せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート Vol. 126 「未来のホープコンサート 16 《ギター》」

| | コメント(0) | トラックバック(0)


6月日に行われたサンデー・マティネ・コンサートVol.126様子ライターであり、市民サポーターでもある才目さんによるレポートでお届けします。


-----------------------

未来の名演奏家に出会える楽しみ、それもサンデー・マティネ・コンサート(サンマチ)の魅力です。

2014年6月8日は、「未来のホープコンサート」と銘打つシリーズ企画の第16弾。

桐朋学園芸術短期大学専攻科2年に在学中で、

各地のギターコンクールで受賞を重ねる若きギタリスト、渡邊 茜(あかね)さんの登場です。

 

 

126_0608tirashi.jpg

例年よりも早く梅雨入りした関東地方。サンマチの出足も鈍いかと思いきや、場内はほぼ満席の盛況。

「未来のホープ」を応援するサンマチ・オーディエンスの「心」は、やはり熱いようです。

渡邊茜さんは、劇場ホームページ掲載のお写真と違って、ショートカットの髪型でスラリとしたボーイッシュな印象。

笑顔はじける元気なお嬢さんです。

 

演奏は、メキシコのマヌエル・ポンセ作曲「プレリュード ホ長調」から始まります。

中南米のリズム感と色彩豊かな美しい音色。ギター・コンサートのスタートにふさわしい曲です。

続くリョベート作曲「アメリア(姫)の遺言」は、スペイン・カタロニア地方に伝わる民謡に想を得た曲。じっくり語りかけるような演奏です。

同じくスペインの作曲家トローバの「ソナチネ 第1楽章、第3楽章」では、楽しくリズミカルな演奏と、さまざまな表情の曲を情感豊かに弾きこなします。

「オクターブ・ハーモニクス奏法」という美しい響きの奏法を随所に取り入れ、演奏に爽やかなアクセントを加えます。

 

バッハが、自ら作曲したパルティータ第3番をリュート演奏用に編曲した「リュート組曲 第4番」。その最後の曲「ジーグ」は速いテンポの舞曲で、演奏が難しいと言われます。

ラストに弾いたテデスコ作曲「悪魔の奇想曲(カプリチオ・ディアポリコ)」も、超絶技巧奏者・パガニーニへのオマージュとして作曲された「難曲」として知られます。

こうした速いスケールの曲や難度の高い曲を、優雅に流れるように弾きこなす渡邊さん。

テクニックの高さはもちろん、表現力の高さも特筆すべき資質です。

 

後半、武満徹が編曲した映画音楽「シークレット・ラヴ」や「オーバー・ザ・レインボー」の演奏で渡邉さんの表現力が遺憾なく発揮されます。

懐かしいしっとりとした調べが劇場を包み込み、お客様はうっとり。

アンコール曲も映画音楽で決め、耳の肥えたオーディエンスも納得の「サンマチ・デビュー」を飾りました。

 

♯♯

 

日曜午前のミニコンサート「サンマチ」へ、毎回多くのお客様がおいでくださっています。

お客様に接していると、「憩い」を求める方、演奏を聴くのが楽しみという方はもちろん、「若い演奏家を応援したい」とのお気持ちの方も多いように見受けられます。

将来有望なプレーヤーの演奏を間近に聴き、飛躍を後押しする。演奏家はお客様の期待を胸に、さらに腕を磨き、世界へ羽ばたく。お客様は、応援した演奏家が世界に雄飛したことを知り、それを「誇り」とする---。

そんな“好循環”が生まれるのも、せんがわ劇場・サンマチならではの魅力といえるでしょう。

 

優れた若手演奏家を発掘・紹介し、市民の皆さんとともに応援する「サンマチ・未来のホープコンサート」。

これからも「未来の大器」との出会いに期待が高まります。

 

(取材・文/ライター 才目)

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート Vol. 126 「未来のホープコンサート 16 《ギター》」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sengawa-gekijo.jp/mt/mt-tb.cgi/172

コメントする

このブログ記事について

このページは、staffが2014年6月17日 16:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート Vol. 125 「オーボエの世界」」です。

次のブログ記事は「せんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート Vol. 127~泉に、野原に、イタリア・1 7世紀初頭の音楽~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。