桐朋学園芸術短期大学の出身です。去年、事務所に入ったので、映画とかテレビドラマの出演が多くなりそうですが、でも舞台の経験もたくさんあって、せんがわ劇場の舞台に立つのも、もう3回目です。

ブログ(http://blog.oricon.co.jp/akihiro/) もありますので、これからの近況もチェックできます。

橋本昭博「いつか横内さんから、声を惜しめよ。そこからわかることもある、と言われたことがあるんですが、その言葉からすごくたくさんのことを学んだと思います。自分の台詞を聞いて周りを見ることができるようになりましたから。前から挑戦したかった横内さんのお芝居に参加することが単純に嬉しかったんですが、萎縮してはいけないから、俳優としていろいろ考えました。でも横内さんは、本当に俳優たちが表現しやすく、みんなを尊重してくださるんです。本当に演劇が好きなんだと感じました」

 

橋本さんの右にいる鈴木太一さんが演じる岡元も、山路と同じく普通の青年です。

鈴木さん(下の写真の左)は、劇団無=魂(ムコン)に所属しています。休みの日にも、役のことを考えるので、参考しなりそうなDVDなどを見てすごしたそうです。たまには美術館へ行って気分転換もします。

鈴木太一「私もアンサンブル公演が2回目です。

22.jpg
横内さんとご一緒したこともなかったし、ダンスもやったことがないです。新しい挑戦をする機会をもらって感謝しています。いろいろ盗めるところがたくさんあって、これからもまたやりたいです。日常の中でこんな演劇に触れる機会ってめったにないでしょうね。皆さんにとって日常から離れて楽しめて感じる機会になったらと思います」

 

最後に、浦島太郎役の古田龍さんです。

鈴木さんの右にいる方で、今桜美林大学1年生の大学生です。去年プロの舞台にデビューした古田さんは、休みの日には散歩したりお買い物をしたりする、とてもおとなしい俳優さんです。

古田龍「横内さんはオーラがあります。的確な演出で、全然怒らないで笑いながら稽古場の雰囲気を作るのがすごいなと思います。おかげで楽しい作品が誕生しました」

 

古田さんの言葉通り、楽しい稽古が楽しい本番の舞台を作りましたね。あっという間に時間が過ぎましたが、俳優、スタッフみんなさんが家族みたいになった気がします。劇場までお越しいただく皆さんにとっても、『新羅生門』が忘れられない楽しい思い出になりますように、お祈りします。

99.jpg

今までありがとうございました!

 

アンサンブル イホンイ

せんがわ劇場アンサンブルが3月13日からお届けする『新羅生門』は、奇想天外なストーリー展開のみならず、ダンスなどの躍動的なパフォーマンスもたっぷりお楽しみいただける舞台です。
そこで今回、振付を担当したアンサンブル・メンバーの鈴木拓朗さんをご紹介します!

 

俳優たちを指導する鈴木さん(いちばん右)。

546_large.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木拓朗(すずき たくろう)プロフィール
新潟県出身。
保育士を目ざして勉強していた高校時代、たまたま観た教育演劇に感銘を受け、桐朋学園芸術短期大学に入学。在学中にコンテンポラリーダンスに目ざめ、現在は俳優や振付師として活動中。
せんがわ劇場アンサンブル第1回公演『愛ってなに?』、第3回公演『雪の女王』に出演。
4人組のパフォーマンス集団「タマゴ」と、自ら率いる「chairoi PURIN」を合わせた「タマゴプリン」として、せんがわ劇場第1回演劇コンクールにて『空想石』を発表、みごとオーディエンス賞に輝く。

保育士を目ざしていただけあって、子どもが大好きという鈴木さん。その人なつっこい笑顔にはひたすら癒されますが、いったん舞台に立つと、みごとな身体表現で観客の目を釘付けにします。そんな鈴木さんに、少しだけお話をうかがいました。


549_large.jpg
Q 保育士になるという夢が、なぜ舞台に?
A たまたま地元で観たふるさとキャラバンの教育演劇にすごく感動したんです。こんなふうに人の心を動かしながら教育するのはスゴイ!って。それで舞台の世界を目ざすようになりました。

Q いままで2回、せんがわ劇場アンサンブル公演に俳優として出演してらっしゃいますが、今回、参加しようと思ったきっかけは?
A 学生のころから横内さんの作品が大好きだったので。

Q せんがわ劇場アンサンブル公演と普通の演劇公演とのちがいはどんなところにありますか?
A 調布市民を巻きこんで地域全体で演劇を創っているような感覚が楽しいですね。鍋のような。

Q せんがわ劇場アンサンブルによる『新羅生門』のアピールポイントは?
A ダンスを楽しむ役者の瞳。

Q 稽古中のおもしろいエピソードを教えてください。
A 足袋形のジャズシューズが存在するのをはじめて知りました(笑)。

Q 将来の夢は?
A 身体表現が主体の児童演劇を自分で書いて、自分で演出したい!


