2008年11月アーカイブ

だんだんその気に……

|

『雪の女王』の稽古、熱く楽しくつづいています!

衣裳は前にもお知らせしたとおり、担当の久保園美鈴さんのすてきなデザインをもとに着々と製作されているところですが、とりあえず稽古のときは、自分なりにその役にぴったりだと思う衣裳を用意し、すっかりその気になって!演じています。

小道具も、本番で使うものはそれなりの場所で調達しますが、いまは子ども向けのおもちゃや100円ショップで買ってきたものなどを利用しつつ、役に合ったモノをさぐっている最中です。

せんがわ劇場のホールを使っての稽古には、とりわけ熱が入ります! いまはまだばらばら感のぬぐえない役者たちの格好ですが、こう見えて、じつはけっこう役に「はまって」いるもよう。だんだんその気になってきましたよー。

どうぞ本番をお楽しみに!

P1010019(1).JPG

P1010025(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1010033(1).JPG
P1010045(1).JPG

稽古も開始!

|

12月の『雪の女王』上演を目ざし、今月初旬から稽古もはじまっています。

まずはみんなで丸くなって、台本の読み合わせ。

P1000220.JPG

P1000226(1).JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作者のこと、セリフの裏側に隠された意味など、みんなでじっくり考え、意見を交換することもしばしば。

P1000248(1).JPG

P1000250(1).JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよ、立って、動きを確認しながらの稽古に入ります。

P1000258(1).JPG

P1000261(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動きをともなうようになると、これを使ったら? こんな設定にしたら? と、アイデアがぽんぽん飛びだします。

なんだかにぎやかで楽しい舞台になりそうですよ!

P1000272(1).JPG
P1000265(1).JPG

衣裳プラン!

|

『雪の女王』で衣裳プランを担当するのは、フリーで活躍する久保薗美鈴さん。

さっそくすてきな衣裳の数々をデザインしてくださいました!

10月半ばに行われた衣裳ミーティングの席で、そのすべてが披露されたのですが、演出家のペーター・ゲスナーも大満足の出来。

久保薗さん曰く、絵本から抜け出たようなデザインを心がけたとか。

P1000039.JPG
P1000055.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんまりすてきなので、ここでいくつかご紹介しちゃいます。

まずはゲルダとカイ

geruda2.JPG
kai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてクラウス王子と、小さな山賊と、からす。

 

prince.JPG
sanzokugirl.JPG

 
crow1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さて、このイラストをもとに、本番ではどんな衣裳が舞台を飾ることになるのでしょうか!?

『雪の女王』チーム、いよいよ始動!

|

12月のせんがわ劇場アンサンブル第3回公演『雪の女王』、9月末より活動を開始しています!

IMGP2857.JPG

9月末、まずは劇場ホールにアンサンブル・メンバーが集結しました。

芸術監督であり、今回の演出家でもあるペーター・ゲスナーが、作品にたいする意気込みを語ると同時に、すでにできあがっていた内山勉氏(舞台美術デザイン)による模型を使って、舞台のイメージを説明。

 

舞台はこんな感じになる予定!IMGP2854.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMGP2876.JPG

IMGP2880.JPG

各部門の打ち合わせも着々と進行し、12月が待ち遠しいです。

 

これからもちょくちょく稽古や打ち合わせのようすなどをアップしていきますので、みなさまどうぞお楽しみに!