2009年12月アーカイブ

12月20日日曜日、午前11時からせんがわ劇場サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲~Vol.38が行われました。

今回のプログラムは、もうすぐクリスマス!ということで「クリスマスコンサート~合唱の贈り物~」と題して桐朋学園芸術短期大学女声合唱団の皆さん(指揮:松井康司、ピアノ:大出満美)による女声合唱をお送りしました。

ちょうど劇場ではフーレンダンス主催の招待公演 クリスマスメルヒェン「アンデルセンの卵」 の公演期間中で、ステージの上には大きなセットが置いてあり見た目にも楽しいクリスマスコンサートになったのではないでしょうか。

 

DSC02946.JPG

 せんがわ劇場のホールは、コンサートホールとは異なり役者の言葉がはっきり聞き取れるよう残響時間が短く設計されています。音楽の演奏者は響きが多すぎても少なすぎても演奏するのが大変になりますが、今回は特に響きの少なくなる環境でしたので、リハーサルでは合唱の美しいハーモニーを造りだすことに特に注意を払っていたようです。残響時間が少ない分余韻は減ってしまいますが、出演者ひとりひとりのシンプルな声の響きを聴いていただけたかと思います。

 

DSC02955.JPG

一曲目に演奏した モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」。ちょうど前日に映画上演にあわせて放映していた「の××カンタービレ」のドラマで、教会で合唱団がこの曲を演奏しているシーンがでていました。クリスマスの神聖な雰囲気を醸し出す美しい歌声がせんがわ劇場にも響きました。

後半は前半の洗練された美しさとはうって変わって、楽しいおなじみのクリスマスソングをお届けしました。今回はいつもにもまして小さなお子さまにもたくさんお越しいただきました。「赤鼻のトナカイ」「ジングルベル」「きよしこの夜」、やっぱりクリスマスといえばこれですね~。合唱ならではの素敵なアレンジで演奏していただきました。

 

DSC02972.JPG

終演後に合唱団の高井千慧子さんからコメントをいただきました。

「私たちは普段、大学で歌の勉強をしていますが、一般のお客さまの前で演奏する機会はなかなかありませんので今回は貴重な体験をさせていただきました。本番はお客さまの反応を伺いながら演奏することができました。ありがとうございました。            桐朋学園芸術短期大学女声合唱団 高井千慧子」

 

出演者のみなさん、どうもありがとうございました。

今年のサンデー・マティネ・コンサートは今回でおしまいです。本年もたくさんのお客様にお越しいただき本当にありがとうございました。来年は、1月 17日(日)11時より馬頭琴とパーカッションのジョイントコンサートをお届けいたします。どうぞお楽しみに!!

 

12月2~4日、『銀河鉄道の夜』チームの集中ワークショップがあり、頭のなかに絵として存在していた舞台が立体的な形として作られ始めました。

美術WS1.jpg

 
 
 

この集中ワークショップは、舞台美術や衣装、音楽など、さまざまな分野のスタッフが集まり、全体像として『銀河鉄道の夜』を描いてみる貴重な時間でした。そのせいで黒谷先生は大忙しく、食事の時間も足りないくらいでした。でも、いつものようにみんな楽しく稽古ができて、休憩のときにはあちらこちらで原作を読んでいる役者さんの姿も見られました。稽古場でも、劇場でも相変わらず真面目な役者さんたちです。

 

 

 

美術WS3.jpg
 今回は舞台が作られる一方、役者さんたちにとってはシーン1から丁寧に検討してみる機会でもありました。この作品は、一般的な台詞演劇とは違って、個人個人が原作から読み取れた物語、そしてそのイメージが一つ一つの動きとして現れます。動いている人形を通じて、どんどん人形を動かす役者さんの個性が伝わる気がするんです。それを見逃さなく感じ取ることも、この作品を楽しめる一つの方法になるのではないかと思います。

 

12月に入り、本番に向けて黒谷先生と役者さんたちはもっともっと真剣に稽古を続けています。皆さんがいつも元気で楽しく稽古ができるように、応援しましょう。

12月6日(日)午前11時、せんがわ劇場のコンサートシリーズ「サンデー・マティネ・コンサート~午後への前奏曲VOL.38」が開演しました。

 
DSC02860.JPG
DSC02842.JPG
 

今回ご出演いただいたのは、荻野美晴さん・荻野千里さんのお二人。学生の頃から仙川でピアノの勉強をされて、今も調布を拠点に活躍されているご姉妹です。

調布にゆかりのあるお二人で、しかも人気の【ピアノ】のコンサートということで、本当に多くのお客様にお越しいただくことができました。(定員を超えてしまい、せっかくお越しいただいたのにホール内にお入りいただけなかったお客様には大変申し訳ありませんでした。)

今回のプログラムは、クラシックあり、ジブリ作品あり、韓国ドラマありと大変盛りだくさんの内容で、どなたにでも楽しんでいただけるようなコンサートとなったのではないでしょうか。

「崖の上のポニョ」ではピアノと一緒に口ずさむ小さなお客様がいたり、「ハンガリー舞曲第6番(ブラームス)」では勢いよく「ブラボー」の声がかかっていました。

曲間では、サンデー・マティネの名物(?)である出演者トークをしていただきました。

「連弾は、夫とやるより姉妹の方が良い」!?

「ペダルは2番ピアノ(低音担当)が踏むので、1番のソロで2番はお休みでも足は動いてるんです。」

などなど興味深いお話がいっぱいでした。

アンコールに、トリノオリンピックのフィギュアスケートでヒットしたプッチーニのオペラ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」の華麗な演奏で終演となりました。

 

終演後に、出演者からコメントをいただきました!!

DSC02863.JPG

「せんがわ劇場のホールもスタインウェイのピアノもとてもいい響きでした。アットホームな雰囲気の中で楽しく演奏させていただきました。ありがとうございました。               荻野美晴・荻野千里」

 

荻野美晴さん、千里さん、素敵な演奏をありがとうございました。

 

 

次回は、12月20日(日)11:00~「クリスマスコンサート~合唱の贈り物~」【女声合唱】をお送りします。

どうぞお楽しみに!