踊りに芝居に大活躍の鈴木さんが、横内謙介氏の『新羅生門』にどんな味付けをしたのでしょう?
どうぞお楽しみに!

 


鈴木さんの今後の活動予定

Co.山田うん『ショーメン』
振付:山田うん
3/13~3/14@スパイラルホール
http://www.cancancan.co.jp  CAN=03-5457-3163


東京学生フェスティバル(TGF)chairoi PURIN×scscsゲストパフォーマンス公演『わわわ』

振付:鈴木拓朗
3/23~24@アストロホール、KDDIデザイニングスタジオ
info@tokyo-fes.com

シアター21フェス
chairoi PURIN公演『タイトル未定』
振付:鈴木拓朗
5/16(日)17:00@セッションハウス
http://www.session-house.net  03-3266-0461

第9回シアターX 国際舞台芸術祭2010~チェーホフの鍵~
chairoi PURIN×バベルの塔公演『熊』
振付:鈴木拓朗

6/29@シアターX
03-5624-1181

さいたまネクストシアター
『作品未定』
演出:蜷川幸雄
12月公演予定 @彩の国さいたま芸術劇場

第1回演劇コンクール受賞者公演
タマゴプリン『タイトル未定』
作・演出:鈴木拓朗
2011年1月予定@調布市せんがわ劇場

 


(写真右)舞台狭しとみんなでダンス!

552_large.jpg

785_large.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レポート:大野晶子(アンサンブル)

今回は横内さんから少しお話を聞く機会がありました。

 

816_large.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは『新羅生門』のエンタテインメント的な面について。

 

稽古を見るだけで笑ったり泣いたりできて、

演劇ってこれほど面白いのに、何で人々に遠い存在と感じられているのかな?という疑問が浮かびましたが、

横内さんはエンタテインメント的な要素を入れようと意識しているでしょうか?

 

「はい。意識しています。私は芸術じゃなくて演劇が書きたかったです。演劇を芸術だと思って書いたことはありません。もちろん、演劇を芸術と考えることはいいと思います。しかし、極端に言いますと、うちの父が観ても面白い作品を書かなければならないと思います」

 

821_large.jpg

小劇場ブーム、アングラ時代に演劇を始めた横内さんは、

芸術として求められたアヴァンギャルドな演劇を体験した世代です。

そこで、演劇はこうでなければならないのか、という反発()を感じながら、

高校演劇を世界を経て、演劇の次の時代を迎えました。

 

野田秀樹さんが「演劇はスポーツだ」と言う時代が来たのです。

「野田のこういう考えが私を救った」と回想する横内さんにとって、

演劇は楽しいものです。

 

実際、日本には歌舞伎という民衆の娯楽として演劇が存在しましたね。

その歴史は400年以上。それに比べ、演劇が芸術として、文学として語られ始めたたのは、100年前くらいでしょう。

 

そういえば、横内さんはスーパー歌舞伎の作家としても有名ですが、

歌舞伎と現代劇の作り方は何が違うでしょう?

 

「技術とかスタイルが全然違います。例えば、目の前で殺人が起きたとき、現代劇では反応するのが当たり前ですが、歌舞伎では反応しないです。まるで絵のようでありながら、ただの置き人形ではない。腹はあっても形にしないのが歌舞伎です」

 

正面に向かって台詞を言ったり、現代劇とは全然違うルールを持っている歌舞伎は、 特別な技術、様式があるジャンルですね。この差を知っているから、横内さんは幅の広い演出が出来ると考えています。

 

「刀を持って美しく立っている方法など、歌舞伎は長い歴史の間、それを工夫してきたのだから、その方法、その所作を借りるのが早いです。無意識的に影響を受けていると思います。原点を知っているのは確かに得です」

 

横内さんからそれを学び、原点に接することのできた俳優たちは、もっと幅の広い演技を見せてくれるでしょう。

いよいよ3月に入りますが、『新羅生門』の本番も近づいています。

次回からは、俳優たちをご紹介しますので、お楽しみにしてください。

 

 

アンサンブル イホンイ

3回目を迎えた「新羅生門」稽古場レポート。

ブログを読んだ方から、前回の「韓国でも立ち回りは『タチマワリ』」というトリビアにびっくりした、というご感想をいただきました。それもそのはず、文章は、韓国から日本に留学中のイホンイさんが担当してくださっているのです。これからも生き生きしたレポートをどうぞお楽しみに!

写真は、イホンイさん自身が撮ったもののほか、同じくアンサンブルの大菊健太さんが撮影している膨大な写真から、ブログの内容に合うものを選んでご紹介しています。

-----------------------------------

 

今週は、稽古場から離れて劇場へ入りました。

 

SONY写真バックアップ 089.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

785_large.jpg 

まだ舞台は完成していないですが、

舞台のサイズや動線、客席との距離などを把握することが出来たのです。

いつもの稽古よりスタッフも増えてわくわくします。

 

813_large.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劇場に入った横内さんは「せまい!」と思ったそうですが、

『新羅生門』が初演されたのはザ・スズナリ、ここより狭いところでした。

狭い舞台が初心に戻るチャンスをくれたそうです。

観客の立場から見ると、俳優と近くなるから、いいですよね。

 

809_large.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前に『新羅生門』チームをドリーム・チームと言いましたが、

実際、この俳優たちは200人の中で選ばれた方々です。

今まではこの作品を扉座の俳優たちと作ってきた横内さんも

驚くほどゴージャスなメンバーが誕生しました。

休憩のときにも稽古を休まない俳優たちの姿は、もう輝いています。

 

アンサンブル イホンイ

 

 

808_large.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

807_large.jpg

今日は『新羅生門』ドリーム・チームの稽古を見学するために、仙川から離れた扉座の稽古場にお邪魔しました。

大きい工場のようなところで、実際に『新羅生門』が作られているというのが、とても面白く感じられました。

これが、よく言うドリーム・ファクトリなのかな?と思いまして。

 

217.1.JPG


 

『新羅生門』は平凡な二人の若者、岡元と山路が、鬼とおとぎ話のヒーローたちに出会っていろいろな事件が起こる物語です。

 

217.2.JPG

 

どの国にも鬼の物語はたくさんありますが、そう考えると、鬼はあまり怖い存在ではないかも知れませんね。

むしろ鬼と戦って勝つ子供の方がもっと怖いかも。

でも、桃太郎と金太郎はこの作品でも大活躍しますので、ご期待ください。

 

217.3.JPG

 

本当に戦うのはよくないでしょうけど、演劇での戦いは何度見ても素敵です!

日本演劇でしか見られないでしょう。刀を持って立ち回りをする姿は。

(ちなみに韓国の演劇・映画の現場でも、殴り合いのシーンを「タチマワリ」と言います)

 

217.5.JPG217.7.JPG

 

横内さんがその場で新しい台詞を加える時もあって、エンタテインメント的な要素がどんどん増えています。

意外と細かい部分まで決めて稽古をしていることで驚くのですが、見ている側の立場でよく考えると、

意外と細かい部分まで気にして見ていますね。

本番では、俳優たちの台詞や動きだけではなく、視線、表情、声、そして使われている小道具、

聞こえてくる音楽などなど、すべての要素を、たくさんのお客様に見ていただければ、と思います。

アンサンブルスタッフ イ・ホンイ

 

217.8.JPG
 

 

3月13日から22日まで上演されるのは~

せんがわ劇場アンサンブル第8回公演 『新羅生門』です!

 

もうずっと前からオーディション&ワークショップが行われたのですが、

先週、いよいよ本格的な稽古が始まりました。

演出の横内謙介さんをはじめ、俳優、スタッフ、そしてせんがわ劇場の芸術監督ゲスナーさんまで、

みんなが集まって素晴らしい公演へのスタートを踏み出したのです。

 DSC_2632resize.jpgのサムネール画像    

 

 

   

 

 

 

 

 

 『新羅生門』は、1988年に初演され、数え切れない程たくさん上演されてきた作品です。

しかし、横内さんにとっても、今回のような新メンバーで作るのは、初めての体験なんだそうです。

 

それぞれいろんな経歴を持っている俳優たちの個性によって、

きっと今は想像できない素敵な形で、作品が完成されるでしょう。

この作品のタイトルを聞いて誰もが思い出すのは、芥川龍之介の小説『羅生門』ですが、

小説を読むと、羅生門という場所、そしてそこにいる人間の

優れた描写に圧倒されてしまいますね。

 

 tate.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

この作品こそ短編小説というジャンルにぴったり!な感じですね。

それが新・羅生門にはどう変身するか、みなさん、とても気になると思います。 

tate3.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は北側と南側、2面を客席にした、2010年バージョンの舞台を体験することができるんですよ。

まさに演劇というジャンルにぴったり!な感じになるでしょう。

その新鮮な面白さを感じられるシーンとして、ひとつのシーンを公開しますと、ダンスのシーンがあります。

見えるでしょうか?スーパーダンサーの姿が!

 dance2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

振付の鈴木拓朗さんの指導の下、俳優たちが複雑な動きを必死に覚えている姿です。

このダンスのシーンは今週、始まったばかりですが、

間違いなくこの作品の名場面になると思っております。

 

雨の日も、雪の日も、稽古はずっと続きますので、

どうぞお楽しみにしてください。

 

イ・ホンイ(アンサンブル)

 

dance3.jpgのサムネール画像

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち新羅生門カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは交響詩劇「わが町、せんがわ」~サネアツさん~です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

新羅生門: 月別アーカイブ